*

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

公開日: : 肌断食

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。
特にBBクリームは日焼け止め・保湿・下地などがドッキングされていて手間も省けます。

このような理由で、肌断食をしながらも濃いメイクがやめられないという方もいらっしゃいます。

シミや毛穴など隠したい気持ちは分ります。

しかし、BBクリームもコンシーラーもリキッドファンデーションも肌にダメージを与えるものに変わりありません。
さらに、長時間異物で肌を覆うと、肌の機能(自らを整える機能)を妨げてしまいます。
そしてさらに、これらのカバー力の高い化粧品は落とすときにオイルがいります。
オイルがまた肌に負担をかけてしまいます

肌がいたんでいるときほどすっぴんが理想です。

肌断食ではメイクはNG?

毛穴の黒ずみや赤み、ニキビなどの肌荒れを改善しようと思えば、肌断食・すっぴんに越したことはありません。
しかし働いているなどでメイクが必要な場合は、ワセリンで肌を保護した上から柔らかいブラシでつけるとよいでしょう。

使用するファンデーションはミネラルファンデーション。
サウンドスタイルで販売されているシンプルファンデーションは必要最低限の成分でつくられ、肌への負担を最小限にしています。
スクワランとワセリンが入っているので、そのままつけるとよいでしょう。
お湯だけで落とせるので、オイルによるダメージも心配ありません。

しかし、アイライナーやマスカラをお使いの方は、オイルでないと落ちないので、肌の他の部位にオイルがつかないように気をつけましょう。

口紅もワセリンで保護した上からつけ、落とすときはお湯だけで落ちるように工夫するとよいでしょう。

化粧を落とした後は、何もつけないのが理想です。
どうしてもカサつきが気になる場合はワセリンを薄くつけておきましょう。


なお、パフでこすると肌をいためます。
柔らかい毛のブラシで粉をのせるようにしましょう。
毛のブラシが合わない人はシリコンパフなど摩擦が軽減されます。

なるべく肌を休ませてあげましょう

上記のように、肌断食を実践中でも、メイクのしかたを工夫すると肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

そうはいっても全く肌に負担がないわけではないので、メイクが必要な時以外はなるべく肌をやすませてあげるように心がけるとよいでしょう。

肌断食の基本は、肌にダメージを与えないことと肌の機能を活性化させることにあります。
肌が頑張って治ろうとしても、異物が邪魔してしまえば肌断食の意味がありません

できればすっぴんの時間を長くしましょう。
メイクはできるだけ薄めにしましょう。

ちなみに筆者は、職場がメイクにゆるい場所なので、年中すっぴんです。
おかげで肌の改善も早く、今も肌が安定しています。



関連記事

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

毛穴の黒ずみの変化

水洗顔と肌断食を徹底すること1年。 ようやく鼻の毛穴に変化が出てきました。 と言っても、大分

記事を読む

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきました。 もちろん、化粧品に頼

記事を読む

no image

宇津木式で肌がボロボロ

昨日、「宇津木式で肌がボロボロ」と検索をかけて来られた人がおられました。 また、検索ワードを見ると

記事を読む

肌断食で悪化する人、しない人

肌断食を始めて、肌が悪化する人としない人がいらっしゃいます。 しかしこのサイトに来られる方の検

記事を読む

no image

肌断食初期の肌荒れはリバウンド?

肌断食を始めると、肌が以前より荒れてしまった。 カサついてしまった。ということがあると思います。

記事を読む

肌断食とエステ

水洗顔を含む肌断食を行っていると、顔の表面に角栓がたまることがあります。 特に、宇津木式のようにこ

記事を読む

no image

肌断食挫折について考える

私は肌断食生活2年以上しております。 理由は経費がかからないこと、肌荒れしにくいということです

記事を読む

肌断食2年:約1年前に比べると

湯シャン、水洗顔、肌断食ももう2年。 最初と比べるとエライ差。 今日は過去の肌を振り返ってみ

記事を読む

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑