*

湯シャンの臭い対策

公開日: : 最終更新日:2020/09/01 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンで臭い、茶色い汚れ(酸化した皮脂)というのは湯シャン初期に発生しやすいトラブルです。

湯シャン初期は、まだ常在菌環境も整っていなく、皮脂腺も肥大化していません。
なので、いきなり湯シャンに入ると臭いや茶色い汚れ(皮脂の酸化)に悩まされます。
皮脂が酸化したままだと頭皮を傷つけることがあるので、適度にシャンプーを薄めて使いながら湯シャンに入るのがよいでしょう。

小麦粉シャンプーや米のとぎ汁を使うと頭皮への負担をなくすことができます。
また、基本のブラッシングや手ぬぐいで丁寧に髪を拭うのも忘れないで頂きたいです。
初期のうちは、湯の温度も高め(40~42℃くらい)を推奨します。

湯シャンのベテランでも臭いが発生

さて、ここまで湯シャン初期の臭いや茶色い汚れの原因を書いてきましたが、最近は、湯シャンのベテランさんでも臭いや皮脂の酸化などに見舞われる例を聞きます。

湯シャンを長くやっていると慣れてしまいます。

常在菌環境も安定し、皮脂腺も落ち着いてきて楽になる頃です。

こんな時、ブラッシングを省くとか、湯シャン自体も雑になることがあります。

1日、2日くらいだったらよいでしょう。
でもこれが2日、3日、・・・7日と重なっていくと、汚れや臭いの原因となります。

また、冬場は汗をかかないので、1日くらい湯シャンをサボってもいいと思いがちですが、皮脂、常在菌の入れ替えのためにも毎日湯シャンを行いたいものです。

気づいたら早めに丁寧な湯シャンを

湯シャンベテランさんが汚れや臭いに気付いたら、早めに丁寧な湯シャンをされることをお勧めします。
・基本のブラッシングはお忘れなく
・湯船に浸かる前に湯シャン
・湯船で温もる
・お風呂から上がる前にもう一度湯シャン

一旦湯シャンで頭皮が落ち着いた経験のある人なら、しばらくたつとまた快適な湯シャンに戻れるかと思います。
しかしまた快適な湯シャンに戻っても、できるだけ丁寧に湯シャンしましょう。

なかなか快適な頃に戻れないのであれば、小麦粉シャンプーか米のとぎ汁を使うのもアリです。
食物アレルギーの方はガスールがおすすめですが、バシバシすることもあるのでなるべく少量かつ頻度は少なめにしましょう。

scalp2
ちなみに、湯シャン以外の時は、手で頭皮を触らないように気を付けてください。
フケや炎症の原因となります。




関連記事

髪や頭皮のべたつき原因と対策

シャンプーでは改善できない 髪と頭皮のべたつきは、シャンプーでは改善することはできません。

記事を読む

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多くは、ベタつきだったり、臭いだ

記事を読む

リンスやトリートメントは肌荒れの原因

リンスやトリートメントは陽イオン界面活性剤で、シャンプー以上に肌や頭皮にダメージを与えます。 その

記事を読む

湯シャンで白髪対策はできる?

早速結論ですが、湯シャンで白髪を防いだり、改善することはできません。 なぜなら、白髪は加齢や遺伝も

記事を読む

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

湯シャンのコツ

湯シャンをはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 湯シャンのコツは、洗髪前のブ

記事を読む

湯シャンの髪パサつき対策

リンス、トリートメントをお使いの方が、湯シャンに入るとパサつきやゴワつきに見舞われることがあります。

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

湯シャンで髪が増えた60代

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

頭皮が荒れている場合のフケ対策

シャンプーをするとシャンプー液の成分が髪をコーティングし、滑りをよくするからフケが髪に留まりにくくな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

入浴後に肌荒れが起こる原因

入浴後に顔に赤みや乾燥などの肌荒れが起こる原因は以下のことが考えられま

2日間のプチ断食後の肌

最近、2日間だけ断食してみました。 方法は、2日間何も食べず水だけ。

歯の健康と肌の健康の関係

肌断食と湯シャンを行うと肌へのダメージを抑えることができます。 手で

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせが

かかとのひび割れ原因と対策

かかとのひび割れやガサガサは、特に寒い季節に発生しやすい傾向があります

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑