*

皮脂が多くてテカる原因

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

水洗顔を1年以上続けているのに、テカリが改善しない、角栓まみれという例を結構目にします。

テカリや角栓だらけの原因は大きく分けて2つあり、1つは洗顔のしすぎ
もう1つは、ホルモンバランスの乱れであります。

洗顔のしすぎだけが原因であれば、水洗顔を半年も続ければテカリや角栓は治まります。
早い人では2ヶ月もたたないうちに変化が現れるでしょう。

しかし、多忙、ストレス社会の現代。
ホルモンバランスの乱れによるテカリ、ニキビなどの肌荒れが増えています。

ホルモンバランスが乱れる生活習慣

ホルモンバランスが乱れる背景にあるのが生活習慣。

1.寝不足、不眠
2.人間関係のストレス
3.運動不足
4.冷え
5.食事

などなど。

多くの人が遅くまで仕事や家事をし、心をすり減らしています。
サービス残業で泣く泣く仕事をされている方も多い。
そして帰ってテレビやゲーム。
これがさらに不眠、寝不足を招いています。

デスクワークの人は1日中同じ姿勢で運動不足。
そしてエアコンによる冷え。

食事は簡単なもので済ませる、外食、スーパーの総菜。

こんな生活が続くと、肌の不調どころか、うつになってしまいます。
うつになって引っ込んでから肌が改善したというケースもよくあります。

しかし、現代人は忍耐力があるのか、極限まで自分を追い詰めてしまっています。
そして知らず知らずのうちにホルモンバランスを崩してしまうのです。
我慢強い人ほど要注意!

肌荒れの改善は規則正しい生活から

水洗顔を続けているけど、テカリが治まらない、ニキビ、角栓が治まらないといった方は、生活習慣から見直してみてはいかがでしょうか?
また、顔を手で触らない、こすらない、ひっかかないことも忘れないで下さいね!

なお、最近では、女性ホルモンに特化したサプリメントや化粧品が出ていますが、根本から整えることができるのは、自ら生活習慣を改善することだけです。

女性ホルモンは補ったから整うといった単純なものではありませんし、化粧品に関しては肌から成分を吸収して女性ホルモンを増やす、整えるということはありません(ただ、感触はよくなります)。

なお、低用量ピルで改善するニキビは、生活習慣の乱れ、心労、疲労などのストレスが関係していますので、まずは心身ともに落ち着けることから始めましょう。



関連記事

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

鼻の毛穴のケアどうする?

化粧品売り場には、様々な種類の鼻の毛穴用ケア製品が並んでいます。 鼻に貼ってパリッと剥がす鼻パック

記事を読む

毛穴の黒ずみの変化

水洗顔と肌断食を徹底すること1年。 ようやく鼻の毛穴に変化が出てきました。 と言っても、大分

記事を読む

水洗顔の方法

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。 しかし、水洗顔の具体的方法につい

記事を読む

水洗顔角栓対策にオーガニックオイルならいい?

水洗顔で角栓できた、オーガニックオイルで溶かしていいですか? ピーリングはいいですか? 純石けん

記事を読む

no image

水洗顔は手ぬぐいを使ってもOK?

水洗顔と肌断食は、普段からたくさん化粧品をお使いの方は最初が大変だと思います。 しかし慣れると本当

記事を読む

no image

鼻の黒ずみ、毛穴はこすらない水洗顔

宇津木式洗顔などで、こすらない水洗顔を心がけていると、角栓もぐれになりますが、毛穴の黒ずみがひいてい

記事を読む

no image

水洗顔でくすみ改善

湯シャン・水洗顔による母親の変化は加齢臭だけではありませんでした。 以前は醤油で煮染めたように

記事を読む

水洗顔は老化の元?

ある化粧品の広告に「水洗顔は老化の元」などと書かれていました。 水洗顔で残った皮脂が酸化するという

記事を読む

no image

水洗顔の温度と方法

湯シャンに慣れてきたら、ぬるま湯だけでの洗顔にも挑戦してみましょう。 水洗顔の温度 水洗顔のぬる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑