*

冬は乾燥の季節?

公開日: : 最終更新日:2020/09/28 肌荒れ

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。

しかし非接触によると、冬の空気の乾燥と肌の乾燥は関係なく、冬の寒さのストレスで肌のバリア機能が落ちることで肌の乾燥などの異常が出やすいとされています。
もっといえば冬の寒さ以外にもストレスがあると(人間関係や経済など)、季節問わず、肌の防御力が落ちることになります。

肌の防御力が落ちると、ちょっとした刺激で、肌の乾燥だけでなく赤みや吹き出物などが出ることもありますので気をつけたいところです。

冬の乾燥肌を防ぐ方法

1.防寒
ストレスが寒さであれば、できるだけ防寒してストレスを防ぎましょう。
寒いと思ったら防寒を。
外出の際は、コート、マフラー、帽子などで寒さを防ぎましょう。
寝るときも寒くないように、冬布団、毛布など季節に適した寝具でお休み下さい。
ただ、柔軟剤が使ってあるものが頬や顎に触れると荒れる可能性もあるので気をつけましょう。

2.ビタミンC
ビタミンCはストレスによって生じた活性酸素を除去する働きがあります。
季節を問わず、ストレスの多い方、ストレスを感じやすい方は、2~3時間おきにビタミンCを取るとよいでしょう。
果物や野菜で取るのが望ましいですが、サプリメントでもOK。
ご自分に合う量を調整してみて下さいね。
私はこの方法で口元の乾燥が改善しました。

なお、冬はみかんの季節。
適度にみかんを取り入れると、カロテンにより風邪予防もできるのでよいかと思います。
ただしみかんは食べ過ぎると冷えるので、食べ過ぎないこと、暖かい部屋で食べることを気をつけましょう。
また、食卓には、ビタミンの宝庫と呼ばれるかぼちゃの煮付けやかぼちゃのスープもオススメです。

3.体を温める
冷えによっても、肌が乾燥することがあります。
特に足の裏やかかと。
冬は足元が冷えないよう、暖かい靴下やレギンスなどで冷えを防ぎましょう。

これから、まだまだ寒くなっていきますが、肌荒れ知らずで元気でイキイキと過ごしたいものです。




関連記事

角質を取りすぎると肌の防御力が低下

市場には角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角質

記事を読む

美肌には顔を触らないことが必要

顔を触らないことは肌荒れの改善でとても重要な項目です。 顔を触っているうちは、ニキビや赤み、肌荒れ

記事を読む

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせがよくあります。 スマホは、使

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

入浴後に肌荒れが起こる原因

入浴後に顔に赤みや乾燥などの肌荒れが起こる原因は以下のことが考えられます。 ・浴室に刺激物が残

記事を読む

マスクで肌荒れどう対策する?

マスクでかぶれやニキビなどの肌荒れを起こす方が続々出ています。 特に今年は異例の夏場のマスク。

記事を読む

デトックスで肌荒れ対策

肌荒れの対策には、栄養をしっかり取るだけでなく、老廃物を外に出すことも必要です。 老廃物や毒素を外

記事を読む

納豆の美肌効果と食べ方

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体

記事を読む

天然成分の化粧品は安全?

100%天然成分だから安心などと謳っている化粧品が流行っています。 しかし実際には天然成分であって

記事を読む

柔軟剤も肌荒れの原因に

柔軟剤を使用したタオルを使っていると肌荒れは改善しにくい。 このまま肌断食を続けても赤みや乾燥など

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑