*

自律神経失調症から始まるニキビ

公開日: : ニキビ対策, 肌荒れ, 肌の赤み

ニキビと言えばホルモンバランスが大きく変化する思春期に起きるものと考えられがちです。
しかし実際は、20代、30代、40代、50代と大人でもニキビはできます。
属に言う大人ニキビです。

また、思春期ニキビでも、受験や人間関係のストレスなどで自律神経失調症という原因も絡んでいることがあります。
自律神経の乱れが加わると、ホルモンバランスの変動がさらに大きくなり、ニキビが重症化しやすい傾向にあります。

自律神経失調症ニキビの原因

1.自律神経失調症のストレス

仕事などでストレスや緊張状態が続くと家に帰っても緊張が解けないということもありがち。
交感神経(仕事モード)が副交感神経(休息モード)に切り替わらず、常に緊張が続いている状態です。

この状態になると不眠や下痢など体調面でのストレスも現れます。

このようにストレスが重なると肌のバリア機能が落ちたり、肌の再生機能(ターンオーバー)が落ちてしまいます。
結果として、ニキビや赤みなどの肌荒れが起きやすくなり、しかも治りにくいという状態になります。

2.自律神経失調症からのホルモンバランス乱れ

また、自律神経が乱れると、ホルモンバランスも乱れてしまいます。
自律神経がホルモンの分泌を司っているからです。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌が過剰になります。
その結果、ニキビができやすくなります。

自律神経失調症ニキビの対策

ストレスの原因を絶つのが1番ですが、生きている限り難しいケースが多い。
そこで自分でできるニキビ対策を紹介します。

1.肌に負担をかけない

自律神経失調症の状態だと、肌のバリア機能も落ちている可能性が高い。
その結果、ちょっとした刺激で赤みやニキビ、肌荒れなどを起こしやすくなります。

なので、スキンケアは控えめにし、顔を手で触らない顔をふくタオルに柔軟剤を使わないなど肌に負担をかけない工夫が必要です。
できたら肌断食がおすすめです。

湯シャンも肌への負担を1つ減らすのでおすすめですが、導入が難しいのでシャンプーの量や頻度を減らし、少しずつ湯シャンの日を増やし、頭皮を慣らしていきましょう。

2.規則正しい生活をする

自律神経を整えるには規則正しい生活が必要です。
できるだけ決まった時間に寝て決まった時間に起きましょう。
朝日を浴びるとセロトニンが分泌され、精神的に安定します。

3.深呼吸をする

眠れない時は深呼吸をしてみるとよいでしょう。
鼻から息を吸って一旦止めて吐きます
交感神経から副交感神経に切り替わるのを助けます。
仕事の休憩時間に伸びをするのもよいでしょう。

4.バランスのよい食事+α

食べ物の中には、ストレスを和らげたり、ホルモンバランスを調整してくれるものもあります。
しかしそれぞれの栄養は影響し合って作用するので、バランスのよい食事が基礎となります。

その上でかぼちゃや納豆など、ホルモン分泌の調整が期待できる食べ物を+αとして取り入れるとよいでしょう。

かぼちゃは抗酸化作用の強いビタミンが含まれており、ストレス対策にも適しています。
また、納豆もかぼちゃも皮脂分泌の調整や肌を健康に保つビタミンB群も含まれているので、思春期ニキビ・大人ニキビともにおすすめな食材です。

5.水洗顔にこだわらず純石けんを適度に使う

ホルモンバランスの大きな変動からくる思春期ニキビ、ホルモンバランスの乱れから生じる大人ニキビともに皮脂の分泌が過剰になる傾向にあります。

その場合は完全水洗顔にこだわらず、純石けんを適度に使いましょう。

純石けんはそのまま手に取って使うのではなく、手に取ったら手のひらで泡立てて使いましょう。
泡のクッションで洗うことで肌への負担が軽減できます。

皮脂の分泌が安定してきたら少しずつ水洗顔の日を増やしていきましょう。

筆者のニキビ改善体験談

筆者の思春期は自律神経失調症とホルモンバランスの変動によるダブルパンチを食らい、ニキビと赤み、そしてべたつきがひどく人に見せられない顔になりました。
オマケに不眠も重なり、中学生頃のニキビは異常に治りにくかったのを覚えています。

高校生の頃はかぼちゃを1日3回に分けて食べていたのでニキビと赤みが落ち着いていました。
しかしその後かぼちゃがストップし、またニキビが再発しました。

いろいろスキンケアを試しましたが、一向に改善しないので32歳頃から肌断食を始めました。
すると2ヶ月くらいでニキビが減りました。

しかし口の周りの乾燥が改善しなかったので、またかぼちゃを再開したところ、乾燥が改善し、ニキビもできなくなりました。

自律神経失調症とホルモンバランスのダブルパンチを受けたニキビは改善しにくいですが、自分のできるところから対策をすることで改善の道がひらけます。


左:改善前 右:改善後
ニキビ跡(凸凹やシミ)もきれいに治りました。


↑いろんなスキンケアで失敗した汚肌

↑ニキビや赤みが改善した肌



関連記事

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

ニキビがあるとモテない?

あるSNSを見ていると、ニキビはモテない要素の第1位とか、半数以上の男性がニキビのある女性を嫌うなど

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

no image

意外と知られていない顔を触らないことの重要性

先日、また仲良しグループで集まりました。 グループの中で、美容の話になりました。 私はベ

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は同じです。 洗顔のやりす

記事を読む

no image

瘀血による肌荒れに注意!

皆さまは「瘀血」というものをご存知でしょうか? 瘀血とは汚れた血。体内にとどってしまってドロド

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

肌荒れしないお風呂の洗剤

非接触皮膚科学や当サイトをお読みの方はご存知だと思いますが、お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌)

記事を読む

皮脂を抑えたい!皮脂腺が肥大化する原因

ニキビやテカリ肌の原因の1つは、皮脂腺の肥大化だということはよく知られていることです。 そして皮脂

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンを成功させる方法

湯シャンは肌断食に次ぐ肌荒れ対策の1つです。 シャンプーやリンス

化粧水で保湿はできない

昔は化粧水をつけてパッティングするのが常識でした。 しかし現代の皮膚

自律神経失調症から始まるニキビ

ニキビと言えばホルモンバランスが大きく変化する思春期に起きるものと考え

乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の原因は、空気の乾燥と思われていますが、実は空気の乾燥と肌の乾燥

宇津木式肌断食を成功させる方法

宇津木式は、こすらない水洗顔が特徴の肌断食。 洗面器にぬるま湯を入れ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑