*

頬ずりで肌荒れする場合の対策

公開日: : 最終更新日:2020/09/28 肌荒れ, 肌の赤み

弱い肌は頬ずりされても赤みやブツなど肌荒れを起こすことがあります。

頬ずりした相手が洗顔フォームや石鹸を使っていたり、シェイビングフォームを使っていると肌荒れの確率は高まります。

また、男性との頬ずりだと、微妙に飛び出たあごひげが物理的ダメージとなり、赤みなどが発生することがあります。

とは言っても、大切な人とのスキンシップは至福の時。
気兼ねなくスキンシップを楽しみたいですよね。

頬ずりによる肌荒れの対策

・日頃から肌を整えておく
体調管理やストレス管理を行い、肌の調子を整えておきましょう。

また、ピーリング液による過剰なピーリングは肌を薄くし、バリア機能を下げてしまいます。
取れにくい角栓もまだ肌に必要なものなのでそのままにしておきましょう。

肌断食がよいのですが、米のとぎ汁洗顔米粉洗顔などで肌の保湿力を高めるものもよいでしょう。
保湿力が高まると、肌のバリア機能も高まります。

肌のバリア機能を高めると、頬ずりのダメージをゼロにはできなくても、軽減することが可能です。

ただし、非接触生活では食べ物を肌につけるのは不安定とされています。
実践の際は、目や鼻に入らないように気を付けて、肌の様子を見ながら行いましょう。

・顔を手で触らない
顔を手で触ったり、こすったりすると、肌に必要な角質がはがれてしまいます。

また、ダメージを受けた肌が赤みを帯びたり、その部分の角質を厚くしたり、皮脂の分泌が多くなることがあります。

せめて顔を触るダメージだけでも減らしたいですね。

・ワセリンをつける
頬ずりされそうだと予測がつく場合は、ワセリンを薄くつけておくとよいでしょう。
頬ずりのダメージをゼロにはできなくても、軽減することが可能です。
ワセリン+パウダーファンデもよいかと思います。

実際に頬ずりされた肌

さてさて私も頬ずりされることがありますが、その時はダメージを受けても一晩寝ると回復しています。
頬ずりの翌日の肌。
20131223_center
正面。赤みも湿疹もなく正常です。

20131223_rigt
頬ずり直後は皮むけした右側の頬。
今はもう落ち着いています。

20131223_left
左側の頬。こちらも落ち着いています。

ちなみに、頬ずり直後、お風呂に入って1時間後・・・
特にピリピリ感もなく赤みも出ませんでした。
肌が傷んでいると、ピリピリしたり、赤みが出ることがあります。

日頃から肌を整えておくと、いざ頬ずりされても反応を抑えることができるようです。

というわけで、大切な人とのスキンシップを楽しみつつも、肌へのダメージを抑える工夫をされるとよいかと思います。




関連記事

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

糖分を控えるとニキビや肌荒れは改善する?

結論から言えば、糖分を控えることで、ニキビや肌荒れが改善する人もしない人もいらっしゃいます。

記事を読む

冬は乾燥の季節?

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。 しかし非接触によると、冬の空

記事を読む

赤ら顔やほてりの原因と対策

のぼせ・ほてりはホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また、寒い時

記事を読む

毛穴の黒ずみ・肌の赤みはティッシュに注意!

肌がひどく弱っているとちょっとした刺激でも反応してしまいます。 化粧品はもちろん、顔を触るだけ

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

肌が乾燥する原因と対策

大分暖かくなってきましたね。 桜も咲き始め、春を感じております。 ところで春になると肌が乾燥

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

角質を取りすぎると肌の防御力が低下

市場には角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角質

記事を読む

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これまでこんなに乾燥することはなか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑