*

冬の乾燥対策

公開日: : 最終更新日:2018/05/22 美肌の秘訣

冬の乾燥対策についてもう少し補足したいことがあったので、改めてまた記事にしました。

まず、冬は、寒さというストレスのため、肌のバリア機能が落ちやすく、肌の乾燥が生じやすい傾向にあります。
そして、特に手足などの末端や皮膚の薄いところが冷えてしまうと血行不良となり、その部分が乾燥しやすくなります。

寒さ、冷えを感じた時点で乾燥は始まっています

寒い!冷い!冷えた!
そう思った時点ですでに乾燥は始まっています!
カサつきたくなければ、冷える前に温めてください!

まずは、寒い部位とカサついている部分を温めましょう。
踵のひび割れは、靴下2枚履き、もしくは、すっぽりと足を覆ってくれるルームシューズが活躍してくれます。
※ルームシューズの場合は靴下をはいた上から履くとよいでしょう。
冬の間続けていると、徐々に治まってきます。

暖房をケチる人もいらっしゃいますが、寒いと思った時点で、肌の乾燥のスタートです。
寒さ、冷えを我慢するのは、肌がカサついてもいいよと言っているようなものです。

boukan
外出の際は、防寒具も重要ですが、手で顔を覆わないよう気を付けてください。
マフラーは柔軟剤を使わないように。

ビタミンCを数時間おきに取る

ストレスによって生じる活性酸素を除去するのに、コラーゲンの生成を助けるビタミンCが多く消費されます。
ビタミンCを数時間おきに補充してあげるとよいでしょう。
粉末やサプリメントでもよいですし、かぼちゃやみかんでもOKです。
※粉末はオブラートに包むとビタミンCが壊れず、吸収がよいです。

お風呂の洗剤を使わない

お風呂の洗剤が浴室の床や浴槽に残留していると乾燥の元となります。
お風呂を洗われる際は、アクリルたわしや米ぬか粉がおススメです。

タンパク質や油分も適度に取る

漬物や野菜の煮物などあっさりとしたものばかり食べていると肌がカサつきがちになります。
特に冬にダイエットだの、あっさりしたものしか食べたくないだの言っているとすぐにカサついちゃいます。
(それ以前に体調を崩しやすくなってしまうので気を付けてくださいね)
油分やたんぱく質も肌には必要なので適度に取り入れるとよいでしょう。

また、冬は鍋の季節。
美味しい鍋で温まり、野菜やお肉、お魚をバランスよく取るとよいでしょう。



関連記事

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

ぐっすり眠って肌を改善しよう

肌荒れ改善もアンチエイジングも、睡眠は避けては通れません。 今日は、睡眠が肌に及ぼす影響と、不眠症

記事を読む

乾燥肌の原因はストレスと念入りなスキンケア

一般的に、冬は空気が乾燥するから、肌のためには加湿器が必要とされています。 しかし、本当に、冬

記事を読む

体温が高いのに手足だけ冷える末端冷え性

体温が高いのになぜか手足だけ冷たい。 私は体温が、36.5~37.0度と体温は高い方。 なの

記事を読む

no image

栄養ドリンク、美肌ドリンクを飲むくらいなら

先日、友人宅のおばちゃんから、オロナミンCを12本頂きました。 オロナミンCとかデカビタとか栄

記事を読む

美肌に必要なビタミンCの摂取量

ビタミンC粉末の記事を書いて、ビタミンCは1日どれくらい摂取すればいいかという質問がよくありました。

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

美肌に必要なビタミンCはどれくらい?

乾燥肌対策の1つとして、ビタミンCは使い方によれば大きな効果を発揮してくれます。 しかし、多く

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

汗をかく時期の肌荒れ注意報

大分暑くなってきましたね。 6月(初夏)ももう終わり。 もうすぐ夏真っ盛りの7月に入ります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑