*

ピーリングの効果とデメリット

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 肌の記録, 湯シャン・水洗顔・肌断食全般

ニキビ治療でよく使われるグリコール酸のピーリング。
角質培養とはまったくの逆で、角栓は毛穴を塞ぐからといってすべて剥ぎ取ってしまうしまう美容法です。

角栓はたまりすぎてしまうと確かに肌がザラザラして心地よくありません。
化粧ノリも悪くて不便です。
なので、肌を快適に保とうと思えば、適度に角栓を取った方がよいでしょう。
しかし角栓を取りすぎてしまうと、肌を守るものがなくなってしまうので、赤みなどの異常がでやすくなります。

ピーリングは肌表面をツルツルにして感触をよくしてくれますが、肌の防御力を下げてしまうというデメリットがあるのです。
また、ピーリング液自体が、肌に対してかなりのダメージを与えてしまいます
肌荒れしやすい人は、まず使わない方がよいでしょう。

なお、ピーリングの効果は、毛穴の汚れを除去する、角栓を除去するといった意外に肌のハリをよくするといったものが挙げられます。
これは、ピーリングをすることにより、細胞の生まれ変わりを促し、コラーゲンやエラスチンを生成するためです。
深いたるみじわにはさほどの効果は期待できませんが、小じわなどの改善に適しています。

とは言っても、しつこいようですが、ピーリングは肌に大きなダメージを与えます。
私もピーリングを試したことがあり、実際ハリなどに効果を感じましたが、赤みや毛穴は返って目立つようになりました。
肌にダメージを与えるのだから当然です。


ああ、悲しい。
せっかく湯シャンと肌断食で回復していた肌がこんなにボロボロ。
再び、赤みとニキビに見舞われました。

ピーリングは、肌が安定している人が、5%など低い濃度のものを週に1回程度使うくらいならよいと思います。
しかし、肌荒れしやすい人、少しの刺激で赤みが出る人は、ピーリングは使わず、米ぬかの粉末かクレイでパックするくらいがよいでしょう。
肌のいたみがひどい場合は、できれば肌断食で肌を休ませてあげた方がよいでしょう。

ピーリングをやめて肌断食に戻した肌

ピーリングをやめて、再び完全肌断食を実践して1年経った頃。
元の肌に戻りました!
20160120_cener
赤みも肌荒れもなく絶好調。
ハリもあっていい感じ。
触ってみると、サラサラすべすべの子どもの頃のような感じです。
ピーリングで受けたダメージはどこへやら。

肌断食を続ければ続けるほどだんだんと肌がよくなっていく感じ。

最近の肌断食はこんな感じです。

・毎日湯シャン
ブラッシングも手ぬぐいもなくても、サラサラの髪になりました。

・ぬるま湯だけで洗顔
冬場は34℃くらいのぬるま湯で洗っています。
春や夏は30~32℃くらいです。
シャワーですが、水圧は低いです。
ベタつきが気になる時だけ、とれるNo.1(米ぬか粉末)を使っています。

・毎日肌断食
もちろん相変わらず基礎化粧品も何も使っておりません。
メイクもしておりません。
手間いらず、金いらずで快適です♪

肌のハリ対策は、ピーリングの代わりにスロースクワットと顔ツボを取り入れています。

肌断食を失敗しないためには?

時々、肌断食を失敗される方がいらっしゃいます。
化粧品を一部使うなどの中途半端な肌断食なら失敗も頷けますが、きちんと実践していてもなかなかよくならない人も多い様子。

化粧品をたっぷり使う生活からイキナリ湯シャンや水洗顔に入ると脂漏性皮膚炎などになりやすいので、段階的に入るというのも1つの手です。

たとえば、イキナリ水洗顔は難しい場合。
純石けんを泡立てて使う日があってもよいでしょう。
日中テカったらその都度水洗顔してもよいでしょう。

保湿がほしいときは、ワセリンがベター。
まだ慣れないよ、と言う人はグリセリンでカバーする手もありますが、徐々に減らしていくとよいでしょう。

そして、もうひとつ大切なこと。
顔を手で触らない。
見落とされがちですが、かなり重要です。

化粧品や洗顔料は一気にやめた方が変化を実感しやすいのは事実。
しかし、無理をして挫折するようでは元も子もありません。

肌断食を実践しておられる方が少しでも快適でありますように・・・

参考:シンプルケアから入る肌断食



関連記事

水洗顔、湯シャン、肌断食2年と9ヶ月

エコ肌やもち肌で肌断食経過写真を載せていると、いろんな方からお便りがきます。 励まされる、参考にな

記事を読む

顔のたるみ・ほうれい線対策

顔のたるみ、ほうれい線対策のストロビクスを始めてとうとう1ヶ月経ちました。 ストロビクスとはス

記事を読む

肌断食と顔ツボを実践してみたら

肌断食と言っても、スキンケアをしていないだけ。 水洗顔と言っても、石けんや洗顔フォームを使っていな

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

湯シャンは子どもも実践できる?

湯シャンは子どもでも実践可能です。 非接触皮膚科学のメルマガをお読みの方はご存知だと思いますが

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法はこれまでにありません。 何も

記事を読む

非接触生活挫折の理由

こんなタイトルで始まりましたが、私が非接触生活をやめたわけではありません。 今日は非接触生活挫折者

記事を読む

角質培養:角栓対策はお風呂でゆっくり温まる

6日間の外泊を終え、本日、帰宅しました。 いや~やっぱり自宅はいいですね~。 のんびりくつろいで

記事を読む

湯シャン、水洗顔の経過報告(3年以上)

先日、37歳になりました。 振り返って見ると、湯シャンや水洗顔も3年と2ヶ月。 基礎化粧品も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑