*

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。
実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで発症しています。

私もなったことがあり、胸の間でした。
胸の間に大きな薄いシミができてビックリしました。
それまでも胸にニキビができたり、背中にブツブツができていました。

当時はマラセチア(でんぷう菌)というものを知らず、ビックリ!

とはいえ、マラセチアは皮膚常在菌の一種。
他の菌とのバランスが取れていて、一定量の場合はこんなおかしなことにはなりません。
何らかの原因によってマラセチアが異常に繁殖しているわけです。

マラセチアの異常繁殖の原因

・汗を長時間放置していた
マラセチアのエサは汗と皮脂。
びっしょりかいた汗を長時間放置しておくとマラセチア菌の異常発生の原因に。
ブラでしめた胸の間が汗で蒸れてシミができてしまったということも。
汗で不快感を感じたらなるべく早く汗を流しましょう。
そして少なくとも、1日の終わりには必ず古い汗はながしましょう。
また、汗をかいたシャツは必ず洗濯しましょう。
筆者は汗をかいたシャツを何日も着て胸ニキビに見舞われた経験があります(T_T)

・皮脂の過剰分泌
皮脂が異常分泌されていると、マラセチア菌が増殖してしまう原因となります。
最近では、ボディソープや石けんで肌を毎日しっかり洗い、皮脂を取りすぎて返って皮脂腺を肥大化させているケースもよく見受けられます。
ボディケアをしっかりしていて背中にブツブツやシミができてしまった場合は、純石けんを泡立てて手でやさしく洗ってあげるとよいでしょう。
ひどい場合は皮膚科を受診してみて下さい。

・常在菌の環境が狂っている
こちらもボディソープや石けんなどの洗浄剤を使いすぎが間接的要因です。
界面活性剤の殺菌作用により、必要な常在菌が少なくなり、常在菌のバランスが狂ってしまいます。
すると一部の強い常在菌(マラセチア菌やアクネ菌)が異常に繁殖してしまいます。
彼らは皮脂を分解してくれるのでありがたい存在であるのですが、皮脂を分解した後に酸化物を生成します。
その酸化物をまた分解してくれる常在菌がいないと、背中のブツブツや胸のニキビなど皮膚のあちこちに異常が出てしまいます。

マラセチアの症状イロイロ

私の場合は、胸の間に大きなシミという症状でしたが、他にもブツブツなどニキビのような症状が出る場合があるようです。
マラセチアは顔や背中、胸などに発生しやすい傾向にあります。

背中のブツブツや胸にニキビがある人は、皮膚カビ(マラセチア)の異常繁殖の可能性があります。

皮脂が多い人、汗をかきやすい人は、なるべくこまめにぬるま湯で洗い流すとよいでしょう。
気温が高く、湿気が多い時期に発生しやすいので、梅雨から夏にかけて特に気をつけましょう

常在菌環境が整うと

皮脂の分泌機能が正常になり、常在菌環境が整ってくると、マラセチア(皮膚カビ)は発生しにくくなっていきます。

そして私の体験ですが、肌が正常になるにつれて、胸のシミは消えていきました。
ついでに背中のニキビも減っていきました。

湯シャンや肌断食、湯洗体では常在菌を殺菌したり、肌をいためたりすることがないので皮膚カビの原因を取り除くことになります。

しかし、スキンケアやボディケアをガッツリしていた人が、湯シャンや肌断食、湯洗体に一気に入ると、皮脂や常在菌の環境が整っていないので、マラセチアの異常発生に見舞われることもあります。
宇津木式で挫折する人もこのパターンが結構多いようです。

背中のブツブツや胸にニキビがある人、ガッツリケアをしていた人や皮脂が多い人は、純石けんや米ぬか粉末などを少量使って適度に皮脂を取りながら、徐々に入っていくとよいでしょう。
少しずつ頻度をおさえたり、量を少なくしていくと、自然に入ることができます。



関連記事

ニキビの位置から分かる対処法

同じ所に繰り返しニキビができる。 そんな経験ありませんか? 実は同じ所にニキビができるのは、

記事を読む

皮脂を抑えたい!皮脂腺が肥大化する原因

ニキビやテカリ肌の原因の1つは、皮脂腺の肥大化だということはよく知られていることです。 そして皮脂

記事を読む

キャリアオイルなら大丈夫?

自然派志向の方に人気なキャリアオイル。 天然100%だから安心と思い込んで使っている方もいらっ

記事を読む

ニキビ殺菌が合う人と合わない人

ニキビ殺菌で有名なプロアクティブ。 しかしプロアクティブで改善する人と改善しない人がいらっしゃ

記事を読む

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

60代の肌断食約1年経過例

私の母は現在67歳。 昨年の6月初めから、湯シャン・水洗顔・肌断食を始めました。 そして後20日

記事を読む

no image

つぶしてしまったニキビの湿潤療法

先日、湿潤療法というものを紹介しました。 湿潤療法は傷を潤わせて、早くきれいに治すというもの。

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの

記事を読む

ホルモンバランス?生理前のニキビ

生理前にニキビが増える。 生理が来たらニキビがひいた。 逆に生理中にニキビができた。 こん

記事を読む

Comment

  1. りつこ より:

    よければ水洗顔のことで相談にのっていただけませんでしょうか?ヽ(;▽;)ノ

    • もち肌イブ より:

      私でよろしければ相談にのりますよ。
      メールご希望であれば、お問い合わせフォームからご連絡もしくは、こちらまでその旨コメント頂ければ幸いです^^。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑