*

「 健康 」 一覧

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

2019/02/24 | 健康, 美の雑談

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさん食べると肌が黄色くなります。 まず、手と足の裏が黄色くなり、それから、顔が黄色くなります。 体は目立ちませんが、他の人と比べ

続きを見る

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。 下腹がぽよんとしてたり、太股がぷよぷよの人は要注意! 放置しておくと顔の筋肉までたるみとなって

続きを見る

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体1.5パックくらい食べているのですが、体調もよく、肌の調子もいい。 おまけにピルでも完全には改善し

続きを見る

冷え対策で肌荒れを予防

2017/02/15 | 健康

2月半ばになりましたね。 寒い時期もあともう一息かな。 3月になったら暖かくなるといいですね! 今日は冷えと肌荒れの関係について書いていきます。 一口に冷えと言っても色々なタイプがあり

続きを見る

かかとのひび割れ、どうケアする?

2016/12/13 | 健康, 美の雑談

寒い日が続きますね。 底冷えがしますね。 こんな季節に発生しがちなのが「かかとのひび割れ」。 皆さん、どうケアしていますか? ワセリンをつける? オイル?ハンドクリーム?軽石?

続きを見る

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

2016/11/03 | 肌の赤み, 健康

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また、寒い時期や暑い時期など外と中の温度差が激しい時期は、のぼせによる赤ら顔が発症しやすい傾向にあります

続きを見る

寒暖差アレルギーに注意!

2016/10/19 | 健康

10月に入って鼻づまりが悪化してしまいました。 年中鼻水に悩まされていますが、ここ何日かは症状がひどい。 あんまり症状がひどいと体も疲れてしまい、しいては肌の防御力にも影響します。 秋は鼻づ

続きを見る

生理でわかる古血チェック

2014/10/28 | 健康

美肌には体調の管理も重要です。 体調の不良もストレスとなり、肌のバリア機能を低下させてしまいます。 本日は生理で古い血が体に滞っているかどうかをお話します。 冷えやストレスなどで、血流が

続きを見る

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

2014/09/24 | 肌の赤み, 健康

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。 「冷えのぼせ」は顔や上半身は温かいのに、下半身は寒いといった状態。 顔だけくすみ、顔だけ赤黒い人は冷えのぼせの可

続きを見る

口唇ヘルペス・口角炎体験談

2014/05/26 | 肌の記録, 健康

体調を崩したり、睡眠不足になるとよく口唇ヘルペスや口角炎が出てきます。 今年は口角炎も出ないし、いい調子♪と思いきや、4月末頃に口唇ヘルペスになっちゃいました。 あの頃は色々と不摂生もあり自分

続きを見る


日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑