*

口元のたるみ、ガムで手軽に対策

公開日: : たるみ、ほうれい線

年齢を重ねると口元にたるみが出てきます。
多くの人は30代半ば頃から気になり始めます。
50代にはブルドッグ顔という人も少なくない様子。

多くの人が運動不足で全身がたるみ、顔もたるみます。
また、かたいものも食べない生活を続けていると、口元にたるみが出やすい。

とはいえ、最近の食べ物は柔らかくて食べやすいものが多く、ビジネスマンには便利なものとなっています。

かたいものをゆっくり食べている暇などないけど、口元のたるみが気になるという方にはガムがオススメ。

口元のたるみと口臭予防にガム

ガムは長い時間噛む分、顎や頬の運動になります。
顎や頬の運動をすると顎や頬の筋肉がしっかりとして、口元のたるみを防ぎます。

ガムを毎日2粒くらい噛んでみてください。
15分くらい噛んでみて下さい。

ガムが歯に挟まった汚れを取ってくれるし、虫歯・口臭予防に一躍貢献してくれます。

左右の歯で交互に噛むことによって、アゴや口もとの筋肉のバランスが整います。
口角が左右のどちらかだけ上がっている人など、毎日交互に噛むと効果がありそうです。

たるみやほうれい線がはっきり出やすいのは、口もとやアゴ。
頬の筋肉が落ちてくると、口もとやアゴに垂れ、慢性化するとブルドッグ顔になってしまいます。
その口もとやアゴの筋肉を動かすガムは、ちょっとしたアンチエイジングにおすすめです。

おやつ感覚で噛めるし、仕事や家事をしながらできるのも嬉しいところ。

でもやはり、たるみやほうれい線の大きな原因は運動不足と脂肪なので、ガムを噛んでいるからと安心せず、日々適度な運動を心がけたいものです。

時間がない方は、通勤時間なるべく階段を使ったり、歩いたり工夫してみるとよいでしょう。

なお、筆者もよく運動をサボりがちになってしまいます(^▽^;)
あれだけ読者に、運動が大事ですよと言いながらこの有様。
でも、通勤時はなるべく階段を使ったり、気がついたときはスクワットしたり工夫しています。

しかし運動が少ない中でも、頬や口もとのラインを維持できています。
思いついたときにでも運動(スクワットやゾンビ体操などカンタンなもの)、ガムで頬の筋肉を鍛えるなどで凌いでおります。


コンビニやドラッグストアに置いてあるキシリトールガム。
アゴや口元の運動になり、アンチエイジングにも・・・
時々ムーミン等のイラスト入りのものもあるようです。


歯のためには、キシリトール成分が100%のものが望ましいらしい。



関連記事

顔のシワ別原因と対策

人は年齢を重ねるにつれてシワが少しずつ現れていきます。 現在の40代を見てみると、シワが多い人と少

記事を読む

頬の毛穴、たるんでいませんか?

年齢を重ねると頬の毛穴で悩む方が増えてきます。 大抵は40代くらいから、そして早い人は30代くらい

記事を読む

no image

ASVCの真価を知り習慣化する

非接触からASVCを中途半端に使い、効果をあまり実感できない場合もあります。 御多分にもれず、

記事を読む

no image

時間がない人のストロビクス(たるみ、ほうれい線対策)

ストロビクスのことを友達に話すと「私もやってみたい」という方が結構おられます。 ※ストロビクスとは

記事を読む

たるみからくるシワに注意!

40を過ぎてくると、シワ、小じわが気になるという方が増えてきます。 早い人は35歳から、さらに早い

記事を読む

顔のたるみ・ほうれい線対策

顔のたるみ、ほうれい線対策のストロビクスを始めてとうとう1ヶ月経ちました。 ストロビクスとはス

記事を読む

老け顔の原因と改善

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃいます。 結婚して子育ての

記事を読む

目の下のたるみの原因と対策

頻繁に目を酷使している人は目が疲れるだけでなく、目の下のたるみやしわができやすい傾向にあります。

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

毛穴のたるみの原因は自己流マッサージ

年齢とともに気になってくる毛穴のたるみ。 毛穴のたるみの原因は、老化による顔の筋肉の低下もあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食もうすぐ6年

湯シャンと肌断食、今年の10月が来たら6年になります。 さらに今から

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑