*

肌断食とエステ

公開日: : 肌断食

水洗顔を含む肌断食を行っていると、顔の表面に角栓がたまることがあります。
特に、宇津木式のようにこすらない水洗顔だと角栓がたまりがち。

通常は、放っておいても自然に落ちるものなので問題ありません。

しかし、運動不足や睡眠不足などで新陳代謝が低下した場合や、肌がいたんだ場合、角栓が落ちにくくなりがちです。
この場合も肌をいためる原因を断ったり、生活習慣を改めることで改善が見込めますが、角栓がどうしても気になる場合は、我慢をせず角栓を適度に落とすとよいでしょう。

水洗顔実践者の中には「こすらない」ということに神経質な方もいらっしゃいますが、非接触生活の牛田氏によると、軽い摩擦では肌はいたまないとされています。

私は、角栓がちょっと気になるなという段階で、指で軽くこすって落としていますが、赤みやニキビ、乾燥等の肌トラブルもなく快適に過ごしています。
水洗顔の後、タオルで水気を取って軽くこすると、角栓が落ちやすいです。

感触が大切なエステ

この角栓、肌断食や水洗顔愛好者にとっては、上記のような対策をすれば何てことないのですが、これがエステ業界だと角栓が溜まればさあ、大変!

お手入れ不足だ!角質肥厚だ!と色々手を尽くします。

角質層が薄い方が肌はダメージを受けやすいのですが、エステ業界にとっては肌はツルツルのピカピカが常識であります。
ビニール肌であろうがサメ肌であろうが、上にゲルやクリームをのせて感触をよくします。
(価値観の問題なので、それが悪いというワケではないのですが・・・)

いざ、ピーリングだ、パックだなどと過剰なケアを行いがち。
そして、家庭でのケアもバッチリと行います。

うむ。使っている間は、肌の感触もよく、ある程度強い肌ならきれいに見えるであろう。
その化粧品なりケア製品なり、ずっと使い続けられる肌と経済力があればいいのですが・・・。

肌荒れしやすい人にとっては、赤みやニキビ等の原因となります。
また、経済力のない人にとっては、その化粧品をやめてしまえば、いたんだ肌が明るみになってしまいます。

それが両方の場合は・・・大変ですね。

少々肌がいたんでも感触を重視するなら、エステやスキンケアもよいでしょう。
ある程度肌が強いなら、感触を楽しんでもよいでしょう。

でも、少しでも不安要素(肌が弱いなど)があれば、過剰なケアは避けた方がよいでしょう。
また、ベタつきなどの不快感があるものも無理して使い続けるのは考え物です。

あと、肌断食をしながらもエステに時々通うなどは、肌も中途半端になちがちです。
感触重視ならその方向へ、肌の健康重視ならその方向へと、方向性を決めておいた方がよいでしょう。



関連記事

no image

肌断食:洗顔後のつっぱり

肌断食を始めたばかりの頃は、洗顔後、肌が突っ張るという方も結構いらっしゃるかと思います。 肌断

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

no image

肌断食 経過の検索結果画面にビックリ!

このブログでは、肌断食の経過を再々報告しています。 正確には肌断食はもちろん、水洗顔と湯シャンも併

記事を読む

手作り化粧水は効果あり?!

時々、手作り化粧水について質問がきます。 「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですが

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

肌断食2年:約1年前に比べると

湯シャン、水洗顔、肌断食ももう2年。 最初と比べるとエライ差。 今日は過去の肌を振り返ってみ

記事を読む

no image

水洗顔と肌断食どれくらいでよくなる?

水洗顔や肌断食で肌を改善する場合、大体どれくらいの期間でよくなるかという質問がよくあります。

記事を読む

no image

肌断食で目の下のしわも治る?

昨日、「肌断食で目の下のしわも治る?」と検索をかけてこられた方がいらっしゃいました。 私の体験

記事を読む

no image

肌水分計の数値に振り回されない

化粧品の展示会に行くと、よく美容部員さんがいてお客様の肌水分を測定している光景を見かけます。

記事を読む

no image

肌断食の産毛そり

今日はお風呂で産毛そりをしました。 せっかく新年を迎えるのだからサッパリして過ごしたいので肌もさっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑