*

口周りのニキビ・乾燥の原因

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 肌荒れ

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。
また、口周りにニキビが出る場合もあります。

私も以前は口周りにニキビができたり、口の周りが乾燥していました。

口周りニキビ・乾燥の原因

口周りが乾燥したり、口周りにニキビができる原因として以下のものが挙げられます。

・肌にダメージとなるものが口周りに付着した
(歯磨き粉、洗顔剤、化粧品など)
・ストレス
・マスク
・マフラー

歯磨き粉を使って歯を磨くときは、口の周りに歯磨き粉がつかないように気を付けましょう。
緑茶、紅茶、コーヒーなどのカフェインやワインなどを取られない場合は、歯磨き粉なしでも十分です。

それと意外と大きな原因はストレス。
特に冬は、汗をかかない季節の上、寒さのストレスを受けやすいので要注意。

防寒対策はしっかりしましょう。

ただ、その防寒対策もちょっと工夫が必要です。

・コートやフードのボアは顔に触れないようにしましょう
・マフラーや手袋、ニット帽等は2回洗って使いましょう。
・マスクはガーゼのマスクにし、洗ってから使いましょう。
・寝るときの毛布も2回の洗濯がベター。柔軟剤はNGです。
・タートルネックのセーターに柔軟剤はNG。あごニキビの原因に。

防寒具を洗う洗剤は、サウンドスタイルの中性洗剤がオススメです。

口周りニキビ・乾燥はストレスケアが重要

口周りのニキビや乾燥は日常のストレスによっても影響されやすいので、ストレス耐性の低い方は対策が必要です。

ストレスを受けると血中の活性酸素が増加し、それを中和するのにビタミンCの消費が速くなります。
すると肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などをつくるのに必要なビタミンCが足りないという事態が起きてしまいます。
そうなると、ハリやうるおいがなくなり、肌がカサつきやすくなってしまいます。

この対策としては、2~3時間おきにビタミンCを取るとよいでしょう。
※あける時間、必要摂取量は個人差があります。
様子を見ながら実践してください。
果物でも野菜でもサプリメントでも構いません。

ビタミンCは一度に大量を取り込めないので、2~3時間おきと時間を空けて少しずつ取ることがミソです。

家にいるときは食べ物でも問題ないのですが、仕事中などはサプリメントかビタミンC粉末をカプセルに入れたものが便利です。

後は、口の周りを触らない(顔自体触らない)、マスクやマフラーに気を付ければ対策としては十分です。



関連記事

毛穴を完全に見えなくしたい

こんな質問がありました。 湯シャン、水洗顔、肌断食で、毛穴を完全に見えなくできますか?

記事を読む

no image

マラセチア、脂漏性皮膚炎、診断があやふやな皮膚科

きちんとした検査もせず、いきなりマラセチア、脂漏性皮膚炎などと仮定し、強い薬を出されるケースがよく見

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出すると顔に汗をかくことが多いか

記事を読む

冬は乾燥の季節?

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。 しかし非接触によると、冬の空

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

肌荒れしないお風呂の洗剤

非接触皮膚科学や当サイトをお読みの方はご存知だと思いますが、お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑