*

肌断食の乾燥肌対策

公開日: : 肌断食

乾燥肌の人が肌断食を始めると、粉吹きや皮剥けに見舞われることがあります。
また、自分は乾燥肌だと自覚がない人でもスキンケアをやめたとたんにツッパリ感を感じたり、白い粉を吹いたようになることがあります。

今回は乾燥肌の原因と筆者が実践してみて効果があった対策を紹介します。

原因1.肌の角質層がボロボロだから

肌断食を始めたばかりの頃は、肌の角質層がボロボロです。
これは念入りなスキンケアにより肌の角質層がこわれてしまった結果です。
(化粧水、クリーム、乳液、あるいはオールインワン化粧品、クレンジング、洗顔料など)

肌断食を始めると、スキンケア商品を一切つけないので、これまでは化粧品でごまかせていた肌があらわになり、肌がボロボロになったように見えます(実はすでにボロボロだった)。

肌の角質層はバリア機能の役割肌の水分を逃がさない役割があります。
この機能がこわれているのですから、乾燥を感じたり、痛みや痒みがあっても不思議はありません。

対策としてはこれ以上肌にダメージとなるものを触れさせないことです。
顔を手で触らないスキンケアを控えてワセリンを薄くつけるだけにするなどの対策が必要です。

肌の角質層が回復するまで時間がかかることもあるので、ワセリンを上手に使って切り抜けましょう。
挫折するくらいならつけた方がいいです。


いたんだ肌はこのように角質層(バリア機能)がボロボロなので、刺激物のダメージが大きいとともに水分が抜けていきやすい。

原因2.肌に充分な栄養が行き渡らない

身も蓋もないと思われがちですが、ストレスも結構大きな要因です。
人間はストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されます。

このホルモンが分泌されると血中の活性酸素の濃度が高くなり、それを分解するのに必要なビタミンCなどが大きく消費されます。

すると肌に必要なコラーゲンやエラスチンなどの元となるビタミンCなどが不足してしまいます。
その結果、肌に充分な栄養が行き渡らず、乾燥肌の原因となってしまうのです。

対策としては、できたらストレスの原因を断つこと、そして自分なりの気分転換の方法を持つことです。

しかし、仕事や家事、育児などでストレスを避けて通るのは難しいのが現実です。

なので、抗酸化作用のある食べ物を1日のうち何回かに分けてとりましょう

例えばカボチャであれば、2切れずつを3食に分けて食べます。
ただ、カボチャに含まれるカロテンは抗酸化作用が強い反面、食べ過ぎると肌が黄色くなるので、気になる方は量を加減してください。
その他に抗酸化作用の強いものは、オレンジ、トマト、ニンジン、ほうれん草、鮭などが挙げられます。
飽きないようにいろいろに食べるのもいいですね。

時間がない方や野菜・果物が好きでない人はマルチビタミンやビタミンCを使うという手もあります。
マルチビタミンは1日1錠、ビタミンCは1日2錠、3時間くらいあけて服用するとよいでしょう。
それでもストレスがひどくて間に合わない場合はビタミンCの服用を少しずつ増やしてみましょう。

原因3.タンパク質不足、脂質不足

健康な肌を保つうえで、タンパク質と脂質は必要不可欠です。
タンパク質は、健康な肌をつくる要素であるコラーゲンの材料になります。

上記に説明したビタミンも必要ですが、タンパク質も必要なのです。
食べ過ぎは禁物ですが、肉が好きな人が意外と肌がきれいだったり、若々しかったりします。

脂質はビタミンの吸収を助ける効果があります。
ブロッコリーやパセリをマヨネーズで食べるというのは理にかなっているのです。

栄養素は関連しあって作用するので、バランスのよい食事を心がけ、それでも改善しないなら抗酸化作用のあるものを増やしてみるというスタンスでもよいかと思います。

肌荒れの改善は食事も重要

筆者も肌断食を始めてから1年くらい口の周りの乾燥に悩まされたことがありました。
頬やあごのニキビは改善しているのになぜ口の周りだけ乾燥するの?!と戸惑ったものです。

そこで食事に抗酸化作用の強いかぼちゃを毎食2切れずつ取り入れてみると、口の周りに乾燥ができなくなりました。

肌断食で肌荒れを改善しようと思えば、食事面も重要だということが分かった次第です。
ワセリンと抗酸化作用のある食べ物を上手に取り入れながら、バランスのよい食事、規則正しい生活を心がけるのが美肌への近道です。



関連記事

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

no image

肌断食初期の肌荒れはリバウンド?

肌断食を始めると、肌が以前より荒れてしまった。 カサついてしまった。ということがあると思います。

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

肌断食で肌荒れが改善する人と悪化する人

肌断食を始めて肌が改善する人もいれば、改善しない人もいます。 肌断食で肌が改善しやすい人は、こ

記事を読む

肌断食とエステ

水洗顔を含む肌断食を行っていると、顔の表面に角栓がたまることがあります。 特に、宇津木式のようにこ

記事を読む

no image

宇津木式で肌がボロボロ

昨日、「宇津木式で肌がボロボロ」と検索をかけて来られた人がおられました。 また、検索ワードを見ると

記事を読む

肌断食愛好家のメイク道具

12月28日。 整理していると、ずっと探していた口紅が出てきました。 肌断食愛好家の私は普段

記事を読む

no image

肌水分計の数値に振り回されない

化粧品の展示会に行くと、よく美容部員さんがいてお客様の肌水分を測定している光景を見かけます。

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マスクで肌荒れどう対策する?

マスクでかぶれやニキビなどの肌荒れを起こす方が続々出ています。 特に

柔軟剤も肌荒れの原因に

柔軟剤を使用したタオルを使っていると肌荒れは改善しにくい。 このまま

水洗顔と石けん洗顔どちら

非接触や宇津木式では水洗顔が推奨されています。 宇津木式では純石けん

ビタミンCサプリを効果的に使うには

ビタミンCサプリメントは肌荒れの対策には便利なもの。 特に紫外線の強

湯シャンを毎日する理由

湯シャン実践者の中には、めんどくさいからといって、湯シャンすらせずに寝

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑