*

宇津木式肌断食を成功させる方法

公開日: : 最終更新日:2020/09/27 肌断食

宇津木式は、こすらない水洗顔が特徴の肌断食。
洗面器にぬるま湯を入れ、その中で顔をフルフルすると宇津木式の水洗顔ができます。

そして水洗顔の後は、化粧水や乳液などはつけないのが鉄則です。
このように洗顔料も化粧品も使わない宇津木式ですが、失敗される方が後を絶ちません。

宇津木式失敗の原因

上記のように宇津木式の肌断食に失敗する人が多い。
失敗というよりも角栓や皮剥けで挫折している感じです。

宇津木式の肌断食に失敗する原因は、自分の肌に合う宇津木式を実践できていないということです。
乾燥肌の人が完全な宇津木式を目指すあまりにワセリンを我慢すると皮剥けがひどくて挫折することがあります。

逆に皮脂が多いタイプ、脂漏性の方は、純石けんを使うのを我慢して角栓やニキビで失敗することがあります。

宇津木式を成功させるには

では宇津木式は効果がない、よくないということになるのでしょうか。
いいえ、答えはNoです。

宇津木式は正しく実践すれば、健康で快適な素肌を手に入れることができます。
厳密に言えば、自分に合った宇津木式肌断食であり、自分に合うペースの宇津木式肌断食をおこなう必要があります。

宇津木式の肌断食は、純石けんとワセリンは使ってもよいことになっています。
ただ、純石けんとワセリンとも少量を推奨されています。

また、宇津木式を実践していても、柔軟剤を使用したタオルで顔をふいたり、顔を手で触ったりしていると肌が改善しにくいので気をつけましょう。

皮脂が多い方の宇津木式のやり方

皮脂が多い方や脂漏性の方が最初から完全な宇津木式肌断食を行おうとすると、高確率で角栓やニキビという肌荒れに見舞われます。
角栓も少しならいいのですが、量が多すぎると毛穴をふさいでニキビができてしまいます。

皮脂が多い方、ニキビができやすい方、脂漏性の方は、適度に純石けんを使いながら宇津木式を実践するとよいでしょう。
※ただしアトピー肌やアレルギー肌、酒さ、過剰なスキンケアなどで弱り切った肌には刺激となることもあるので、その場合は乾燥肌の宇津木式の部分をご参照下さい。
※混合肌の方も乾燥肌の宇津木式の部分をご参照下さい。

純石けんの使い方は、純石けんを手に取り、なるべく少量を泡立てます。
その泡のクッションで洗顔してください。
この方法だと顔をこすることもありません。

慣れてきたら、夜だけ純石けんを使ってみましょう。
それで安定していれば1日おきに夜だけ純石けんを使ってみましょう。
さらに慣れたら2日おきにしてもよいですが、それで角栓やニキビに悩まされるようなら1日おきに戻るとよいでしょう。

このように皮脂が多い方や脂漏性の方、ニキビができやすい方は、自分に合う宇津木式ペースが必要なのです。

なお、宇津木式を実践していてすでに角栓で苦戦している方は、上記純石けんで洗顔するとともに湯船で10~20分温もるとよいでしょう。
その後、顔をそっとなでると増えすぎた角栓が落ちます。

取りにくかったら、一度タオルで顔の水気を取ってなでるとよいでしょう。
角栓は取りすぎると、肌の防御力が落ちたり、毛穴が目立つので、取りにくい角栓は取らないようにしましょう。

乾燥肌の宇津木式のやり方

乾燥肌の人が最初から完全な宇津木式肌断食をおこなうと皮剥けや粉吹きなどの肌荒れを起こすことがあります。
そのまま宇津木式肌断食を続けても改善していく可能性は高いですが、失敗の原因になりやすいのは乾燥による痒みです。

顔が乾燥すると痒みやピリピリ感が発生することがあります。
そうなると顔を手で触らずにはいられませんね。
顔を手で触ると、手についた見えない刺激物が顔の肌にダメージを与えることになります。
気をつければいいと思いがちですが、痒みを我慢するのは辛いですし、無意識に触ってしまうこともあります。

乾燥肌の人は完全肌断食にこだわらず、米のとぎ汁洗顔米粉洗顔を行いながら宇津木式を進めるとよいでしょう。
米のとぎ汁は細かい粒子で皮脂汚れや古い角質をおとしてくれます。
また、グルコシルセラミドを含んでいるので肌表面の水分を逃がしにくく乾燥肌対策となります。

それでも乾燥を感じる場合はワセリンをうすくつけましょう
ワセリンを薄くつけておけば、ボロボロの角質層の角質をつなげてくれます。
痒みもいくぶん和らげることができます。
また、うっかり触ってしまっても人工の防御膜となってくれるので、そのまま触るよりはダメージが軽減されます。

※非接触生活では食べ物を肌につけるのは不安定とされています。

実践の際は目や鼻に入らないようにし、使用後はよく洗い流しましょう。
米のとぎ汁の保存は、常温では1日、冷蔵庫なら3日くらいで使い切った方が無難です。

宇津木式肌断食の効果

上記のように宇津木式肌断食は、自分に合うペースで行うことが成功の秘訣です。
自分の肌に合わせて適度にワセリンを使いましょう。

筆者は7年以上肌断食を実践しておりますが、ぶっちゃけ肌断食だけではニキビや乾燥などの肌荒れは改善しません

なぜならば、肌に必要な栄養素を肌まで届ける必要があるからです。
そのために必要なのは、保湿化粧品ではなく、バランスのよい食事です。
肉、魚、野菜、果物、豆類…バランスよく食べましょう。

また、ストレスの多い現代では、抗酸化作用のある食べ物を3食に分けて取り入れるとよいでしょう。
抗酸化作用のある食べ物は、かぼちゃなどの緑黄色野菜や果物、鮭などです。

さらに取り入れた栄養を肌まで届けるには血流をよくする必要があります。
体を温めたり、納豆などの発酵食品を取り入れ、血流をよくしておきましょう。

このように宇津木式肌断食とバランスのよい食事+抗酸化作用のある食べ物(かぼちゃ)を取り入れた結果、筆者の肌は以下のように改善しました。


宇津木式実践前 → 宇津木式実践後


そして現在です。

この経験で、宇津木式肌断食は嘘ではなく、自分に合うペースで正しく行えばきちんと効果が出るものだということが分かりました。

皆さまも宇津木式肌断食を実践される場合は、完全肌断食にこだわらず、自分の肌に合うペースで行われることをおすすめします。




関連記事

肌断食初期の肌荒れはリバウンド?

肌断食を始めると、肌が以前より荒れてしまった。 カサついてしまった。ということがあると思います。

記事を読む

肌断食初期の顔のかゆみ

肌断食初期は、肌がまだ傷んでいるので顔の痒みが発生しやすい。 私も肌断食の始めの1年は、顔に痒

記事を読む

肌断食でアトピーは改善する?

結論から言えば、肌断食だけではアトピーは改善しません。 もっと言えば、アトピーだけでなく、接触性皮

記事を読む

化粧水で保湿はできない

昔は化粧水をつけてパッティングするのが常識でした。 しかし現代の皮膚科学では以下のことが判明してい

記事を読む

肌質で選ぶ角栓対策

肌断食をしていると角栓に悩まされることがあります。 特に洗面器の中でプルプルの宇津木式洗顔で角栓で

記事を読む

肌断食1年2ヶ月経過

肌断食の経過報告です。 1年2ヶ月続けることができました。 赤みもニキビもテカリもなく快適です♪

記事を読む

肌断食で乾燥は治らない?

肌断食を始めたばかりだと、表面の角質層がボロボロなので水分を保つことができません。 化粧水をつけて

記事を読む

非接触生活を取り入れた肌断食の成功例

肌断食の中でも非接触生活は、改善率の高い肌断食。 しかしそれを実践するのは大変なことであります。

記事を読む

肌断食の乾燥肌対策

乾燥肌の人が肌断食を始めると、粉吹きや皮剥けに見舞われることがあります。 また、自分は乾燥肌だと自

記事を読む

肌断食8年経過してキメに変化

先日、肌断食8年を経過しました。 肌の状態としては、パッと見て最近の経過写真と変わりありません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑