*

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯シャン(湯だけの洗髪), 美髪(髪を美しく保つ)

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

リンスやトリートメント後のすすぎで湯が顔に流れると、顔の皮膚に付着しベタベタ感触になります。
このベタベタ感触は皮膚にダメージを与え、ニキビや湿疹、赤みの元となります。
さらにこのリンス・トリートメントのすすぎ湯が、背中や胸の間に流れても湿疹ができやすい傾向です。

また、リンスやトリートメントをした髪が頬の方に触れるとかゆみが生じたり、赤みが出ることがあります。
これはスプレーや整髪料をかけた髪も同じことです。

さらに、リンス・トリートメントは感触を残すために完全に洗い流さない人もおられます。
髪の感触はリンス・トリートメントでコーティングされてよくなりますが、髪の内部は粗造化されていきます。
髪だけでなく、感触の残った髪が頬に触れると、ニキビや炎症、湿疹の原因にもなることがあります。

湯シャンをはじめると、シャンプーを使わないので、必要以上に脱脂せず、リンスがいりません。
自分の皮脂が「天然のトリートメント」となって髪の手触りやツヤをよくしてくれます。

どうしてもシャンプーを使いたい人は、とれるNo.1を使うとよいでしょう。
米ぬか、麦ぬか、微生物でできているので頭皮に害となるものがありません。
サラサラな感じが好みならパウダータイプを水でドロドロにといて、ある程度皮脂を残してしっとりさせたい場合は液体タイプをスプレーして湯シャンするとよいでしょう。

また、獣毛ブラシでブラッシングすると髪のほこりを取ってくれるので、ツヤが良くなります。
→詳しくはエコ肌生活記の獣毛ブラシ奮闘記をご参照ください。




肌や頭皮にダメージとなるものが入っていないので、安心して湯シャンの補助に使えます。
ただ、なるべくなら湯シャンの回数を多めにし、慣れるようにしましょう。



関連記事

no image

湯シャンで抜け毛が増える理由

髪や頭皮、そして肌にダメージを与えないのが湯シャン。 しかし、これまでにシャンプーやリンス、ト

記事を読む

湯シャン後、髪は乾かした方がいい?

冬は体が冷えやすいから、少しでも冷える要素を減らしたいところ。 湯シャン後の髪を乾かすのもその

記事を読む

獣毛ブラシの汚れもアクリルたわしで

湯シャンは肌荒れの改善や頭皮荒れの改善に効果的。 そしてその湯シャンに付き物なのが獣毛ブラシ。

記事を読む

湯シャン失敗例

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。 湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワ

記事を読む

no image

湯シャン:綿手袋で髪がサラサラ

湯シャンで、綿手袋も綿ハンカチも使わない時期がありました。 拭うものがなくても湯シャンイケるように

記事を読む

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。 市場には薄毛の方のために、様

記事を読む

湯シャンで髪が増えた(69歳)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白髪染めを月に1回くらいのペース

記事を読む

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

湯シャン前のブラッシングで髪を整えやすくなる

湯シャン前の前後のブラッシングは、髪のベタつきを予防したり、髪を美しく保つのに重要な要素であります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑