*

44歳女性の肌(肌断食10年以上)

公開日: : 肌の記録

44歳になりました。
肌断食は10年以上続けております。

そんな44歳女性の肌はこんな感じです。
メイクも何もせず、すっぴんです。

ノースキンケア・ノーメイク生活

10年以上、化粧品を使っておりませんが、シミやしわが増えたということもありません。
むしろシミは薄くなっています。

メイクは、年に3~5回くらいしかせず、紫外線対策は日傘のみです。

朝は水洗顔のみ。
温度は自分が温かいと感じるくらいの温度です。
寒い冬はやや高め、暑い夏は低めの温度のぬるま湯で洗顔しております。

よく水洗顔の湯の温度を気にされる方がいらっしゃいますが、皮脂が多い人はやや高め、少ない人は低めがおすすめです。

肌に赤みが出ない限り、自分が心地よいと思う温度、皮脂の量に合った温度でOK。

保湿は米のとぎ汁だけ

夜は米のとぎ汁で洗顔。
水洗顔だけよりも肌にうるおいを感じます。
うるおいを感じつつ、サラサラな肌の感触がお気に入りです。

米のとぎ汁に含まれるグルコシルセラミドは、肌にダメージを与えずに自然なうるおいを与えてくれます。
また、肌を傷つけずに余分な角質を落としてくれるので、肌のごわつきも角栓もなく、年中サラサラの感触です。

このように私は健康な肌で44歳を迎えることができました。

リップにワセリン

なお、リップはワセリンを使っております。
ワセリンは、肌にダメージを与えずに保湿してくれます。

ワセリンを唇につけるときは、横にではなく縦につけると、よりしっとりします。
唇の保湿にもグロス代わりにもなる優れものです。

肌断食を始めたばかりの方や乾燥で皮向けしている方は、肌にダメージを与えないワセリンがオススメです。
チューブ式だと劣化しにくいです。

たるみ対策

私が行っているたるみ対策はこんな感じです。

・頭皮にダメージを与えない(湯シャン)
・十分な運動をする(1日30分以上全身運動)
・口元をよく動かす(よく噛んで食べる)
・睡眠を十分にとる(目の下のたるみ対策)
・笑顔で過ごす(豊かな表情)
・タンパク質を十分にとる

たるみ対策は、まず、頭皮を健康に保つことが大事。
だから、洗髪はシャンプー液を使わず、湯シャンを行っております。

湯シャンの後に、米のとぎ汁を使うと頭皮の乾燥対策になります。
べたつきがひどい場合は、米粉や小麦粉がおススメです。

他は、全身運動を行う、睡眠を十分にとる、バランスの良い食事など基本的なことしか行っておりません。

たるみは年齢的に仕方がないと思われがちですが、毎日を健康的に過ごすことで軽減することができます。

頬とこめかみの状態

最後に、現在の頬とこめかみの状態です。


撮り方が悪いのか上から見下ろすような感じになってすみません。
右の頬とこめかみです。
目じりのしわ等まだ出現しておりません。


左の頬とこめかみです。
こちらも目じりのしわ等まだ出現しておりません。

ビタミンが不足すると口の周りに粉吹きが発生するので、新鮮な野菜や果物などで意識的にビタミンをとっております。
特に緑黄色野菜は効果テキメンです。




関連記事

口周りの肌荒れ原因と対策

肌断食1~2年くらいは口周りだけ肌荒れを起こすことがよくありました。 額や頬は改善して安定している

記事を読む

肌断食1年2ヶ月の経過

ブログのアクセス解析をしていると「肌断食 経過」などでの検索フレーズをよく見かけます。 肌断食

記事を読む

肌断食によるシミ改善経過

肌断食を実践して8年近く経過しました。 子どものころからあるシミもこんなに改善しました。

記事を読む

一重まぶたが二重まぶたになった経過と原因

42歳を過ぎてから、両目とも二重まぶたになりました。 41歳までは、片方が二重まぶたで、もう片

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

肌断食1年2ヶ月経過

肌断食の経過報告です。 1年2ヶ月続けることができました。 赤みもニキビもテカリもなく快適です♪

記事を読む

毛穴の黒ずみの変化

水洗顔と肌断食を徹底すること1年。 ようやく鼻の毛穴に変化が出てきました。 と言っても、大分

記事を読む

肌断食3年経過

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践して3年。 慣れてしまえば、とても快適で経済的です。 こんな私

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

お風呂に入らない日の翌日の肌

昨日は火傷をしてしまったので、お風呂はお休み。 火傷をしていると温かい湯がかかると痛いから、夜の湯

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑