*

口周りの肌荒れ原因と対策

公開日: : 最終更新日:2020/09/25 肌の記録, 肌の赤み

肌断食1~2年くらいは口周りだけ肌荒れを起こすことがよくありました。
額や頬は改善して安定しているのになぜ口の周りだけなのか戸惑ったことがあります。

20141030_center
こんな感じで口周りだけが荒れていました。
主に乾燥と赤みです。

口周りの肌荒れの原因

口周りの肌荒れの原因は大きく分けて2つあります。

肌へのダメージ

1つは口の周りに肌にダメージとなるものが付着している事です。
これはスキンケア製品だけでなく、食べ物や歯磨き粉なども含まれます。

肌が弱いと口に食べ物がついただけで荒れることがあります。
また、歯磨き粉が口の周りにつくと荒れることがあります。

ストレス

もう1つはストレスです。
ストレスを受けると血中に活性酸素が増え、それを中和するのに多くのビタミンCが消耗されます。

コラーゲンやエラスチンの生成に必要なビタミンCが不足すると肌が乾燥しやすくなります。
肌が乾燥するとバリア機能が低下し、ちょっとした刺激で荒れやすくなります。

口周りの肌荒れの対策

・食事時に口周りに食べ物がつかないようにする
・口周りを触らない
・休息を取る
・胃腸にやさしい食べ物を心がける。
・ビタミンCを数時間おきに取る

食事時にたくさん食べ物を頬張る癖があったり、早食い癖があると口の周りに食べ物がつきやすいので、ゆっくりよく噛んで食べたいですね。
また、ゆっくりよく噛んで食べることはたるみ対策にもなります。

肌荒れの改善には「顔を触らない」ことが重要です。
口周りももちろん触らないように心がけましょう。

また、休息とバランスのよい食事も必要です。
口周りが荒れるほど疲れている場合は、消化にいいものを食べてゆっくり休みましょう
そうすることで肌のバリア機能も回復していきます。

ビタミンCを数時間おきに取る

最後にこれが最も効果的だったのですが、ビタミンCを数時間おきに取るとストレス対策ができます。
血中の活性酸素を中和するのに消費されたビタミンCを補ってあげるのです。
そうすれば肌に必要なコラーゲンやエラスチンの生成にも行き届くようになります。

ビタミンCサプリでもよいのですが、私はかぼちゃを1日4~6切れを3食に分けて食べています。
このように毎日数時間おきにビタミンCを取るようになって口周りの肌荒れが改善しました。

なお、口周りの肌荒れに乾燥がある場合は、鶏もも肉などタンパク質と脂質を含んだものを取るのもよいでしょう。
バランスよく食事を取ることで肌が回復しやすくなります。

スキンケアはどうする?

肌断食をされているなら特に何もする必要はありません。
ただ、乾燥を伴っている場合は、ワセリンを薄くつけておくとよいでしょう。

また、米のとぎ汁洗顔は、汚れを落とすだけでなく、グルコシルセラミドにより、肌表面の水分が逃げるのを防ぎます
肌の保湿力を高め、バリア機能を高めるので、口周りの乾燥対策におすすめです。

毎日の水洗顔の代わりに米のとぎ汁洗顔を行なうのもよいでしょう。
米のとぎ汁がないときは米粉洗顔を行なうとよいでしょう。

※米アレルギーの人は行なわないで下さい。
※目や鼻に入らないように実践しましょう。

※非接触生活では食べ物を肌につけるのは不安定とされています。

保存は、常温では1日、冷蔵庫なら3日くらいで使い切った方が無難です。
少しでも肌に異常が出たら実践を中止して下さいね。




関連記事

肌断食1年2ヶ月経過

肌断食の経過報告です。 1年2ヶ月続けることができました。 赤みもニキビもテカリもなく快適です♪

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

肌断食7年半経過

肌断食と湯シャンを実践して7年半を過ぎました。 あと4ヶ月で8年になります。 そんな私ももう41

記事を読む

レモンのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。 始めた頃は髪や肌に変化が見ら

記事を読む

糖分を控えるとニキビや肌荒れは改善する?

結論から言えば、糖分を控えることで、ニキビや肌荒れが改善する人もしない人もいらっしゃいます。

記事を読む

入浴後に顔に赤みが出る

湯船の温かいお湯につかって温もると顔が赤くなるのは自然です。 血行がよくなって顔が赤くなります。

記事を読む

肌断食と湯シャン1年経過

肌断食と湯シャンを続けて1年が経過しました。 行ったことは以下のとおり。 おこなった肌断食 ・

記事を読む

肌断食によるシミ改善経過

肌断食を実践して8年近く経過しました。 子どものころからあるシミもこんなに改善しました。

記事を読む

角質培養1ヶ月経過

米のとぎ汁で角質培養を始めて1ヶ月を経過しました。 見た目は2週間時点と大差ないのですが、手触りが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

角質培養と肌断食で毛穴が小さくなった経過写真

先日、42歳の誕生日を迎えました。 ありがたいことに42歳でもシミや

40代の角質培養3ヶ月経過

米のとぎ汁による角質培養3ヶ月経過しました。 洗顔は、米のとぎ汁

乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の原因は、空気の乾燥と思われていますが、実は空気の乾燥と肌の乾燥

肌断食8年経過してキメに変化

先日、肌断食8年を経過しました。 肌の状態としては、パッと見て最近の

角質培養1ヶ月経過

米のとぎ汁で角質培養を始めて1ヶ月を経過しました。 見た目は2週間時

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑