*

毛穴の黒ずみ・肌の赤みはティッシュに注意!

公開日: : 肌荒れ, 肌の赤み

肌がひどく弱っているとちょっとした刺激でも反応してしまいます。

化粧品はもちろん、顔を触るだけでも赤みが出たり、ティッシュやナプキンでも赤みや毛穴の黒ずみが発生することがあります。

特に冬は、鼻水が出やすい季節。
さらに寒さで肌の防御力も低下しやすい季節です。

こんな時にティッシュで鼻をかむと、赤みや黒ずみ、皮むけなどが発生しやすい。
また、ティッシュやナプキンで口の周りを拭くのも、弱った肌に負担になり、口周りの乾燥や赤み等の原因になることがあります。

しかし日常生活でティッシュやナプキンがないのはとても不便です。
そこで代替品を紹介します。

無漂白ペーパーを使う

非接触生活では、ティッシュやナプキンの代わりに、無漂白ペーパーを使うことが推奨されています。
無漂白ペーパーは漂白剤など肌に刺激となるものが残留していないので、肌が弱い人にも安心して使えます。

ただ、無漂白ペーパーで強くこすると、摩擦で肌に赤みが出たり、皮むけすることがあるので力加減に注意です。

ハンカチを使う

もう1つの方法は、手拭き用のハンカチと鼻かみ用のハンカチを持っておくことです。
ハンカチは柔らかいので、肌触りもやさしく、摩擦によるダメージも起きにくい。

ただ、そのハンカチを柔軟剤や蛍光剤、漂白剤などが入った洗剤で洗っている場合は、逆に肌へのダメージが大きくなってしまいます。
肌着やハンカチは、柔軟剤・蛍光剤・漂白剤・抗菌剤の入っていない洗剤で洗うようにしましょう。

肌にとっておすすめなのは、サウンドスタイルの洗剤
衣類やハンカチに、肌に刺激となるものが残留しないので安心です。

デメリットは、大量生産ができない分、スーパーやドラッグストアに置いてあるものより少々値が張るところ。
なので、肌着やハンカチ、マスク、タオルなど直接肌に触れるものにだけ使うという手もあります。

(筆者は浴室掃除に使っているとれるNo.1で洗っています)

なお、マスクは綿生地のものを洗って使うと肌への負担を減らすことができます。
ただ、すすぎはしっかりと行う必要があります。




関連記事

口周りの肌荒れ原因と対策

肌断食1~2年くらいは口周りだけ肌荒れを起こすことがよくありました。 額や頬は改善して安定している

記事を読む

口周りのニキビと乾燥の原因

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。 また、口周りにニキビが出る場合もあります。 私

記事を読む

肌荒れの原因チェック項目

肌荒れの原因は複数あり、それぞれが絡み合って発症しています。 なので外からのケア(肌断食)だけでな

記事を読む

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。 よくある原因は、肌断食初期で肌

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

肌のカサつき原因と対策

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌に影

記事を読む

入浴後に顔に赤みが出る

湯船の温かいお湯につかって温もると顔が赤くなるのは自然です。 血行がよくなって顔が赤くなります。

記事を読む

トレチノインとハイドロキノン失敗談

肌断食を始める3年位前に、トレチノインとハイドロキノンを試したことがあります。 トレチノインと

記事を読む

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせがよくあります。 スマホは、使

記事を読む

頬ずりで肌荒れする場合の対策

弱い肌は頬ずりされても赤みやブツなど肌荒れを起こすことがあります。 頬ずりした相手が洗顔フォー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑