*

毛穴のつまり、毛穴の汚れ、ホント?!

公開日: : 湯シャン(湯だけの洗髪)

育毛サロンや美容サロンに行くと毛穴のつまりや毛穴の汚れを指摘されたという方が多い。
また、ヘアケア商品やスキンケア商品の宣伝文句でもよく使われています。

しかし空調設備が整っている日本で実際に毛穴がつまっているケースは少ない。
しかも多くの人がシャンプーやスキンケア製品をドバドバ使っています。

それでも薄毛や肌荒れが多いのはなぜでしょうか?

答えは「界面活性剤の使いすぎ」です。
多くの人は清潔にしすぎて肌のバリア機能を壊したり、肌を守ってくれる常在菌環境を乱しています。

逆に未開の地の人々はシャンプーも何もありません。
それでも薄毛や肌荒れはあまり見ませんね。

常在菌が彼らの頭皮や肌を守ってくれているからです。

このように健康な肌や頭皮であれば、湯だけで汚れは落ちます。
毛穴がつまるということはありませんし、湯だけで落としきれない毛穴の汚れは常在菌が処理してくれます。

毛穴のつまりよりも常在菌環境を整える

問題なのは、すでにシャンプーやスキンケア製品の使いすぎで常在菌環境が乱れてしまっている場合です。

また、洗いすぎて皮脂を取りすぎると頭皮や肌がより皮脂が必要だと判断し、より多く皮脂が分泌されるようになり、悪循環になっています。

この場合は、界面活性剤を控えることで徐々に常在菌環境を取り戻していく必要があります。

そうはいってもイキナリ界面活性剤をやめても常在菌機能が不全の頭皮や肌は汚れを落としきれなかったり、皮脂(正確には皮脂を分解した後のもの)を分解しきれなかったりで臭いやフケの原因になります。

臭いやフケにも耐えられる!という人はそのまま湯シャンを続けていけば半年くらいで落ち着いてくるのですが、多くの人は働いていたりするのでそれは難しいでしょう。

そこで完全湯シャンに入る前は、シャンプーを1日おきにする、それに慣れたら2日おき、3日おき・・・と徐々にシャンプーの頻度を減らしていくという方法があります。

リンスやトリートメントをお使いの方は、シャンプーだけの方より常在菌環境が悪化しているのでゆっくりがよいでしょう。
髪がパサつく場合は、ホホバ油やワセリンでカバーするとよいでしょう。

段階的に入ることで挫折を防止することができます。

湯シャン補助を上手に利用しよう

シャンプーが3~4日おきくらいになってくると湯シャン補助に替えてもよいでしょう。

エコ肌・もち肌で推奨しているのは、小麦粉シャンプーととれるNo.1です。

小麦粉シャンプーは小麦粉と水をドロドロに溶いたもので電子レンジで簡単に作れます。
お好みの濃度にするとよいでしょう。
しっとりとした感触が好みの方におススメです。
※小麦粉アレルギーの方は避けてください。

もうひとつは「とれるNo.1」の粉末の方。
原料は、米ぬか、麦ぬか(フスマ)、微生物だけ。
シンプルな処方構成で頭皮や肌に負担をかけません。

粉末の方を推奨した理由は、使う量によって洗浄力が調整できるからです。
ベタつきがひどいときは多めに使うとよいかと思います。

また、とれるNo.1は、肌断食で陥りやすい角栓(ある意味毛穴のつまり)の除去にも便利です。

泡立てネットで泡立てて使うとよいでしょう。
角栓が取れにくい場合は、とれるNo.1粉末をドロドロに溶いてから使うとより汚れの吸着力が高くなります。

角栓は放置しておいても問題ないという意見もありますが、肌表面がザラザラだと不快感がありますし、化粧ノリもよくないですね。

スキンケア商品をお使いの方へ

化粧品やスキンケア商品は高いほどいいと思っている人が結構いらっしゃいますが、高ければいいというものではありません。

また、有効成分が多く配合されている、よい成分が多くの種類配合されているなどの商品が見受けられますが、有効成分だからと言って自分の肌や頭皮にも合うというワケではありません。
自分の肌や頭皮に必要のない成分が入っていると返って肌や頭皮に負担をかけてしまいます。

スキンケア商品をお使いの場合、大切なのは、自分の肌や頭皮の防御力に適した商品を選び、肌や頭皮になるべくダメージがかからない使い方をすることです。

この商品さえ使えばとかそういった魔法の商品はありません。



関連記事

湯シャン後、髪は乾かした方がいい?

冬は体が冷えやすいから、少しでも冷える要素を減らしたいところ。 湯シャン後の髪を乾かすのもその

記事を読む

no image

髪のベタつきにとれるNo.1または小麦粉シャンプー

暑い日や湿気の多い日は、湯シャンを長期間続けている人でもベタつきが気になることがあるようです。

記事を読む

湯シャンのベタつき対策(とれる編)

湯シャンの補助に、とれるNo.1を使うと髪のベタつきが大分おさまります。 とれるNo.1のスプ

記事を読む

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。 お年寄りのように皮脂が少ない

記事を読む

湯シャン1年半以上の頭皮と髪

湯シャンを1年半以上続けております。 1ヶ月前にシャンプーを使っていた頃の髪、カラーをしていた

記事を読む

湯シャンで髪が増えた(69歳)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

湯シャン:ブラシにつく白い粉

湯シャンに獣毛ブラシはつきもの。 獣毛ブラシでブラッシングすることで、髪に付着した汚れ(埃など)を

記事を読む

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。 白髪の原因

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑