*

レモンのパックは肌にいい?

公開日: : 最終更新日:2020/09/27 肌断食, 肌の赤み

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。
天然のものだから大丈夫と思われがちですが、実は肌へのダメージはゼロではありません。

レモンパックは刺激が強い

特にレモンは酸が強く、いたんだ肌に使用するとピリピリします。
その刺激が肌へのダメージに追い打ちをかけます。
いたんだ肌でなくても、強いピーリング効果があるため、ピリピリします。
結果、レモンパックで赤みなどの肌荒れに見舞われることもあります

また、レモンなどの柑橘系は、ソラレンが多く含まれているため、紫外線にさらされると肌が反応しやすくなり、シミや赤みの原因となります。

さらに、野菜や果物の成分(主にビタミンC)は肌表面から吸収されることはないので、レモンやきゅうりのパックにメリットはありません。

保湿は食べる!

野菜や果物などの食べ物は食べてきれいになりましょう。
ソラレンを含む果物や野菜は夜に食べるといいでしょう。

うっかり朝や昼に食べてしまったら、なるべく日中の外出を避け、どうしてもという場合は日傘と陰歩きで紫外線を防ぎましょう。

カボチャやキャベツ、トマトなどの野菜は、ソラレンが少なく、時間を気にせず食べることができます。
リンゴやバナナなどの果物も朝にいいですね。

シミや赤みを改善するには

・肌にダメージを与えるものを避ける(シャンプー、リンスを含む化粧品)
・日常的に手で顔を触らない

の2つが重要です。
湯シャンと肌断食がよいのですが、初めての方は無理をされず、米のとぎ汁洗顔小麦粉洗顔などで角栓対策をされるとよいでしょう。

ただし、非接触生活では食べ物を肌につけるのは不安定とされています。
実践の際は、様子を見ながら行いましょう。

洗顔後1時間くらいたっても乾燥が気になればワセリンを薄くつけておくとOK。

特にシミは肌へのダメージがなくなってから消えていくまでに時間がかかります
ピーリング液など比較的早くシミを薄くする方法もありますが、肌をいためたり、紫外線にも反応しやすくなるので使用をひかえたいところです。

シミの原因は1つでも減らしたいですね。

ちなみに、卵パック、ヨーグルトパックなども肌表面から成分を吸収することはありません
一瞬はしっとりするかもしれませんが、油分と水分が肌表面に一定時間留まるだけです。
卵もヨーグルトも食べてきれいになりましょう(アレルギーの人は控えてくださいね)。




関連記事

肌断食で悪化する人としない人

肌断食を始めて、肌が悪化する人としない人がいらっしゃいます。 しかしこのサイトに来られる方の検

記事を読む

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。 特にBBクリームは日焼け止

記事を読む

化粧水で保湿はできない

昔は化粧水をつけてパッティングするのが常識でした。 しかし現代の皮膚科学では以下のことが判明してい

記事を読む

頬ずりで肌荒れする場合の対策

弱い肌は頬ずりされても赤みやブツなど肌荒れを起こすことがあります。 頬ずりした相手が洗顔フォー

記事を読む

マスクで肌荒れどう対策する?

マスクでかぶれやニキビなどの肌荒れを起こす方が続々出ています。 特に今年は異例の夏場のマスク。

記事を読む

肌断食の乾燥肌対策

乾燥肌の人が肌断食を始めると、粉吹きや皮剥けに見舞われることがあります。 また、自分は乾燥肌だと自

記事を読む

米のとぎ汁を活用した肌荒れ対策

皆さまは米をといだ後の汁を使っていますか? 実は米のとぎ汁にはいろんな活用法があるのです。 洗顔

記事を読む

口周りの肌荒れ原因と対策

肌断食1~2年くらいは口周りだけ肌荒れを起こすことがよくありました。 額や頬は改善して安定している

記事を読む

肌断食のおすすめ保湿方法

肌断食の保湿は、肌がうるおう機能を取り戻すまではワセリンを薄くつけておくのが基本です。 しかし

記事を読む

肌断食8年経過してキメに変化

先日、肌断食8年を経過しました。 肌の状態としては、パッと見て最近の経過写真と変わりありません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40代の角質培養半年経過写真

朝の水洗顔と夜の米のとぎ汁洗顔で角質培養すること半年経過しました。

湯シャンはくせ毛に効果ある?

湯シャンは、肌断食と相性がよく、肌荒れの原因を1つ減らすことができます

肌断食でアンチエイジングはできる?

結論から申し上げますが、肌断食だけではアンチエイジングはできません。

一重まぶたが二重まぶたになった経過と原因

42歳を過ぎてから、両目とも二重まぶたになりました。 41歳まで

美容におすすめなおやつ5選

肌断食をやってみたけど、肌荒れが改善しない、ニキビが改善しない、肌がき

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑