*

肌断食でビニール肌を改善するには

公開日: : 最終更新日:2018/04/30 肌の記録, 肌断食, 角質培養, 肌荒れ, 美肌の秘訣

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。

以前は、キメのないツルツルのビニール肌だったのですが、少しずつキメができてきてふっくらしてきました。

0033
↑湯だけの洗髪、水洗顔(水だけの洗顔)、肌断食(基礎化粧品なし)6ヶ月目のキメ。
洗顔の時、ハンカチで角栓をザラザラを落としていたので、まだキメはイマイチです。

hoo02
↑湯だけの洗髪、水洗顔(水だけの洗顔)、肌断食(基礎化粧品なし)12ヶ月目のキメ。
洗顔の時、こすらないこと、日常的にやたら肌を触らないこを心がけると、このように大分ちがってきました。
テカリ、炎症ともに大分改善して嬉しいです♪

上の写真のようにキメがないビニール肌の頃は年中テカリ、大変でした。
テカってベタつくと当然、肌は炎症を起こし、ニキビや湿疹もできやすくなってしまいます。
ビニール肌と言うのは表面の角質層がボロボロになり、肌の防御力が落ちている状態です。

このビニール肌の状態では、ちょっとした刺激でも肌に赤みが出たり反応しやすくなります。

肌のキメを整えて肌荒れしにくい肌を

肌の強さは生まれつきと言われていますが、
こうやって肌へのダメージをおさえ、徐々に肌表面の角質層を整えていくことで、ニキビや湿疹、赤みなどの肌荒れが発生しにくくなります。

※スキンケアを念入りに行ってきた人の場合は、キメ(肌表面の角質層)が整うまでに1~3年かかるケースもあるようです。

なお、キメを整えるにあたって気をつけたことは、
基礎化粧品を使わないようにし、洗顔時には肌をこすらず、ぬるま湯を肌に当てる程度のつもりで洗顔しました。
洗顔後の拭き取りも、タオルを顔にフワッフワッとあてる程度です。

また顔は日常的には触りません。
物理的ダメージも界面活性剤に負けず劣らずのダメージだからです。

そして、少なくとも2週間に1回くらいはマイクロスコープで肌の様子をチェックし、ケアの見直しをしていました。

化粧品を使われる方も、私のように使わない方も、時々はマイクロスコープで肌チェックをしてみるとよいでしょう。

これは私が使っているマイクロスコープです。
windows10でも使え、手元スイッチがあるので使いやすいです。
解像度もよく、見やすいので気に入っています。



関連記事

肌のターンオーバーは早すぎてもダメ

一般的に、22時から2時の間が肌のゴールデンタイムと呼ばれ、この間に眠っていると成長ホルモンが分泌さ

記事を読む

肌に痒みやピリピリ感があるときは無理をしない

口周りの荒れ、大分ひいてきました。 ザラザラも大分滑らかになってきた感じです。 見た

記事を読む

口周りのニキビ・乾燥の原因

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。 また、口周りにニキビが出る場合もあります。 私

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると傷を乾燥から守るため、密閉して

記事を読む

湯シャンと肌断食もうすぐ6年

湯シャンと肌断食、今年の10月が来たら6年になります。 さらに今から4ヶ月後には40歳になります。

記事を読む

肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミは改善しますか? という質問を頂くことがあります。 肌断食だけでは、シミの改善は

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

手作り化粧水は効果あり?!

時々、手作り化粧水について質問がきます。 「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですが

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑