*

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

公開日: : ニキビ対策

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は同じです。

洗顔のやりすぎや顔を手でしつこく触るなどは、思春期ニキビでも大人ニキビでも原因となります。
肌にダメージとなるものが触れていることは大人であろうが思春期であろうが肌荒れの原因となります。

ストレスや疲れ、睡眠不足などは肌の防御力を低下させ、ちょっとした刺激で肌荒れしやすくなります。
大人であろうが思春期であろうが同じです。
規則正しい生活、バランスのよい食事、十分な休息、適度な運動は年代問わず必要です。

ただ、思春期ニキビの原因に成長ホルモンの激しい分泌による皮脂分泌の増加が加わります。
大人ニキビの原因に、過剰なスキンケアが加わります。

思春期ニキビ特有の原因と対策

まず、思春期ニキビがしっかり洗顔するだけでは改善しない原因として挙げられるのが、成長ホルモンの激しい分泌。
中学生から20歳くらいにかけて、心身ともに大きく変化していきます。
成長ホルモンの分泌が激しいと皮脂の分泌も激しくなりがち。
この時期のニキビは、洗顔だけでなく、ビタミンB群をしっかりとることがポイントとなります。
筆者のおススメはかぼちゃですが、チョコラBBなどのサプリメントを利用するのも1つの方法です。

そしてもうひとつ。
思春期のニキビ、特に赤ニキビに発展させているケースは、洗顔フォームはNGです。
洗顔フォームは洗浄力が強く、肌に大きなダメージを及ぼしてしまいます。
泡立てずにそのまま洗顔フォームを使った、ダブル洗顔をしているなどで悪化させているケースも。
純石けんにかえて肌へのダメージをグンと落としましょう。
純石けんを泡立てて使えば、肌へのダメージを大きく軽減できます。

思春期のニキビの対策のポイントは、ビタミン群をしっかりとることと、純石けんを泡立て洗顔することです。
洗顔は頻繁にせず、朝晩それぞれ1回。
日中にベタついたら、ぬるま水だけで洗顔しましょう。
化粧水などの保湿はいりません。
どうしても欲しい場合は純水のみOK。

大人ニキビの原因と対策

大人ニキビの原因で大きなものは、何といってもスキンケアのしすぎ。
大人になるとお金を稼ぐことができるので、できるスキンケアも増えてしまいます。
その結果、肌をボロボロにしてしまう人も多い。

なので思春期の肌以上に肌が敏感になっているケースが多い。
このような場合の洗顔は、米ぬか粉末から入るとよいでしょう。

米ぬか粉末は粉末と水の量で洗浄力が加減できます。
使い方は純石けんと同じで泡立てて使います。
極力少量を使うのがコツですが、角栓がひどい場合は粉末を多めにして水を控えめにし、泥パックのようにしてもよいでしょう。
もちろん、クレイが好きな方はクレイを使うのもアリです。
慣れて来たら、水洗顔に挑戦してみましょう。

メイクはなるべく薄化粧にし、ワセリンで肌を保護してからファンデーションをつけるとよいでしょう。
アイライナーやマスカラは、肌が荒れているうちはなるべく使ってほしくないのですが、どうしても必要な場合は落とすときに肌の他の部位につかないように気を付けてください。

保湿はなるべくワセリンのみで対応しましょう。
化粧水が欲しい場合は、純水のみOKですが、たくさん顔につけたままだと蒸発するので、ワセリンとペアで使いましょう。
純水もワセリンもドラッグストアで手に入ります。
乾燥が気にならなくなったらワセリンはつけなくてOKです。

関連:思春期ニキビと大人ニキビの原因と対策



関連記事

ホルモンバランス?生理前のニキビ

生理前にニキビが増える。 生理が来たらニキビがひいた。 逆に生理中にニキビができた。 こん

記事を読む

ニキビ殺菌が合う人と合わない人

ニキビ殺菌で有名なプロアクティブ。 しかしプロアクティブで改善する人と改善しない人がいらっしゃ

記事を読む

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

肌荒れを改善するには便秘対策も

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。 特に、宿便がたま

記事を読む

no image

つぶしてしまったニキビの湿潤療法

先日、湿潤療法というものを紹介しました。 湿潤療法は傷を潤わせて、早くきれいに治すというもの。

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

洗い流さないトリートメントに注意!

このところ、「洗い流さないトリートメント ニキビ」で検索をかけてこられる方がいらっしゃいます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑