*

肌断食実践者のメイク道具

公開日: : 最終更新日:2020/09/28 肌断食

整理していると、ずっと探していた口紅が出てきました。

日頃から肌断食の私は普段ノーメイク。
唇もワセリンでケアしています。

しかし時にはスーツとメイクが必要な場面があります。

滅多使わないものだから、口紅はどこ~?と探す始末。
整理整頓ができていないと、いざというとき困りますね。

でも必要な場面までに口紅が出てきてよかったです。

またなくなってはいけないから、メイク道具を1つの場所にまとめておきました。

これが私のメイク道具です。

20141228_cosme

左から口紅(資生堂)、ファンデを付けるブラシ(100円均一)、頬紅、ファンデーション(非接触生活のサウンドスタイルでゲットしたもの)。
シンプルです。小さな巾着袋1つあれば入ります。

パフも持っているのですが、顔をこすりたくないので、100円均一でブラシを調達しました。
100円でも毛が柔らかく気持ちいいです。
ファンデーションを使うときの下地はなしか、うすくワセリンを伸ばします。

頬紅を使うときは少ししかつけません。
うっすらとついているくらい。

口紅はワセリンで保護した上から使います。

このように私のメイクはごくシンプル。
肌だけ見ると、ナチュラルメイク以上に素肌に近い感じです。

しかし口紅をつけていると、他が控えめでも「メイクをした感じ」が出るものです。

落とすときはもちろんお湯だけです。
お湯だけで落ちるようにメイクしておりますから(^_^)V




関連記事

肌断食で乾燥は治らない?

肌断食を始めたばかりだと、表面の角質層がボロボロなので水分を保つことができません。 化粧水をつけて

記事を読む

化粧水で保湿はできない

昔は化粧水をつけてパッティングするのが常識でした。 しかし現代の皮膚科学では以下のことが判明してい

記事を読む

肌断食1年2ヶ月経過

肌断食の経過報告です。 1年2ヶ月続けることができました。 赤みもニキビもテカリもなく快適です♪

記事を読む

肌に合うスキンケアと健康な肌のためのスキンケア

ドラッグストアや化粧品店に行くと、きれいなパッケージに包まれた化粧品がいっぱい。 女性であれば、心

記事を読む

肌断食8年経過してキメに変化

先日、肌断食8年を経過しました。 肌の状態としては、パッと見て最近の経過写真と変わりありません。

記事を読む

肌断食2年経過

肌断食と湯シャンを始めて2年が経過しました。 最初の頃と比べると肌がとても変化しています。

記事を読む

洗顔後つっぱる原因と対策

肌断食を始めたばかりの頃は、洗顔後、肌が突っ張るという方も結構いらっしゃいます。 特に純石鹸などに

記事を読む

肌断食初期のニキビ

肌断食をイキナリ始めて、ニキビが悪化した、乾燥した、肌荒れが悪化したという人もいらっしゃいます。

記事を読む

肌断食中はメイクしない方がいい?

肌断食中というか、肌荒れの改善を目指している場合は極力メイクしない方がよいです。 しかし、実は、肌

記事を読む

肌断食のおすすめ保湿方法

肌断食の保湿は、肌がうるおう機能を取り戻すまではワセリンを薄くつけておくのが基本です。 しかし

記事を読む

Comment

  1. 青木成子 より:

    こんにちは。
    顔の脱毛を考えているのですがあまりレーザーはしない方がいいでしょうか?

    • もち肌イブ より:

      気づくのが遅くなってごめんなさい。
      なるべくなら、しない方がいいです。
      再発しやすいですし、肌へのダメージももちろんあります。
      ただ、合う人もいるのでこれもやってみないと分かりません。
      しかし、肌が弱い人の声では散々だったという感想もよく見受けられます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせが

かかとのひび割れ原因と対策

かかとのひび割れやガサガサは、特に寒い季節に発生しやすい傾向があります

湯シャンのコツ

湯シャンをはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか?

肌断食9年経過の写真

肌断食と湯シャンを実践して9年が経過しました。 30代前半から始めて

肌に合うスキンケアと健康な肌のためのスキンケア

ドラッグストアや化粧品店に行くと、きれいなパッケージに包まれた化粧品が

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑