*

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせがよくあります。
スマホは、使い方によっては、肌荒れの原因となります。
そこで、肌に負担をかけないスマホの使い方が必要になります。

スマホで肌荒れする原因

スマホで肌が荒れる原因として以下のことが考えられます。

1.スマホを触った手で顔を触り間接接触
2.通話時にスマホが頬につく接触
3.スマホを夜遅くまで見ることによる睡眠の質の低下
4.ブルーライトによるダメージ

まず、1についての説明です。
睡眠の質が低下すると肌のバリア機能が低下し、ちょっとした接触で肌荒れしやすくなります。
肌に刺激が続くとシミの原因になります。
いちどシミができると、消えにくくなりますので、赤みの段階で対策したいところ。

2についてですが、基本的に「手で顔を触る」のは、自ら肌にダメージを与えるようなものです。
3も顔に何かを接触させるという点で肌荒れの原因になります。

4ですが、スマホの画面を明るくして使ったり、ブルーライトカット機能なしで使うと、微量ながら肌にダメージを与える可能性があります。

肌に負担をかけないスマホの使い方

上記のように、スマホの使い方によっては、肌荒れの原因になることがあります。
しかし、日常生活でスマホは必要です。
そこで以下のような対策が、肌に負担をかけないスマホの使い方になります。

1.寝る1時間前のスマホの利用を避ける
2.スマホを触った手で顔を触らない
3.通話時にスマホが顔につかないようにする
4.ブルーライトカットアプリを使用
5.画面の明るさを下げる

寝る前のスマホ対策

1については、私も完璧にはできていません。
しかし、ブルーライトカットアプリを使用したり、画面の明るさを下げることで対策しております。
パソコンも同様に、18時以降になると「夜間モード」になるよう設定しております。

※ブルーライトカットアプリは、ブルーライト軽減フィルターを利用しております。
※夜間モードは、「設定」→「システム」→「ディスプレイ」から設定できます。

何かを触った手で顔を触らない

2についてですが、スマホだけでなく、何かを触った手で顔に触らないようにしましょう。
顔に触る前には、流水でよく手を洗いましょう。

※石けんは使いません。
※手ぬぐいやハンカチで手を拭うように洗うとより効果的です。

顔に物を接触させない

スマホが顔に接触すると、肌荒れの原因になります。

スマホだけでなく、物が顔に触れると、肌荒れの原因になりますので、顔に触れないように気をつけましょう。

私は、スマホや電話が顔に触れないよう、耳だけあてて通話しております。

たるみやくすみにも気を付けて

スマホを使う上でもう1つ気をつけたいのは、スマホを使う時の姿勢。
最近、問題になっているのはスマホ首。

スマホを使う時、ついつい前のめりになりがち。
この姿勢が続くと、首や肩のコリにより血流が悪くなり、顔にくすみが出たり、たるみが出やすくなります。

スマホを使用する時は、姿勢にも気をつけましょう。




関連記事

レモンのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

ビタミンCサプリを効果的に使うには

ビタミンCサプリメントは肌荒れの対策には便利なもの。 特に紫外線の強い季節では活躍してくれます。

記事を読む

米のとぎ汁を活用した肌荒れ対策

皆さまは米をといだ後の汁を使っていますか? 実は米のとぎ汁にはいろんな活用法があるのです。 洗顔

記事を読む

柔軟剤も肌荒れの原因に

柔軟剤を使用したタオルを使っていると肌荒れは改善しにくい。 このまま肌断食を続けても赤みや乾燥など

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

ニキビと蕁麻疹の違い

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 芯があるかないかで大体の見分けはつきますが、

記事を読む

美肌のための睡眠対策

美肌には十分な睡眠が必要 美肌を保つには十分な睡眠が必要です。 できれば22時には寝たいところで

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

肌断食と湯シャン10年経過

肌断食と湯シャンを実践して10年が経過しました。 現在あと2ヶ月

湯シャンと肌断食を振り返る

お盆を過ぎ、夏も半ばを過ぎました。 暑い日が続く中、皆さま、どうお過

入浴後に肌荒れが起こる原因

入浴後に顔に赤みや乾燥などの肌荒れが起こる原因は以下のことが考えられま

2日間のプチ断食後の肌

最近、2日間だけ断食してみました。 方法は、2日間何も食べず水だけ。

歯の健康と肌の健康の関係

肌断食と湯シャンを行うと肌へのダメージを抑えることができます。 手で

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑