*

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 肌荒れ, 肌の赤み

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあります。

トレチノインとハイドロキノンはめっちゃ劇薬。
肌はピリピリするし、顔が赤みもぐれになってしまいます。

というのも、トレチノインで現在の肌の皮を剥いでいく。
そこにハイドロキノン(漂白)を塗りこんでシミを漂白していく。
といったような美容法だから。

使っているときは、こんなにひどい顔(湿疹やニキビと赤み、皮むけの嵐)だけど、新しい皮膚に生まれ変わればきっと良くなると信じてやみませんでした。
結果、一時的にシミが薄くなったのはいいのですが、肌への刺激が強すぎて新たなシミを作ってしまったようです。
当時の肌を見て、職場の人は慌てふためき、すごく心配してくれたことがあります。
特にクマさん先生(エコ肌生活記に登場)はかなり心配していました。
(この肌荒れもあって、化粧品は使うななどと言われたのだと思います)

トレチノインとハイドロキノンが悪いとは言いません。
事実、医師のもとでちゃんとした使い方をして肌を改善された方もいるのですから。
しかし、こういった劇薬は素人判断で使うとイタイ目にあうことを思い知ったのです。
(肌が元に戻った時にシミが増えたことに気づきました)

そして時が過ぎ、湯シャン・水洗顔・肌断食を実践しました。
湯シャン・水洗顔・肌断食を実践すること、肌に刺激となるものを触れさせないことでシミも薄くなっていきました。

シミは、肌がいたんでいるからできるもの。
しかし、肌をいためるものがなくなれば、自然とシミは消えていきます。

2016年3月追記:
湯シャンや水洗顔をすること3年以上。
今はもう、トレチノインとハイドロキノンの失敗でできたシミはすっかり改善しました。



関連記事

軽いやけどに湿潤療法

昨日、餃子を蒸していたら、蒸気で軽い火傷しちゃいました。 症状は軽く、ちょっと赤いくらいだった

記事を読む

no image

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

生理中のお尻かぶれ

先日、地球洗い隊さんに注文した布ナプキンが届きました。 今までの布ナプキンは2つを2年以上敵の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑