*

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 手荒れ, 肌荒れ

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。

なぜなら、ワセリンは、肌に影響しない鉱物油だからです。

ハンドクリームなどは、界面活性剤や余計な成分が入っていて返って肌をいためることになります。
塗っているうちはベタベタして乾燥が治った感じがしますが、ハンドクリームを落としてしまえば、カサつきはそのままです。
ハンドクリームで手のカサつきが改善することはありません。

ホホバ油、馬油、ココナッツオイルなどの天然油も人気ですが、時間がたつと酸化して細胞を傷つけてしまいます。

しつこいようですが、肌に影響を与えないのはワセリン。
カサつきが気になるようであれば、ワセリンをうす~く塗ってごまかしましょう。

ただ、ワセリンだけでは乾燥は改善しません。
ワセリンはあくまで角質をつなぎとめ、ごまかしておくもの。
大切なのは、カサつきの原因となるものを徹底排除することです。

1.洗い物をする時、素手で洗っていませんか?
→ゴム手袋をして洗いましょう。
また、米ぬかと微生物でできた洗剤、「とれるNo.1」を使うのも1つの手です。

2.手足を冷やしていませんか?
→カサつきは冷えも原因です。
手が冷えれば手のカサつきに、足が冷えればかかとのひび割れ。
手が冷えていると感じたら手袋を、足が冷えていると感じたら、ソックスの重ね履きやルームシューズがよいでしょう。
筆者はこの方法で踵のひび割れを改善しました。

3.2時間おきにビタミンCを取る。
→ストレスによるカサつき、ニキビなどの肌トラブルを予防します。
筆者はこの方法で、口周りのかさつきを改善しました。

いかがでしょうか。
カサついているな、と思われたら、ワセリンでカサついた箇所の角質をつなぎとめながら、肌のカサつきの素となっているもの(洗剤や冷えなど)を回避していくのが早道です。



関連記事

手の乾燥、ささくれなどの手荒れ対策

手が乾燥したり、ささくれたりする手荒れの原因は様々です。 寒い季節は湯を使う機会が増えて皮脂が

記事を読む

何もつけない美肌術

10月10日、非接触皮膚科学で有名な牛田先生が、「何もつけない美肌術」という本を出されました。

記事を読む

no image

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

洗い流さないトリートメントに注意!

このところ、「洗い流さないトリートメント ニキビ」で検索をかけてこられる方がいらっしゃいます。

記事を読む

唇のカサつきはワセリンを

湯シャン、水洗顔、肌断食で肌が改善した。 でも、唇のカサつきがなかなか改善しない。 もしくは、唇

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

紫外線アレルギーに注意!

紫外線が強くなってきた5月。 この頃から紫外線アレルギーの方がチラホラと出てきます。 紫外線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑