*

肌に優しいお風呂の洗剤

公開日: : 最終更新日:2020/09/14 肌の記録, 肌荒れ

お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌剤)が残っていると、残留した洗剤が肌に付着し、肌荒れの原因になることがあります。
慢性的にニキビや赤みが出やすい人、乾燥しやすい人は肌に優しいお風呂の洗剤を使う必要があります。
お風呂の後に肌荒れを起こす人は、残留しないお風呂の洗剤を使ってみましょう。

米のとぎ汁または米粉

米のとぎ汁や米粉は細かな粒子で皮脂汚れなどを落としてくれます。
1回よりも2回、2回よりも3回と使用回数が増えるほどピカピカになります。

米のとぎ汁や米粉は肌にダメージとなるどころか、保湿成分まで含まれています。
私は、洗顔に使った湯を入浴に、入浴に使った湯を洗髪に、そして最後に浴室掃除に米のとぎ汁を使っております。
米のとぎ汁、米粉ともにアクリルたわしに含ませて使っております。

皮脂汚れがひどいときは小麦粉の方がよく落ちますが、小麦粉アレルギーの人は直接触れないように気を付けましょう。
小麦粉もアクリルたわしにつけて使います。

いずれも肌荒れ、手荒れの心配もなく、残留の心配もないお風呂の洗剤になります。

とれるNo.1

アクリルたわしと小麦粉で浴槽や床を洗うと皮脂汚れがとれやすい。
洗面器や蛇口などの皮脂汚れにも適しています。

小麦粉や米粉は獣毛ブラシの洗浄にも役立ちます。

ただ、小麦粉や米粉は洗浄力がおだやかです。
小麦粉とアクリルたわしだけで落ちないしつこい皮脂汚れはとれるNo.1を使うとよいでしょう。

とれるNo.1は、米ぬかと小麦フスマ、大豆、微生物でできています。
微生物の界面活性剤なので肌にやさしく、残留しにくいのが特長です。

また、排水のお掃除にもなります。
とれるNo.1で洗うと排水口のぬめりが発生しにくいです。

カラリ床ブラシも便利

最近のマンションの床は、乾燥に便利なカラリ床のことがよくあります。
私のマンションもカラリ床で凸凹した質感。

こんな床にはカラリ床ブラシが活躍。

洗剤も何もつけずにブラシがけするので床にお風呂の洗剤が残留することもありません。
皮脂汚れや黒ずみが気になる時はとれるNo.1をまぶしてブラシがけするときれいに取れます。

カビにはメラミンスポンジ

お風呂の壁や天井にはカビが発生しやすい。
このまま浴室を使用すると肌にも健康にもよくありません。

そこでメラミンスポンジでカビが生えた部分をこすると力を入れなくてもきれいに落ちます。
洗剤で落ちにくい汚れもメラミンスポンジで落ちることがあるので試してみましょう。




関連記事

肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミは改善しますか? という質問を頂くことがあります。 肌断食だけでは、シミの改善は

記事を読む

糖分を控えるとニキビや肌荒れは改善する?

結論から言えば、糖分を控えることで、ニキビや肌荒れが改善する人もしない人もいらっしゃいます。

記事を読む

ニキビと顔の湿疹原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

角質を取りすぎると肌の防御力が低下

市場には角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角質

記事を読む

40代の角質培養2週間経過

米のとぎ汁洗顔ができるようになって角質培養を始めました。 肌断食歴7年以上の40代は現在2週間ほど

記事を読む

肌断食1年2ヶ月経過

肌断食の経過報告です。 1年2ヶ月続けることができました。 赤みもニキビもテカリもなく快適です♪

記事を読む

角質培養と肌断食で毛穴が小さくなった経過写真

先日、42歳の誕生日を迎えました。 ありがたいことに42歳でもシミやシワがなく、プリプリの肌を保っ

記事を読む

一重まぶたが二重まぶたになった経過と原因

42歳を過ぎてから、両目とも二重まぶたになりました。 41歳までは、片方が二重まぶたで、もう片

記事を読む

肌断食でアンチエイジングはできる?

結論から申し上げますが、肌断食だけではアンチエイジングはできません。 しみ、しわ、たるみ対策には、

記事を読む

冬の肌荒れ対策

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。 かさつき、ブツ、赤みなど。 中でも肌の乾燥は、空気の乾

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

入浴後に肌荒れが起こる原因

入浴後に顔に赤みや乾燥などの肌荒れが起こる原因は以下のことが考えられま

2日間のプチ断食後の肌

最近、2日間だけ断食してみました。 方法は、2日間何も食べず水だけ。

歯の健康と肌の健康の関係

肌断食と湯シャンを行うと肌へのダメージを抑えることができます。 手で

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせが

かかとのひび割れ原因と対策

かかとのひび割れやガサガサは、特に寒い季節に発生しやすい傾向があります

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑