*

肌断食で乾燥は治らない?

公開日: : 肌断食

肌断食を始めたばかりだと、表面の角質層がボロボロなので水分を保つことができません。
化粧水をつけてもすぐに蒸発してしまいます。

ズバリ言います。化粧品では乾燥肌は治りません
また、肌断食だけでも乾燥肌は治らない可能性があります

化粧品による保湿は違和感が

肌表面の角質層は保湿だけでなく、肌のバリア機能も担っています。
健康な肌表面の角質層は異物を通さないようになっています。
これが肌のバリア機能です。
しかしスキンケアをしてきた肌は肌のバリア機能が壊れています

化粧水やクリーム、乳液が、肌のバリア機能をぶちこわして浸透した結果です。
肌自らうるおう機能が元々備わっていたのに、それをぶちこわして人工の保湿剤を肌表面に付着させて保湿と呼んでいたのです。

よくスキンケアで肌を甘やかしてきたという言葉を見かけますが、正確にはスキンケアで肌を攻撃してきたという方が近いです。

人工の保湿は違和感があります。
自分の肌に適した保湿ではないからです。

残念ながら、自分の肌に適した保湿は自分の肌でないとつくることができません。
できることといえば、せいぜいワセリンで表面の角質をつなげて正常な角質層に近づけるくらいです。

肌断食で乾燥を改善したい人は無理をせずワセリンを薄くつけ、人工の保護膜を作ってあげましょう。

肌のバリア機能を回復させる

では肌表面の角質層は回復できるのでしょうか?
答えはイエス。
アトピーやアレルギーなど生まれつき防御機能が弱い肌でない限りは肌表面の角質層(バリア機能)は回復できます。
でも肌表面の角質層を回復するには、肌にダメージを与えないようにする必要があります。

具体的には、肌断食以外に、湯シャン、顔を手で触らない、柔軟剤・蛍光剤・漂白剤配合の洗剤を使わないなどの対策です。

肌表面の角質層が整ってくると肌自らうるおう機能も回復してきます。
ただ、肌断食1~2年は続けないと効果は見えてきません。
2年経っても乾燥が治らない場合は、まだ何か肌にダメージとなるものがあるか、肌に必要な栄養が不足している可能性があります。

肌断食だけでなく食事も必要

肌断食だけでは残念ながら乾燥は治らないことがあります。
なぜなら肌にはタンパク質やビタミンなどの栄養素が必要だからです。

なのでバランスのよい食事が推奨されています。
バランスのよい食事を摂っているのに乾燥が治らない場合は、抗酸化作用のあるものを3時間おきくらいに取ってみて下さい。

みかんやキウイなどの果物やトマト、かぼちゃなどの野菜が望ましいですが、時間がない場合はビタミンCサプリでもOK。
抗酸化作用のあるものを十分に取り入れることで、肌に必要なコラーゲンやエラスチンなど保湿に必要なものが生成されやすくなります。

肌断食で乾燥が改善した例

筆者は肌断食を実践して7年以上です。
40歳を過ぎた現在も肌に乾燥を感じることはありません。

しかし肌断食を実践して1年経っても口の周りの乾燥が時々再発していました。
顔は手で触らないようにしている、湯シャンも実践、柔軟剤等使っていません。

そこへビタミン豊富なかぼちゃを取り入れたところ、口周りの乾燥が再発しなくなりました。
皮脂の分泌を調整し健康な肌を保つビタミンB群、抗酸化作用のβカロテンとビタミンC、そしてホルモン分泌調整と血流のビタミンE。
肌に必要な栄養がふんだんに含まれているかぼちゃを1日3~6切れ取り入れたところ、乾燥が改善したのです。

というわけで、筆者はスキンケアをすることなく、肌断食とかぼちゃで乾燥、赤み、ニキビ、べたつきなどの肌荒れを改善しました。
食費は別としてかかった費用は実質ゼロ
米ぬか粉末はほとんど浴室掃除用なのでカウントしていません。
美肌に化粧品はいらないということが実証できました。

ただ、これは筆者の例。
中には人工でもいいから乾燥のない肌がほしいという人もいらっしゃると思います。
そのような方は肌断食でなくスキンケアありの生活もいいと思います。



関連記事

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

本日の肌の状態(肌断食の経過)

今日の肌の状態(肌断食・水洗顔)の経過報告です。 赤みも湿疹もテカリもなく、快適です♪ 湯シ

記事を読む

スキンケア製品に頼りきりはNG

ニキビ、シミ、シワ、カサつき、赤みなど。 多くの人が肌の悩みを抱えています。 そして多くの人

記事を読む

肌断食の挫折防止に役立つグッズを発見!

このところ、多くのメーカーさんが肌断食や湯シャンに着目中。 シンプルなスキンケアが見直されつつあり

記事を読む

no image

肌水分計の数値に振り回されない

化粧品の展示会に行くと、よく美容部員さんがいてお客様の肌水分を測定している光景を見かけます。

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

宇津木式肌断食を成功させる方法

宇津木式は、こすらない水洗顔が特徴の肌断食。 洗面器にぬるま湯を入れ、その中で顔をフルフルすると宇

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

no image

肌断食の産毛そり

今日はお風呂で産毛そりをしました。 せっかく新年を迎えるのだからサッパリして過ごしたいので肌もさっ

記事を読む

no image

肌断食で目の下のしわも治る?

昨日、「肌断食で目の下のしわも治る?」と検索をかけてこられた方がいらっしゃいました。 私の体験

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンを成功させる方法

湯シャンは肌断食に次ぐ肌荒れ対策の1つです。 シャンプーやリンス

化粧水で保湿はできない

昔は化粧水をつけてパッティングするのが常識でした。 しかし現代の皮膚

自律神経失調症から始まるニキビ

ニキビと言えばホルモンバランスが大きく変化する思春期に起きるものと考え

乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の原因は、空気の乾燥と思われていますが、実は空気の乾燥と肌の乾燥

宇津木式肌断食を成功させる方法

宇津木式は、こすらない水洗顔が特徴の肌断食。 洗面器にぬるま湯を入れ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑