*

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。
実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで発症しています。

私もなったことがあり、胸の間でした。
胸の間に大きな薄いシミができてビックリしました。
それまでも胸にニキビができたり、背中にブツブツができていました。

当時はマラセチア(でんぷう菌)というものを知らず、ビックリ!

とはいえ、マラセチアは皮膚常在菌の一種。
他の菌とのバランスが取れていて、一定量の場合はこんなおかしなことにはなりません。
何らかの原因によってマラセチアが異常に繁殖しているわけです。

マラセチアの異常繁殖の原因

・汗を長時間放置していた
マラセチアのエサは汗と皮脂。
びっしょりかいた汗を長時間放置しておくとマラセチア菌の異常発生の原因に。
ブラでしめた胸の間が汗で蒸れてシミができてしまったということも。
汗で不快感を感じたらなるべく早く汗を流しましょう。
そして少なくとも、1日の終わりには必ず古い汗はながしましょう。
また、汗をかいたシャツは必ず洗濯しましょう。
筆者は汗をかいたシャツを何日も着て胸ニキビに見舞われた経験があります(T_T)

・皮脂の過剰分泌
皮脂が異常分泌されていると、マラセチア菌が増殖してしまう原因となります。
最近では、ボディソープや石けんで肌を毎日しっかり洗い、皮脂を取りすぎて返って皮脂腺を肥大化させているケースもよく見受けられます。
ボディケアをしっかりしていて背中にブツブツやシミができてしまった場合は、純石けんを泡立てて手でやさしく洗ってあげるとよいでしょう。
ひどい場合は皮膚科を受診してみて下さい。

・常在菌の環境が狂っている
こちらもボディソープや石けんなどの洗浄剤を使いすぎが間接的要因です。
界面活性剤の殺菌作用により、必要な常在菌が少なくなり、常在菌のバランスが狂ってしまいます。
すると一部の強い常在菌(マラセチア菌やアクネ菌)が異常に繁殖してしまいます。
彼らは皮脂を分解してくれるのでありがたい存在であるのですが、皮脂を分解した後に酸化物を生成します。
その酸化物をまた分解してくれる常在菌がいないと、背中のブツブツや胸のニキビなど皮膚のあちこちに異常が出てしまいます。

マラセチアの症状イロイロ

私の場合は、胸の間に大きなシミという症状でしたが、他にもブツブツなどニキビのような症状が出る場合があるようです。
マラセチアは顔や背中、胸などに発生しやすい傾向にあります。

背中のブツブツや胸にニキビがある人は、皮膚カビ(マラセチア)の異常繁殖の可能性があります。

皮脂が多い人、汗をかきやすい人は、なるべくこまめにぬるま湯で洗い流すとよいでしょう。
気温が高く、湿気が多い時期に発生しやすいので、梅雨から夏にかけて特に気をつけましょう

常在菌環境が整うと

皮脂の分泌機能が正常になり、常在菌環境が整ってくると、マラセチア(皮膚カビ)は発生しにくくなっていきます。

そして私の体験ですが、肌が正常になるにつれて、胸のシミは消えていきました。
ついでに背中のニキビも減っていきました。

湯シャンや肌断食、湯洗体では常在菌を殺菌したり、肌をいためたりすることがないので皮膚カビの原因を取り除くことになります。

しかし、スキンケアやボディケアをガッツリしていた人が、湯シャンや肌断食、湯洗体に一気に入ると、皮脂や常在菌の環境が整っていないので、マラセチアの異常発生に見舞われることもあります。
宇津木式で挫折する人もこのパターンが結構多いようです。

背中のブツブツや胸にニキビがある人、ガッツリケアをしていた人や皮脂が多い人は、純石けんや米ぬか粉末などを少量使って適度に皮脂を取りながら、徐々に入っていくとよいでしょう。
少しずつ頻度をおさえたり、量を少なくしていくと、自然に入ることができます。



関連記事

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

一部だけの肌断食は効果あり?

ネットを見て回っていると、肌断食はしていてもお湯で落とせる日焼け止めを使っている方などいらっしゃいま

記事を読む

水洗顔と湯シャンは併用がいい理由

吹き出物やニキビは皮膚の弱い場所から出てきます。 顔、背中、胸など皮膚の柔らかい部分に出やすい

記事を読む

no image

水洗顔・肌断食を始めた頃のかゆみ

湯シャン・水洗顔・肌断食を始めたばかりの頃は、 肌がまだ傷んでいるので、痒みがある場合が多いかと思

記事を読む

キャリアオイルなら大丈夫?

自然派志向の方に人気なキャリアオイル。 天然100%だから安心と思い込んで使っている方もいらっ

記事を読む

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? こちら、あまり変わりな

記事を読む

no image

肌断食・水洗顔に年齢は関係ない

最近、肌断食や水洗顔は10代でもできるの? という質問を頂きました。 肌断食や水洗顔は10代

記事を読む

no image

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。 そして湯シャンのフケ対策。 湯船に浸かってふやかして

記事を読む

肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミは改善しますか? という質問を頂くことがあります。 肌断食だけでは、シミの改善は

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

Comment

  1. りつこ より:

    よければ水洗顔のことで相談にのっていただけませんでしょうか?ヽ(;▽;)ノ

    • もち肌イブ より:

      私でよろしければ相談にのりますよ。
      メールご希望であれば、お問い合わせフォームからご連絡もしくは、こちらまでその旨コメント頂ければ幸いです^^。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑