*

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです。 肌がいたんでいるということはバリア機能が不十分なので、赤みやニキビ、乾燥などの肌荒れが生じやすい傾向にあります。 健康

続きを見る

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

2019/02/24 | 健康, 美の雑談

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさん食べると肌が黄色くなります。 まず、手と足の裏が黄色くなり、それから、顔が黄色くなります。 体は目立ちませんが、他の人と比べ

続きを見る

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつくのは、空気の乾燥ではありません。 他に原因があります。 まず、寒さというストレスで肌のバリア

続きを見る

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。 下腹がぽよんとしてたり、太股がぷよぷよの人は要注意! 放置しておくと顔の筋肉までたるみとなって

続きを見る

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

2018/12/26 | 肌荒れ, 肌の赤み

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといってベタつくわけでもなくサラサラ。 乳液やクリーム、ゲルなどの基礎化粧品も使っていません。 相変わらず湯シャン、水洗顔、肌断食

続きを見る

SPONSORED LINK





40歳:湯シャンと肌断食6年以上

2018/12/16 | 肌の記録

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年間、基礎化粧品などでスキンケアを行わないことで、シワが増えたとかシミが増えたとかいうことはありません。むしろ30代前半の頃よりハリ

続きを見る

シミを消す近道は?

2018/11/20 | 赤ら顔・くすみ

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善されやすい傾向にあります。 顔を手で触らない、なるべくすっぴん、柔軟剤を使わないなど細かな点にも気をつけて実践すると、2~3ヶ月

続きを見る

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

2018/11/19 | 肌荒れ

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。 寒い季節になると、空気の乾燥で肌が乾燥すると言われています。 しかし、肌が乾燥する原因は、実は、寒さによるストレスから発

続きを見る

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白髪染めを月に1回くらいのペースで行う人も多い様子。 非接触皮膚科学では、毛染めは月に1回程度なら問題ないとされています。

続きを見る

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神経の切り替わりがうまくいかず、不眠などの不調を抱えている人が増えています。 夜になっても神経が

続きを見る


顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑