*

湯シャン:ブラシや手につく白い粉

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンを始めて間もなくして気になってくるのが、ブラシや手につく白い粉。

・手櫛で髪をとかしたら、白い粉が指についた。
・手櫛でときながらドライヤーで髪を乾かしたら指が白っぽくなった。
・獣毛ブラシが白くなる。

湯シャンを実践されている方は、多くの方が経験があるのではないでしょうか。

実際、私も経験があります。

湯シャン初期だけでなく、現在も時々あります。

どういう時かというと、大抵、湯シャン、手を抜いた時。
ブラッシングが不十分だったり、ササッと洗って終わりにした時など。
やっぱり湯シャンは丁寧にすると随分違いますね。

ブラシの白い粉の正体は皮脂や角質

話は戻って、手櫛で指につく白い粉やブラシにつく白い粉。
これは、皮脂や角質。
湯シャンで汚れが十分にとれていないワケではないのでご安心下さい。

シャンプーを使っているときは、界面活性剤や感触剤が髪をコーティングするので、ゴミがつきにくくなります。
また、シャンプーで必要な皮脂も根こそぎ洗い流されてしまいますし、シャンプーのコーティングで角質やゴミもツルッと落ちてしまいます。

それが湯シャンになると、上記のようなシャンプーによるコーティングはなくなります。
今度は自分の皮脂が髪をコーティングする番です。
自分の皮脂が髪をコーティングするので、どうしても手櫛で手指が白っぽくなったり、獣毛ブラシが白っぽくなります。
また自前の皮脂だと髪や頭皮にはよく、薄毛にもなりにくいのですが、ゴミがつきやすいというデメリットもあり、獣毛ブラシでのこまめなブラッシングが必要です。

気になる方は、獣毛ブラシでのブラッシングを多めにしたり、湯シャン時に髪を小分けに分けて綿手袋や手ぬぐいで髪を拭うとよいでしょう。

皮脂のリンスが髪をコーティングしてくれています

ちなみに私は現在、湯シャン2年以上。
ベタつきもニオイもないので、手ぬぐいや綿手袋は使っていません。
髪がぱさつかず、しっとりした感じです。
(湯シャン初期のねっとりではありませんよ!)
ヘアケア剤を使わず自然な皮脂で髪をコーティングしています。
今では、ビニールのような髪でなくしっかりした髪になっています。

なお、急にシャンプーをやめて湯シャンに入ると、コーティングするものがなくなり、すでに根こそぎ取られていた皮脂も徐々にしか回復しないので、一定期間パサツキやゴワつきに悩まされることがありますが、頭皮が回復してくると新しく出てくる毛がきれいな毛になります。
傷んでいる毛は切って、若い毛を育てるとよいでしょう。

余談:獣毛ブラシを使って2年以上。
そろそろ傷んでいきました。
獣毛ブラシは傷んだら買い換えるとよいでしょう。
(大体は1年なのですが、貧乏性なので2年持ちました)
→獣毛ブラシに関してはこちらをご参照くださいませ。



関連記事

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

湯シャン失敗例

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。 湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワ

記事を読む

湯シャンで毛の太さが均等に

皆さんは、自分の髪の毛をまじまじと眺めたことはありますか? 私はよくあります。 シャンプ

記事を読む

no image

湯シャンは水がもったいない?

湯シャンは湯だけを使って3~5分くらいかけて丁寧に洗髪します。 (湯船で温まった後の湯シャンは2~

記事を読む

湯シャンで髪と頭皮をきれいに洗う

湯シャンは、肌荒れの予防にとても役立つ美容法。 頭皮にもダメージを与えず、髪もしなやかになります。

記事を読む

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

no image

湯シャン:頭を掻くとフケだらけに

このブログやエコ肌をお読みの方、湯シャン愛好家の方はすでにお気づきだと思いますが、頭をボリボリ掻くと

記事を読む

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白髪染めを月に1回くらいのペース

記事を読む

no image

湯シャン挫折防止のためのまとめ

せっかく湯シャンをはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 今日は、湯シャンのコ

記事を読む

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑