*

宇津木式で肌がボロボロ

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌断食

昨日、「宇津木式で肌がボロボロ」と検索をかけて来られた人がおられました。
また、検索ワードを見ると、肌断食がうまくいかない人もいるようです。

まず、宇津木式や何もつけないを始めると、一時的に肌がゴワゴワになったり、かさついたり、荒れたりすることもあるようです。

それは、これまで化粧品に頼ってきた肌の状態が明るみになるため。
傷んでいる肌ほどそれが顕著に出てきます。

このまま、よくなるまで我慢して続けるのも一つの手ですが、荒れている肌を見るたびにうんざりするのはストレスになり、精神衛生上よくありません。
しかもストレスは肌のバリア機能を低下させ、改善が遅れてしまいます。
痒みや炎症を伴っていれば顔を触らずにはいられず、間接接触のもととなります。
その場合は、お風呂あがりもしくは就寝前に冷却美容を実践しましょう。
→冷却美容のページヘ
冷却美容を実践すると角栓もできにくくなります。

まず、基礎化粧品をやめるのなら、脱脂するもの、つまり石けんや洗顔フォームもやめないとかさつきます。
メイクは手ぬぐいで落とせる程度が理想ですが、そうでない場合はとれるNo.1がおススメです。
ただ、マスカラなどの濃いメイクはオイルがないと落とせないので、そのオイルでまた改善が妨げられます。
乾燥肌の方は、基礎化粧品を絶つ前に、水洗顔から入った方がいいかと思います。

また、肌断食・水洗顔は、湯シャンと併用するとニキビや湿疹が改善しやすいかと思います。

私が始めた順序としては、
まず、湯シャンを始める→5日後に水洗顔も始める
→その20日くらい後に基礎化粧品をやめました。
その間に基礎化粧品をやめるのを1回失敗しています。
エコ肌生活記の化粧品をやめたページ真ん中辺りに失敗の記録も書いてあります。

このように、これまでたくさん化粧品を使ってスキンケアをしてきた人が、いきなり化粧品をやめるのは、結構大変なことなのです。

宇津木式や肌断食は、無理をしないで徐々に入っていくとよいでしょう。
また、とれるNo.1などの補助、冷却美容などを取り入れて症状を緩和しながら進めると、ストレスなく入れます。


身の回りの洗剤にも重宝するとれるNo.1。
米ぬか、麦ぬか、微生物でできているので手荒れの心配もありません。



関連記事

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

肌断食初期のニキビ

肌断食をイキナリ始めて、ニキビが悪化した、乾燥した、肌荒れが悪化したという人もいらっしゃいます。

記事を読む

毛穴の黒ずみの変化

水洗顔と肌断食を徹底すること1年。 ようやく鼻の毛穴に変化が出てきました。 と言っても、大分

記事を読む

no image

肌断食で目の下のしわも治る?

昨日、「肌断食で目の下のしわも治る?」と検索をかけてこられた方がいらっしゃいました。 私の体験

記事を読む

no image

肌断食:洗顔後のつっぱり

肌断食を始めたばかりの頃は、洗顔後、肌が突っ張るという方も結構いらっしゃるかと思います。 肌断

記事を読む

no image

肌質で選ぶ角栓対策

水洗顔・肌断食をしていると角栓に悩まされることがあります。 特に洗面器の中でプルプルの宇津木式洗顔

記事を読む

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきました。 もちろん、化粧品に頼

記事を読む

no image

肌断食の産毛そり

今日はお風呂で産毛そりをしました。 せっかく新年を迎えるのだからサッパリして過ごしたいので肌もさっ

記事を読む

no image

肌断食 経過の検索結果画面にビックリ!

このブログでは、肌断食の経過を再々報告しています。 正確には肌断食はもちろん、水洗顔と湯シャンも併

記事を読む

no image

肌断食挫折について考える

私は肌断食生活2年以上しております。 理由は経費がかからないこと、肌荒れしにくいということです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑