*

肌断食8年経過してキメに変化

公開日: : 肌の記録, 肌断食

先日、肌断食8年を経過しました。
肌の状態としては、パッと見て最近の経過写真と変わりありません。

しかし久しぶりにマイクロスコープで肌のキメを見てみると大きな変化がありました。

肌断食を続けて、2年たっても、3年たっても、キメに大きな改善は見られませんでした。
私は中学生くらいからスキンケアをガッツリしてきたので無理もありません。

極めつけは肌断食を始める2年くらい前にハイドロキノンとトレチノインで肌をボロボロにしていました。

こんな無茶なスキンケアをしていたため、キメが整うのに8年もかかりました。

肌断食1ヶ月目はキメがない状態

肌断食当初はキメはまったくなくて、ビニール肌でもひどい状態でした。
その状態がこちら。

キメが全くなく、角栓と皮脂だらけ
くすみもあり、顔だけ赤黒い感じでした。
肌が弱っている分、皮脂が多く分泌され、テカテカにテカっていました。
また、ホルモンバランスの乱れのせいか、うぶ毛が濃かったのを覚えています。

肌断食2~3年経過のキメ

肌断食を始めて2~3年くらいでやっとキメができました。

肌断食1ヶ月目の状態よりも大分よくなっていて喜びました。
この頃には、テカリも大分落ち着いていました。

しかしその後はしばらく肌のキメに変化がありませんでした。
それでも肌断食をしていると肌が快適だし、写真を撮っていい感じなので続けました。

肌断食8年目のキメ

そしてとうとう肌断食8年が経過しました。
マイクロスコープでキメを撮ってみると、なんとキメが細かくなっていました。
肌色の明るさも全然違います。

キメは遺伝的要素もあるので、キメ細かい肌はあきらめていたのですが、こんなにキメが細かくなって嬉しい限りです。
やはり肌断食を続けてよかった。

と言ってもスキンケアをやめるだけなので、さほどの努力ではありませんでした。
ただ、肌断食を始めて半年くらいは角栓とテカリで大変でしたが、それでも毎日の変化が楽しくてワクワクしながら続けることができました。

振り返ってみると、肌断食である程度改善した後に、宇津木式洗顔法のように顔を洗面器の中で左右に振る方法にしてキメの改善が加速化したように思います。
夜だけ米のとぎ汁を使っていますが、私には合っているようです。

最初は泡洗顔でもいいし、ワセリンを使ってもいい。
無理のないペースで肌断食を進めていき、ある程度肌が改善した頃に宇津木式にすれば挫折率が減るのではないかと思う次第です。

最後に顔正面。

首の色と顔の色の差がずいぶん縮まってきました。
もうすぐ42歳ですが、今後も肌断食を続けていきます。
保湿剤や加湿器がなくてもうるおう肌は便利です。




関連記事

角質培養1ヶ月経過

米のとぎ汁で角質培養を始めて1ヶ月を経過しました。 見た目は2週間時点と大差ないのですが、手触りが

記事を読む

肌断食初期の顔のかゆみ

肌断食初期は、肌がまだ傷んでいるので顔の痒みが発生しやすい。 私も肌断食の始めの1年は、顔に痒

記事を読む

60代の肌断食約1年経過例

私の母は現在67歳。 昨年の6月初めから、湯シャン・水洗顔・肌断食を始めました。 そして後20日

記事を読む

肌断食と湯シャン1年経過

肌断食と湯シャンを続けて1年が経過しました。 行ったことは以下のとおり。 おこなった肌断食 ・

記事を読む

肌断食でアトピーは改善する?

結論から言えば、肌断食だけではアトピーは改善しません。 もっと言えば、アトピーだけでなく、接触性皮

記事を読む

肌断食とエステ

水洗顔を含む肌断食を行っていると、顔の表面に角栓がたまることがあります。 特に、宇津木式のようにこ

記事を読む

口周りの肌荒れ原因と対策

肌断食1~2年くらいは口周りだけ肌荒れを起こすことがよくありました。 額や頬は改善して安定している

記事を読む

レモンのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

角質培養と肌断食で毛穴が小さくなった経過写真

先日、42歳の誕生日を迎えました。 ありがたいことに42歳でもシミやシワがなく、プリプリの肌を保っ

記事を読む

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。 特にBBクリームは日焼け止

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑