*

レモンのパックは肌にいい?

公開日: : 最終更新日:2020/09/27 肌断食, 肌の赤み

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。
天然のものだから大丈夫と思われがちですが、実は肌へのダメージはゼロではありません。

レモンパックは刺激が強い

特にレモンは酸が強く、いたんだ肌に使用するとピリピリします。
その刺激が肌へのダメージに追い打ちをかけます。
いたんだ肌でなくても、強いピーリング効果があるため、ピリピリします。
結果、レモンパックで赤みなどの肌荒れに見舞われることもあります

また、レモンなどの柑橘系は、ソラレンが多く含まれているため、紫外線にさらされると肌が反応しやすくなり、シミや赤みの原因となります。

さらに、野菜や果物の成分(主にビタミンC)は肌表面から吸収されることはないので、レモンやきゅうりのパックにメリットはありません。

保湿は食べる!

野菜や果物などの食べ物は食べてきれいになりましょう。
ソラレンを含む果物や野菜は夜に食べるといいでしょう。

うっかり朝や昼に食べてしまったら、なるべく日中の外出を避け、どうしてもという場合は日傘と陰歩きで紫外線を防ぎましょう。

カボチャやキャベツ、トマトなどの野菜は、ソラレンが少なく、時間を気にせず食べることができます。
リンゴやバナナなどの果物も朝にいいですね。

シミや赤みを改善するには

・肌にダメージを与えるものを避ける(シャンプー、リンスを含む化粧品)
・日常的に手で顔を触らない

の2つが重要です。
湯シャンと肌断食がよいのですが、初めての方は無理をされず、米のとぎ汁洗顔小麦粉洗顔などで角栓対策をされるとよいでしょう。

ただし、非接触生活では食べ物を肌につけるのは不安定とされています。
実践の際は、様子を見ながら行いましょう。

洗顔後1時間くらいたっても乾燥が気になればワセリンを薄くつけておくとOK。

特にシミは肌へのダメージがなくなってから消えていくまでに時間がかかります
ピーリング液など比較的早くシミを薄くする方法もありますが、肌をいためたり、紫外線にも反応しやすくなるので使用をひかえたいところです。

シミの原因は1つでも減らしたいですね。

ちなみに、卵パック、ヨーグルトパックなども肌表面から成分を吸収することはありません
一瞬はしっとりするかもしれませんが、油分と水分が肌表面に一定時間留まるだけです。
卵もヨーグルトも食べてきれいになりましょう(アレルギーの人は控えてくださいね)。




関連記事

柔軟剤も肌荒れの原因に

柔軟剤を使用したタオルを使っていると肌荒れは改善しにくい。 このまま肌断食を続けても赤みや乾燥など

記事を読む

赤ら顔やほてりの原因と対策

のぼせ・ほてりはホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また、寒い時

記事を読む

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。 特にBBクリームは日焼け止

記事を読む

肌断食とエステ

水洗顔を含む肌断食を行っていると、顔の表面に角栓がたまることがあります。 特に、宇津木式のようにこ

記事を読む

ニキビと蕁麻疹の違い

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 芯があるかないかで大体の見分けはつきますが、

記事を読む

肌断食初期の肌荒れはリバウンド?

肌断食を始めると、肌が以前より荒れてしまった。 カサついてしまった。ということがあると思います。

記事を読む

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせがよくあります。 スマホは、使

記事を読む

肌断食のおすすめ保湿方法

肌断食の保湿は、肌がうるおう機能を取り戻すまではワセリンを薄くつけておくのが基本です。 しかし

記事を読む

トレチノインとハイドロキノン失敗談

肌断食を始める3年位前に、トレチノインとハイドロキノンを試したことがあります。 トレチノインと

記事を読む

肌断食中はメイクしない方がいい?

肌断食中というか、肌荒れの改善を目指している場合は極力メイクしない方がよいです。 しかし、実は、肌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

入浴後に肌荒れが起こる原因

入浴後に顔に赤みや乾燥などの肌荒れが起こる原因は以下のことが考えられま

2日間のプチ断食後の肌

最近、2日間だけ断食してみました。 方法は、2日間何も食べず水だけ。

歯の健康と肌の健康の関係

肌断食と湯シャンを行うと肌へのダメージを抑えることができます。 手で

スマホによる肌への影響

最近、スマホを使うと、肌がピリピリしたり、赤みが出るなどの問い合わせが

かかとのひび割れ原因と対策

かかとのひび割れやガサガサは、特に寒い季節に発生しやすい傾向があります

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑