*

髪や頭皮のべたつき原因と対策

公開日: : 湯シャン(湯だけの洗髪)

シャンプーでは改善できない

髪と頭皮のべたつきは、シャンプーでは改善することはできません。

髪や頭皮のべたつきが気になるからといってシャンプーをしっかり行おうとする人が多いですが、逆効果になることが多い。

洗浄力の強いシャンプーで洗うと髪や頭皮に必要な成分まで流されてしまいます。

その結果、皮脂がもっと必要だと判断し、より多くの皮脂が分泌されます。
毎日のシャンプーが頭皮のべたつきの原因となることもあるのです。

対策としては湯シャンが適していますが、頭皮のベタつきがある段階で湯シャンを始めるのは危険です。

髪・頭皮のべたつきの原因

・皮脂腺の肥大化
多くの人は毎日シャンプーをしています。
市場に出回っているシャンプーのうちの多くは洗浄力が強く、頭皮に必要な成分まで洗い流してしまいます。

すると頭皮に必要な成分を補うために、皮脂の分泌が増えていきます。
これを繰り返しているうちに皮脂腺が肥大化していきます。

皮脂腺が肥大化すると、常に皮脂の分泌が多い状態となり、頭皮のベタつきの原因となり、髪のベタつきの原因となるのです。

・常在菌環境の悪化
シャンプーやリンス、コンディショナー等の界面活性剤頻繁に使用すると頭皮の常在菌のバランスが乱れます。

界面活性剤に強い常在菌だけが残り、その他の常在菌が死滅してしまうので、皮脂の分解→酸化物の分解がうまくいかず、古い皮脂が残ったままとなります。

こうなると頭皮のベタつきの原因となるだけでなく、頭皮の臭いや炎症の原因ともなります。
慢性化すると薄毛の原因になることもあります。

頭皮のべたつき対策

頭皮のべたつきを改善するには、まず頭皮の皮脂分泌機能を正常化する必要があります。
それには頭皮に必要な成分を洗い流さないようにする必要があります。
また、頭皮にダメージを与えないようにすることも必要です。

頭皮のベタつきを改善するには湯シャンが適しているのですが、毎日シャンプーをしていた人にとってイキナリ湯シャンに入るのはとても危険です。

というのも毎日シャンプーを行ってきた人は、頭皮の常在菌環境が整っておらず、そのまま湯シャンに入ると、頭皮の臭いやべたつきの原因となるからです。

そこで湯シャンに慣れるまでの前段階として、シャンプーを薄めて使うシャンプーの頻度を下げるなどの工夫を行いましょう。

薄めシャンプーの日→湯シャン→薄めシャンプー→湯シャンなどと湯シャンをはさんでみるのもよいでしょう。

薄めシャンプーになれたら、米ぬか粉末か小麦粉シャンプーをおすすめします。
小麦粉シャンプーは自宅で小麦粉と水を混ぜてレンジでチンして作ることができ、毛剃りの時のクッションにも使えます。
米ぬか粉末は顔や体にも使え、浴室掃除にも使えます。

洗髪する前にはしっかりとブラッシングしましょう。

湯シャンでベタつく場合

上記のように段階的に湯シャンに入ると、頭皮や髪のベタつきが軽減されます。
また頭皮の臭いといったトラブルの確率もグンと下げることができます。

上記の段階に慣れてきたら、いよいよ湯シャンです。

湯シャンの前にはしっかりとブラッシングをしましょう。
髪のベタつきが気になる場合は、手ぬぐいか綿手袋などで髪を小束に分けて拭いながら湯シャンしましょう。

次に湯船に10分くらい浸かり、お風呂から出るときはもう一度湯シャンをします。

それでも髪がベタつく場合は、無理をせず、小麦粉シャンプーか米ぬか粉末を使いましょう。



関連記事

薄毛用シャンプーや抜け毛用シャンプーってどう?

薄毛用シャンプー。 抜け毛用シャンプー。 頭皮用シャンプー。 市場には薄毛の方のために、様

記事を読む

no image

湯シャン後の髪の乾かし方

湯シャンを始めたばかりの時、濡れたままだと臭うことがあります。 本人にはわからなくても家族が分かる

記事を読む

湯シャンで臭い場合

湯シャンを始めたばかりの場合、髪や頭皮が濡れたままだと臭うことがあります。 それは、頭皮の常在

記事を読む

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白髪染めを月に1回くらいのペース

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

肌荒れ対策は湯シャンから

よいシャンプーなんてこの世にない。 それは、クマさん先生の言葉だった。 最初に聞いたとき

記事を読む

no image

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

記事を読む

no image

湯シャンは無理をしないのが重要

暑い日が続きますね。 こう暑いと汗で髪や頭皮もジットリ。 こんな日は思わずシャンプーしたくな

記事を読む

湯シャン前のブラッシングで髪を整えやすくなる

湯シャン前の前後のブラッシングは、髪のベタつきを予防したり、髪を美しく保つのに重要な要素であります。

記事を読む

湯シャンにリンスはNG

ネットを見ていると、肌断食や水洗顔はしているけど湯シャンはしていない人が多い。 また、湯シャンを知

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マスクで肌荒れどう対策する?

マスクでかぶれやニキビなどの肌荒れを起こす方が続々出ています。 特に

柔軟剤も肌荒れの原因に

柔軟剤を使用したタオルを使っていると肌荒れは改善しにくい。 このまま

水洗顔と石けん洗顔どちら

非接触や宇津木式では水洗顔が推奨されています。 宇津木式では純石けん

ビタミンCサプリを効果的に使うには

ビタミンCサプリメントは肌荒れの対策には便利なもの。 特に紫外線の強

湯シャンを毎日する理由

湯シャン実践者の中には、めんどくさいからといって、湯シャンすらせずに寝

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑