*

顔のシワ別原因と対策

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 たるみ、ほうれい線

人は年齢を重ねるにつれてシワが少しずつ現れていきます。
現在の40代を見てみると、シワが多い人と少ない人との差が大きい。
また、シワができる部位も個人差が大きく現れています。

今回は、顔の部位別シワの原因とその対策について書いてみました。
まずは、シワの原因の方から行ってみましょう!

顔の部位別シワの原因

1.額のシワ
目を大きく見せようと、眉が上がるくらい目を見開くクセがある人は額にシワが出るのが早い。
特に一重まぶたの方は、小さな目、細い目を気にして目を見開きがち。
小さな目、細い目にも魅力があるので、眉を上げないように注意しましょう。
どうしても気になる!という場合はプチ整形やアイテープをするのもアリです。
とりあえず、眉を上げて目を見開くのをやめましょう

2.眉間のシワ
病気や人間関係、労働などで苦労をしてきた人にありがちなシワ。
また、近視で無理をして遠くを見ようとするとしかめっ面になり、眉間にシワが出やすい。
仕事や趣味に集中して取り組む人も真剣な顔になりやすいので注意が必要。
対策としては、少しでも苦しい状況をなくす、環境を変えるなど。
近視の人は遠くを見るときはメガネをかけるか、コンタクトレンズにしましょう。
何かに集中しやすい人は、適度に休憩を取り、顔が真剣になっていないか確認しましょう。
大らかな気持ちで毎日を過ごすのがミソです。

3.目尻のシワ(笑いジワ)
毎日、笑うことが多いのではないでしょうか?
心から笑ってできたシワであれば問題ないのですが、もしかして愛想笑いをすることもないでしょうか?
愛想笑いも人間関係を円満にするコツではありますが、自分の気持ちと裏腹の態度を取り続けるとストレスがたまり、肌にも影響してくるので気を付けましょう。
時には顔の筋肉を休ませてあげてください。

4.目頭から出ているシワ
睡眠不足と眼精疲労が大きな原因。
夜遅くまでスマホやパソコンしていませんか?
23時には就寝し、7~8時間の睡眠をとることをおススメします。

5.口元のシワ、頬のシワ(たるみ)
無表情の人にありがちな口元や頬のシワ。
顔の筋肉を使って笑うこともなく、かといって怒ることもないので顔に動きが少ない。
このような状態が続くと、顔の筋肉が衰え、次第にたるんでいき、深いしわとなっていきます。
まずは誰かに会ったら笑顔を心がける日々の生活に感動を取り入れることが大切です。
全体的にたるみがある場合は、全身運動も心がけましょう。

シワを増やさない対策

上記のことをまとめるとこのようになります。

1.眉を上げない
2.苦しい状況は極力避ける
3.近視の人はメガネかコンタクトレンズ
4.集中しやすい人は顔が真剣にならないよう気を付ける
5.愛想笑いはほどほどに
6.毎日笑顔を心がける
7.日々の生活に感動を取り入れる
8.適度な運動を心がける
9.十分な睡眠をとる

健康に気を付け、適度な運動をし、毎日をイキイキと楽しく生きていらっしゃる方は、シワやたるみが少なく若々しい傾向にあります。

あれ?スキンケアの対策は?
肌への対策は?

はい、ありません。
シワを予防改善するのに、スキンケアは必要ないと筆者は考えます。
(ただ、ごまかすことはできます)
スキンケアのしすぎは逆に肌に負担をかけ、シミやシワの原因となりますのでお気を付けくださいね!
なお、水洗顔や肌断食がシワの原因となることはありませんので、ご安心くださいませ。



関連記事

毛穴のたるみの原因は自己流マッサージ

年齢とともに気になってくる毛穴のたるみ。 毛穴のたるみの原因は、老化による顔の筋肉の低下もあります

記事を読む

肌の保湿は必要?

多くの化粧品店やエステのお店では、肌の保湿が大切だと言います。 油分、水分をしっかり補うように言わ

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

目の下のたるみの原因と対策

頻繁に目を酷使している人は目が疲れるだけでなく、目の下のたるみやしわができやすい傾向にあります。

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

no image

踏み台昇降アンチエイジング1ヶ月経過

たるみ、ほうれい線対策に、踏み台昇降を始めて約1ヶ月。 最初は28%近くあった体脂肪率も22%

記事を読む

no image

時間がない人のストロビクス(たるみ、ほうれい線対策)

ストロビクスのことを友達に話すと「私もやってみたい」という方が結構おられます。 ※ストロビクスとは

記事を読む

年齢のせいにすると余計に老ける

「肌のハリがないわ。年のせいね」 「年のせいか体力の減退を感じるわ」 「こんなところにたるみが。

記事を読む

no image

体脂肪率、服が原因だった可能性も

昨日で踏み台昇降3日目。 昨日の体脂肪率は24.3%と前日とほぼ変化なしです。 ある程度落ちたら

記事を読む

毛穴のたるみ、どうケアする?

年齢を重ねるごとに毛穴が目立ち始め、その毛穴がたるんでくる人が多い。 毛穴のたるみが進行すると

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑