*

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

公開日: : 肌の赤み, 健康

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。

また、寒い時期や暑い時期など外と中の温度差が激しい時期は、のぼせによる赤ら顔が発症しやすい傾向にあります。
そう、外と室内の寒暖差が大きくなるこれからの季節、ホットフラッシュに特に気を付ける必要があるのです。

では、のぼせ・ほてり、顔が赤くなる原因と対策について見てみましょう。

年中のぼせて顔が赤くなるケース

頭を使うことが多かったり、緊張することが多いパターン。
血行不良による体の冷えが関係しています。

緊張したり頭をフルに使う仕事をされている場合、どうしても首から上に血が行きがち。
その血が滞ってしまうと古血となり、顔が赤黒くなってしまいます。
こうなる前に首から上に上った血を、下の胴体に下ろしてあげなくてはいけません。

その方法は、まず体を温めること。
そして適度に運動して血流をよくすること。
食事は温かいものを食べ、適度に運動します。
そして毎日の入浴(湯船に10~15分くらい浸かる)は欠かさないでください。
事務職の方は特に同じ姿勢になりがち。
運動不足による冷えには気を付けましょう。

また、人前で緊張して顔が赤くなり首から上に血が行くタイプもいますが、ひとりや家族だけになると落ち着くことが多いので、徐々に人に慣れていくとよいでしょう。

冬の寒暖差で赤ら顔に

冬は、外にいる時は顔色が白っぽく、部屋の中に入ると顔が赤くなる。
そして夏になると、外にいる時に顔が赤くなり、部屋の中では顔色が白っぽくなる。

このタイプは、部屋の外と中の寒暖差に気を付けてください。

寒いところ、涼しいところでは、血管が収縮し、顔色が白っぽくなります。
そして暖かいところ、暑いところでは、血管が拡張し、顔が赤くなります。

急激に血管が拡張すると顔も赤くなりがちですので、極力寒暖差をなくすよう工夫が必要です。
冬はコートやマフラーなどで対策しやすいのがこのタイプです。
ただし、肌の弱い方は、毛のマフラー、コートのボアは肌荒れの原因となるので気を付けましょう。
マフラーを非接触指定の洗剤(トップクリアリキッド)で洗って使用するとよいでしょう。

部屋に入る前に手で顔を温めるという方法もありますが、様々なものを触っている手には刺激物がたくさんついているのでよほど肌が強い人でない限りはやらない方がよいでしょう。

冬の冷気で顔が赤くなる

冷気によって顔が赤くなる場合があります。
冬の冷気によって肌の防御力が低下し、肌がダメージを受け赤くなることがあります。
この場合は、顔に綿100%のマスクをつけたり、マフラーなどで工夫し冷気が当たらないようにするとよいでしょう。
乾燥による赤みの場合、ワセリンでカバーすることで早く改善することもあります。
特に寒冷アレルギー(寒いところで赤みや湿疹が出る)の方は冬がキビシイので、防寒には十分気を付けましょう。

hoteri

顔の色と首の色が違う場合は、早めに対策しましょう。
なお、顔のほてりが気になっても触ったらダメ。
手についた刺激物で荒れることがあります。



関連記事

入浴後、顔に赤みが出る

湯船の温かいお湯につかって温もると顔が赤くなるのは自然です。 血行がよくなって顔が赤くなります。

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

冷え対策で肌荒れを予防

2月半ばになりましたね。 寒い時期もあともう一息かな。 3月になったら暖かくなるといいですね!

記事を読む

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。

記事を読む

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑