*

湯シャンで髪が増えた60代

公開日: : 最終更新日:2020/09/28 湯シャン(湯だけの洗髪)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。
もちろん水洗顔も行っています。

湯シャンを始める前は、頭皮が見えていた母。
薄毛だな~歳だな~などと言っていたのですが、湯シャンを始めてだんだんと髪が回復してきました。

と言っても母は完全な湯シャンではなく、週に1回シャンプーを少量使う無理のない湯シャンをしております。
水洗顔も、月に3回くらいは石けんを使う無理のない水洗顔です。

湯シャン半年くらいたった頃も大分よくなっていたのですが、やはり毛の生え替わりサイクルのためか現在以前の毛よりしっかりした毛が生えています。

毛の生え替わりサイクルとは?

毛の生え替わりサイクルとは、古い毛が抜けて、新しい毛に生え替わるサイクル。
頭皮が回復した際に、新しい毛をはやそうとするため、古い毛がゴソッと抜ける場合もあります。

母 「ほら!こんなに髪が!もうすっかり回復したわ!
いかにシャンプーやリンスが頭皮や髪に悪いってことだね」

私 「頭皮や肌が弱い人は、頻繁に使ったり、大量に使うと荒れる場合があるから要注意だね」

シャンプー、リンス等は使いすぎ、使い方に注意!

シャンプーやリンスのメーカーさんも、お客様の頭皮や髪を減らそうとして作っているわけではありません。
肌や頭皮が健康な状態の人が、洗浄効果と感触を楽しむものとして製造されています。

ただ、多くの人が使い方を間違えていて薄毛やダメージヘアという事態を引き起こしています。

1.シャンプーのすすぎが不十分。
2.リンスやトリートメントの感触が残るようにすすぎを控える。
3.毎日大量のシャンプー液をつけてもくもく洗う。
4.1日に複数回シャンプーをする、2度シャン。

こういったことが重なって薄毛を引き起こしていきます。

特に2番の方が多く、若い女性の薄毛が増えています。

肌や頭皮が弱く荒れやすい人は、極力湯シャン。
肌や頭皮が強く荒れにくい人、髪が多い人であっても、使用には気を付けたいものです。

why
それは、使う量・使う頻度・使い方に問題があるのです。




関連記事

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

頭皮が荒れている場合のフケ対策

シャンプーをするとシャンプー液の成分が髪をコーティングし、滑りをよくするからフケが髪に留まりにくくな

記事を読む

湯シャンで白髪対策はできる?

早速結論ですが、湯シャンで白髪を防いだり、改善することはできません。 なぜなら、白髪は加齢や遺伝も

記事を読む

no image

湯シャン後の髪の乾かし方

湯シャンを始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる

記事を読む

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多くは、ベタつきだったり、臭いだ

記事を読む

リンスやトリートメントは肌荒れの原因

リンスやトリートメントは陽イオン界面活性剤で、シャンプー以上に肌や頭皮にダメージを与えます。 その

記事を読む

獣毛ブラシのお手入れ

湯シャンは肌荒れの改善や頭皮荒れの改善に効果的。 そしてその湯シャンに便利なのが獣毛ブラシ。

記事を読む

湯シャンのべたつき対策

暑い日や湿気の多い日は、湯シャンを長期間続けている人でもベタつきが気になることがあります。 そこで

記事を読む

湯シャン初期のフケとベタつき対策

湯シャン初期はフケ・ベタつきに悩まされます。 まず、行う対策としては、湯シャン直前に獣毛ブラシ

記事を読む

湯シャンのコツ

湯シャンをはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 湯シャンのコツは、洗髪前のブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

入浴後に肌荒れが起こる原因

入浴後に顔に赤みや乾燥などの肌荒れが起こる原因は以下のことが考えられま

2日間のプチ断食後の肌

最近、2日間だけ断食してみました。 方法は、2日間何も食べず水だけ。

歯の健康と肌の健康の関係

肌断食と湯シャンを行うと肌へのダメージを抑えることができます。 手で

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせが

かかとのひび割れ原因と対策

かかとのひび割れやガサガサは、特に寒い季節に発生しやすい傾向があります

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑