*

毛穴のたるみ、どうケアする?

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 たるみ、ほうれい線

年齢を重ねるごとに毛穴が目立ち始め、その毛穴がたるんでくる人が多い。

毛穴のたるみが進行するとそこから小じわができ、毛穴と毛穴が線でつながり帯状毛穴になってしまいます。
毛穴のたるみだけでも老けて見えますが、帯状毛穴になるともう小じわのレベルなので、もっと老けて見えます。

しかし一方では、年齢を重ねても毛穴が目立たず、きめ細かいきれいな肌の人もいらっしゃいます。

一体その差は何なのでしょうか?

毛穴の大きさは遺伝的要因もある

ひとつは生まれ持っての肌の性質。
肌のキメや毛穴の大きさは遺伝的要因もあります。
毛穴がもともと大きい人もいれば小さい人もいらっしゃいます。

しかし毛穴が大きいとはいえ、子どもの頃から毛穴が目立っていたわけではありません。
毛穴の小さい方よりは毛穴のたるみが起こりやすいことは事実ですが、ケアのしようがないということはありません。

大切なのは毛穴のたるみが生じやすいようなスキンケアを行わないことです。
例えば、何気なく化粧水や乳液を肌にすりこむ行為は毛穴のたるみの原因となります。
顔の肌を上下に引っ張るようなマッサージを行えば、毛穴は確実に広がり、たるみ毛穴が生じやすくなります

また、ピーリングやクレンジングで、肌の表面の角質を必要以上に落としすぎると、角質によって隠れていた毛穴が見えやすくなり、毛穴のたるみが明るみとなります。

私は両親とも毛穴が大きく、その性質を受け継いでいるので、特に無茶なケアはできません。

毛穴ケアのしすぎが毛穴のたるみの原因に

ドラッグストアに行くと、ピーリングジェルだの、角質クリアゲルだの、鼻パックだのいろいろと毛穴ケアグッズが並んでいます。

確かにこのようなアイテムを使うと角栓がごっそり取れますので、肌の手触りはよくなります。
また取っても取っても角栓がポロポロ落ちてくるので病みつきになります。

しかしピーリングジェルや角質クリアゲルで肌をマッサージすることで、確実に顔の肌をいためつけています。
そしてマッサージにより、毛穴を上へ下へと伸ばすことにより確実に毛穴は伸びてたるんでいきます

鼻パックは、せっかく毛穴を隠してくれていた角質を取り去るので逆効果のケースも多い。
角栓が取れてスッキリしても、皮脂の分泌は正常化されません。

肌をいためないためにもこのような毛穴ケアは極力控えた方がよいでしょう。

最大の毛穴ケアは、肌にダメージとなるものを触れさせない、顔を触らない、こすらないことであります。
つまり何も使わないことが毛穴のたるみを予防する方法でもあるのです。

毛穴のたるみに必要なケア

とはいえ、すでに毛穴がたるんでしまって老けて見えるという方も多いかと思います。

毛穴のたるみは、まず、ピーリングやクレンジング、角質クリアゲルなどで肌をマッサージすることをやめる必要があります。

というのもいくら毛穴のたるみに必要なケアを行っていてもこれらのアイテムを使っている限り、マイナス要因が勝ってしまい進行を止められないからです。

次に顔を手で触ったり、こすったりするのをやめましょう。
顔を手で触ったり、こすったりすると肌がいたみ、毛穴が目立つ原因となります。
そればかりか強くこすると毛穴が伸びてたるみの原因となりますのでご注意ください。

そして顔のたるみ全体を改善するために運動が必要です。
ウォーキングでもいい、踏み台昇降でもいい、スクワットでもいい。
定期的に運動する習慣をつけたいものです。

毛穴のたるみ、顔のたるみ、ほうれい線は運動なくしては改善は難しいのです。
顔の脂肪が重みとなり下に垂れ、毛穴も下に垂れてたるんでいきます
一方運動により筋肉が引きしまっていれば、垂れるものもありません。

さらに無表情でいることも顔の筋肉が衰え、毛穴のたるみの原因となります。
時には心から笑って顔の筋肉を動かすことが、若々しい肌を維持する秘訣となります。

毛穴がたるんでいる人にありがちな4項目

・顔のマッサージが欠かせない
・スキンケアが念入り
・運動不足
・無表情、もしくはいつも不満な顔

どれか1つでも当てはまれば毛穴のたるみ予備軍。


素材屋さんから持ってきた毛穴の写真。
すでに毛穴がたるみ、線でつながっている帯状毛穴となっています。
また、無表情で口角が下がっている方が多く見受けられました。

毎日を楽しく笑顔で過ごすことも毛穴のたるみケアの1つになるのです。

いつまでもハリのある肌で若々しくありたいものですね!



関連記事

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

目の下のたるみ・クマ注意報

事務職は、目のクマや目の下のたるみができやすい傾向にあります。 まず、1日の多くをイスに座り、

記事を読む

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。

記事を読む

肌のターンオーバーは早すぎてもダメ

一般的に、22時から2時の間が肌のゴールデンタイムと呼ばれ、この間に眠っていると成長ホルモンが分泌さ

記事を読む

毛穴のたるみの原因は自己流マッサージ

年齢とともに気になってくる毛穴のたるみ。 毛穴のたるみの原因は、老化による顔の筋肉の低下もあります

記事を読む

no image

ASVCの真価を知り習慣化する

非接触からASVCを中途半端に使い、効果をあまり実感できない場合もあります。 御多分にもれず、

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

顔のシワ別原因と対策

人は年齢を重ねるにつれてシワが少しずつ現れていきます。 現在の40代を見てみると、シワが多い人と少

記事を読む

no image

踏み台昇降アンチエイジング1ヶ月経過

たるみ、ほうれい線対策に、踏み台昇降を始めて約1ヶ月。 最初は28%近くあった体脂肪率も22%

記事を読む

肌断食でシワは改善できる?

肌断食をされている方で、時々シワでお悩みの方がいらっしゃいます。 スキンケアをやめればシワは改

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑