*

風邪を予防して美肌を保つ

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 美肌の秘訣

手洗い、うがいもしないのに風邪をひかない私はかぼちゃ好き。

風邪の原因って主に、ストレスと睡眠。

冬は特に寒さのストレスの上、空気が乾燥しているから風邪菌に感染しやすい。
こんな時期に睡眠不足にでもなろうものなら大変!
風邪で寝込んでしまう。

冬こそカロテン

そんな時に免疫力を高めてくれるかぼちゃやみかんが大活躍!
カロテンが豊富な食べ物は、免疫力を高め、風邪等を予防してくれます。

特に顔や手がほんのり黄色くなるくらいまで食べれば、風邪ひきません。
近くに風邪をひいている人がいてもひきません。
(筆者の経験より)

顔や手が黄色くなるのはイヤ!っていう人は、食べる量を控えながら防寒をしっかりして下さいね。
もちろん睡眠不足にも注意です。

よい体調を保つことは肌の防御力を高め、肌荒れを防ぎます。
美肌を保つならよい体調から。

カロテンは、免疫力も高め、抗酸化作用も強い。
なので、体調を整え、肌を健康に保ってくれます。

食事はバランスよくが鉄則ですが、適度に取り入れていきたいものです。

カロテンが豊富なオススメ食材

・かぼちゃ:煮物、スープにいいですよ!
・ニンジン:ニンジンのグラッセは甘くて美味しい
・ほうれん草:おひたし、ソテーと大活躍
・パセリ:サラダにたっぷりつけたいものです。マヨネーズと相性抜群。
・しゅんぎく:鍋、おひたしに◎
・みかん:おやつにどう?食べ過ぎると冷えるからきをつけてね。
・夕張メロン:たまには豪華なフルーツいいですね

kabocha
かぼちゃのそぼろ煮で、スタミナ、免疫力アップ♪



関連記事

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

汗をかく時期の肌荒れ注意報

大分暑くなってきましたね。 6月(初夏)ももう終わり。 もうすぐ夏真っ盛りの7月に入ります。

記事を読む

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、たるみ』の秘密」のたるみの項に、

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

美肌に必要なビタミンCはどれくらい?

乾燥肌対策の1つとして、ビタミンCは使い方によれば大きな効果を発揮してくれます。 しかし、多く

記事を読む

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

乾燥肌の原因はストレスと念入りなスキンケア

一般的に、冬は空気が乾燥するから、肌のためには加湿器が必要とされています。 しかし、本当に、冬

記事を読む

no image

洗濯洗剤はトップクリアリキッド派?純石けん派

宇津木先生の「化粧品を使わず美肌になる!」を読んでいると洗濯石鹸のところも出てきます。 宇津木

記事を読む

肌のターンオーバーは早すぎてもダメ

一般的に、22時から2時の間が肌のゴールデンタイムと呼ばれ、この間に眠っていると成長ホルモンが分泌さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑