*

湯シャン後のリンス・トリートメントはNG?

公開日: : 最終更新日:2018/05/22 湯シャン(湯だけの洗髪)

日曜日、母がお風呂からあがってきました。

ああ、いい湯だった。
湯シャンだけだから、早いよ。早い。
ラクチン♪ラクチン♪

サッと湯シャンしただけ。
そして湯シャンの後、リンスしたよ。

え?おいおい!
湯シャンの意味ないじゃないか!
と、内心でツッコミ。

う~む。母に言おうか、言うまいか。
迷った結果、一言。

リンスやトリートメントはね、シャンプーよりもダメージが大きいから気をつけてね。

母はビックリしました。
肌や頭皮に悪いのは分かっていたようですが、シャンプー以上だとは思わなかったようです。
(かといって、シャンプーも肌や頭皮にダメージとなることは変わりませんので気をつけましょう)

母親 「いや~、クシ通りがよくなるかなあと思って使ったんだけど、やっぱりまずかったか」

湯シャンにリンス、トリートメントは不要

ここで、買ってしまったからもったいないから使うという方もいらっしゃいますが、肌や頭皮のためには、そして肌荒れを改善したいなら使わない方がよいでしょう。

くりかえしますが、リンスやトリートメントは、シャンプー以上に髪や頭皮、肌にとってダメージとなりますから。

エコ肌にもよく、「湯シャン トリートメント」で検索をかけて来られる方がいらっしゃいます。

湯シャンをしていてもトリートメントをしていれば、肌や頭皮にダメージとなりますので、ご注意下さい。
湯シャンをしていれば、必要以上に皮脂を取りませんので、リンス・トリートメントがなくても大丈夫です。

髪が傷んでいてどうしてもトリートメントがほしいという場合は、ワセリンをうすくつける、もしくはグリセリンを好みの濃さにして使われるとよいでしょう。

髪が肌に触れなかったら、お好みのピュアオイルもよいでしょう。

もちろん何も使わないに越したことはありません。

獣毛ブラシでしっかりブラッシングしてケアするのもよいですね!



関連記事

毛穴のつまり、毛穴の汚れ、ホント?!

育毛サロンや美容サロンに行くと毛穴のつまりや毛穴の汚れを指摘されたという方が多い。 また、ヘアケア

記事を読む

no image

湯シャンをはじめて髪がきしむのは

湯シャンを始めて、しばらくは髪がきしむ方が多いようですね。 きしみはこれまで使っていたシャンプーや

記事を読む

no image

湯シャン後の髪の乾かし方

湯シャンを始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる

記事を読む

頭皮が荒れている場合のフケ対策

シャンプーをするとシャンプー液の成分が髪をコーティングし、滑りをよくするからフケが髪に留まりにくくな

記事を読む

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

湯シャンで毛の太さが均等に

皆さんは、自分の髪の毛をまじまじと眺めたことはありますか? 私はよくあります。 シャンプ

記事を読む

湯シャンで白髪は改善する?

時々、湯シャンで白髪は改善しますか?という質問をいただきます。 結論から言いますが、湯シャンだ

記事を読む

湯シャンで髪と頭皮をきれいに洗う

湯シャンは、肌荒れの予防にとても役立つ美容法。 頭皮にもダメージを与えず、髪もしなやかになります。

記事を読む

no image

湯シャンでくせ毛がなおる?

湯シャンを始めて1年以上。 すっかり私の髪はストレートヘアになりました。 以前はものすごいく

記事を読む

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャンでは抜け毛が増えて髪の毛は増

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑