*

肌断食1年2ヶ月の経過

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌の記録, 肌断食

ブログのアクセス解析をしていると「肌断食 経過」などでの検索フレーズをよく見かけます。

肌断食(化粧品を使わない生活)に興味を持っておられる方が結構おられるようですね。

ただ、肌断食に興味を持っていても、今までの化粧品を使う生活、化粧品で肌をコーティングしている生活を手放すのがこわいっていう方も多いと思います。

さらに、少し肌断食をやってみて、角栓などに見舞われ、やはり化粧品を使った方がいいなと化粧品を使う生活に戻られる方も多いかと思います。

私も以前は基礎化粧品を手放すのがこわくて、なかなか肌断食・水洗顔に突入できませんでした。

しかし、湯シャンから入って、続いているのだから、せっかくだから肌断食もやってみようという気持ちになったのです。

最初は角栓に見舞われたりしましたが、徐々に慣れていきました。

肌断食1年2ヶ月の経過

今、肌断食を始めて1年と2ヶ月くらい経過した時点ですが、このような感じです。

20131121_4
正面です。ニキビや湿疹などの肌トラブルもなく、テカリもなく快適に過ごしています。
ただ、口元にちょっとたるみが出ています。
運動不足になるとたるみやすいので、皆さまもお気をつけ下さいませ~。

20131121_6
右の頬です。少し赤みがあるところもありますが、大体良好です。

20131121_5
左の頬です。赤ちゃんの時に引っ掻いてできたシミですが、周りから少しずつ薄くなっています。

このように、大体ニキビや湿疹もなく快適に過ごしております。
ニキビや湿疹は湯シャン、水洗顔、肌断食を始めて割と早い段階で改善できたのを覚えています。

また、湯シャンから入ったのが良かったのかも知れません。
たとえ、洗顔フォームや基礎化粧品などをやめていたとしても、シャンプーを使う限り、その泡水が下へと落ちていくので、顔にもかかってしまいます。
その泡水が肌への刺激となり、顔の皮膚が思ったほど改善しないということになっていたかもしれません。
ちなみに過去の経過写真はこちらにあります。
もしよかったらご覧下さいね!

肌改善写真の記録(肌断食を始めてから半年くらいまで)

このように半年~1年くらい続けると大分肌は変わってくると思います。
ただ、化粧品を長年使ってきた方、ひどい乾燥肌の人はこれ以上かかることもあるようです。
3~5年くらいかかる人もいるようですので、コレだ!と思われたらすぐにあきらめないで気長に続けるといいでしょう。



関連記事

no image

肌断食挫折について考える

私は肌断食生活2年以上しております。 理由は経費がかからないこと、肌荒れしにくいということです

記事を読む

no image

肌断食初期の肌荒れはリバウンド?

肌断食を始めると、肌が以前より荒れてしまった。 カサついてしまった。ということがあると思います。

記事を読む

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年間、基礎化粧品などでスキンケア

記事を読む

肌断食経過:見た目は変わりませんが・・・

本日の肌断食経過報告です。 肌の見た目はほとんど変わらないのですが、 手触りが段々と滑らかになっ

記事を読む

肌断食経過:小さな湿疹触りません。

肌断食の経過を載せるのが、また久しぶりになってしまいました。 見た目はほとんど前回と変わりありませ

記事を読む

口唇ヘルペス・口角炎体験談

体調を崩したり、睡眠不足になるとよく口唇ヘルペスや口角炎が出てきます。 今年は口角炎も出ないし

記事を読む

no image

肌断食:洗顔後のつっぱり

肌断食を始めたばかりの頃は、洗顔後、肌が突っ張るという方も結構いらっしゃるかと思います。 肌断

記事を読む

多血症も赤ら顔の原因に

暑くなり、汗をかく時期になると、水分が不足気味になってきます。 水分が不足すると、血液が濃くなりま

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

肌断食で肌荒れが改善する人と悪化する人

肌断食を始めて肌が改善する人もいれば、改善しない人もいます。 肌断食で肌が改善しやすい人は、こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑