*

肌の保湿は必要?

公開日: : 最終更新日:2017/01/31 たるみ、ほうれい線

多くの化粧品店やエステのお店では、肌の保湿が大切だと言います。
油分、水分をしっかり補うように言われます。

最近、肌断食が注目されているとは言え、美容業界では保湿志向が勝っています。

しかし、何かを肌に塗ることで肌の油分や水分が補われることはありません。
ただ、クリームや乳液は肌の表面をなめらかにするので感触は楽しめます。
(私はあのベタつきが苦手なのですが)

肌の保湿はワセリンと食事・睡眠で

しかし、このように肌の表面をクリームや乳液でカバーしても、残念ながら、肌自身の乾燥は改善しません。
もちろん、シワの進行を止めたり、肌荒れを改善することはできません。

クリームや乳液を使うくらいであれば、ワセリンで角質をつなぎ止めておく方がよほどマシです。
肌が傷んで表面の角質層がボロボロになると、隙間ができて肌の水分が蒸発しやすくなります。
そこでワセリンで角質をつなぎ止めておくと水分の蒸発を防ぎます。

このうちに、睡眠と栄養を十分に取り、肌自身が回復していくのを助けてあげるとよいでしょう。

保湿化粧品にもよさが

保湿化粧品は頻度や量を使いすぎたり、合わないものを使うと逆に肌荒れしてしまいます。

しかし肌がそこそこつよい人が保湿化粧品を使うとちょっとした肌のかさつきやゴワつきを誤魔化すことができます

ゲルやクリームを多めに塗れば、肌がちょっと張ります。
肌水分計の数値も多く出ることがあります(肌表面の数値なので)。

ただ、やはり化粧品を落としてしまえば、化粧品をやめてしまえば元通り。
いえ、元通りならまだいいのですが、気付いたら肌が傷んでいたなんてことも。
すっぴんになって鏡を見てショックを受けた私の経験でもあります。

肌荒れしやすい人など特に注意が必要です。

しかし、化粧品を使っている間だけでもきれいでいたい、使い続けながらでもきれいでいたいという方にとっては化粧品を使う美容法は適していると言えます。

化粧品を使う使わないは価値観の問題もありますが、肌荒れを起こしやすい人はお気をつけ下さいませ。

シワや乾燥肌を改善するのは自身の肌の力

結局のところ、肌断食だけではシワの予防はできても改善は限界があります。
かと言って保湿化粧品を使っても誤魔化すだけ(肌荒れのリスクあり)。

しかし肌断食実践者がシワや乾燥肌を改善しようとするなら、ワセリンを上手に使い、睡眠、栄養を十分に取ることで肌自身の再生を促すことができるのです。

真皮まで届いた深いしわはボトックスなどでないと無理ですが、皮むけやちょっとした小じわであれば対策が可能なのです。



関連記事

肌断食でシワは改善できる?

肌断食をされている方で、時々シワでお悩みの方がいらっしゃいます。 スキンケアをやめればシワは改

記事を読む

目尻のシワ、笑いジワ対策

年齢を重ねてくると目尻にシワが現れてきます。 目尻のシワは笑いジワとも呼ばれ、よく笑う人にでき

記事を読む

毛穴のたるみの原因は自己流マッサージ

年齢とともに気になってくる毛穴のたるみ。 毛穴のたるみの原因は、老化による顔の筋肉の低下もあります

記事を読む

口元のたるみ、ガムで手軽に対策

年齢を重ねると口元にたるみが出てきます。 多くの人は30代半ば頃から気になり始めます。 50代に

記事を読む

no image

体脂肪率、服が原因だった可能性も

昨日で踏み台昇降3日目。 昨日の体脂肪率は24.3%と前日とほぼ変化なしです。 ある程度落ちたら

記事を読む

老け顔の原因と改善

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃいます。 結婚して子育ての

記事を読む

no image

手作り踏み台で踏み台昇降

これまで分厚い本を積み重ねてから踏み台昇降をしていたのですが、本がずれてきて再々直しながら踏み台昇降

記事を読む

no image

ASVCの真価を知り習慣化する

非接触からASVCを中途半端に使い、効果をあまり実感できない場合もあります。 御多分にもれず、

記事を読む

顔のシワ別原因と対策

人は年齢を重ねるにつれてシワが少しずつ現れていきます。 現在の40代を見てみると、シワが多い人と少

記事を読む

目の下のたるみの原因と対策

頻繁に目を酷使している人は目が疲れるだけでなく、目の下のたるみやしわができやすい傾向にあります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑