*

湯シャン実践者の白髪染め

公開日: : 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃると思います。

白髪の原因は、確かにシャンプーやトリートメントなども関係しているのですが、主な原因は老化につき改善が難しいものであります。
老化により、髪を黒くするメラニン色素が十分に生成されなくなり、白髪がボチリボチリと出てくるわけです。
また、ストレスの影響も大いに受け、ストレス性の若白髪も多く見受けられます。

白髪が気になると、染める方が多いかと思います。

かといって、カラーは頭皮や肌をいためるのでは?と心配される方も多い。

非接触では、カラーや白髪染めはひと月に1回程度なら問題ないとされています。
それにともなうシャンプーもです。

ちょっとでもカラーや白髪染め、そのに伴うシャンプーをすると、これまでの湯シャンや肌断食による改善が後退すると思う人もいらっしゃいますが、その後の1週間を気をつければ特に問題ありません。

しかし同じ事なら、できるだけ頭皮にダメージが及ばない方法でカラーしたいものです。

頭皮を保護してから染める

美容室でカラーを行う場合は、きちんとカラーの前処理をしてくれる美容室を選びましょう。
カラーの前処理とは頭皮を傷めないように、オイルなどで頭皮を保護するものです。

家庭で行う場合は、ホホバ油など頭皮を保護するものをつけた上からカラーリングを行うとよいでしょう。

オイルも肌や頭皮にはよいものではないのですが、カラーによるダメージに比べればまだマシな方です。

なお、ホホバ油は、リンスやトリートメントの代わりにもなり、毛先など傷んでいる部分につけておけばしなやかにしてくれます。

ただ、量を多くつけるとべたつくので、その辺は加減するとよいでしょう。

毛染め直後の1週間が大事

さらに、カラーや白髪染めをされた後の1週間は、どうしても界面活性剤が頭皮や髪に残留しています。

その1週間は、髪が頬などに触れると、赤みや肌荒れを起こすことがあるので、極力、髪が顔に触れないように気をつけましょう。
また、枕も、髪が触れたところに顔を触れさせないように気を付ける必要があります。
こまめにカバーを替えるなどして対策しましょう。

入浴後のタオルもできたら髪拭き用と顔・体用と分けた方がよいでしょう。
湯シャンのすすぎ湯もなるべく顔にかからないように気をつけましょう。

ある程度年齢がいくと白髪染めはしたいもの。
我慢するのではなく、上手に対策しながらオシャレを楽しみましょう。




関連記事

湯シャンのべたつき対策

暑い日や湿気の多い日は、湯シャンを長期間続けている人でもベタつきが気になることがあります。 そこで

記事を読む

no image

湯シャン後の髪の乾かし方

湯シャンを始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる

記事を読む

湯シャンで髪が増えた60代

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

湯シャンを毎日する理由

湯シャン実践者の中には、めんどくさいからといって、湯シャンすらせずに寝てしまう人がいます。 特に湯

記事を読む

湯シャンのフケ対策

湯シャンに限ったことではないのですが、時々フケの多い人がいらっしゃいます。 部屋を歩くと白い粉がパ

記事を読む

湯シャンで頭皮が臭い意外な原因

湯シャンを始めたものの頭皮が臭い。 湯シャンをしている友人の頭皮が臭い。 湯シャンすらしないと頭

記事を読む

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多くは、ベタつきだったり、臭いだ

記事を読む

湯シャン初期のフケとベタつき対策

湯シャン初期はフケ・ベタつきに悩まされます。 まず、行う対策としては、湯シャン直前に獣毛ブラシ

記事を読む

no image

頬に赤みが出てきました

髪が頬に触れたりしたせいか、少し赤みが出てきました。 小さなブツも1つ。これは気になって触ったのも

記事を読む

湯シャンで白髪対策はできる?

早速結論ですが、湯シャンで白髪を防いだり、改善することはできません。 なぜなら、白髪は加齢や遺伝も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

毛穴の黒ずみ・肌の赤みはティッシュに注意!

肌がひどく弱っているとちょっとした刺激でも反応してしまいます。

角栓対策は身近なものでできる

角栓といってもその度合いはそれぞれ異なります。 また、原因も様々です

44歳女性の肌(肌断食10年以上)

44歳になりました。 肌断食は10年以上続けております。 そん

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑