*

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 ニキビ対策, 肌荒れ, 肌の赤み

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。

水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に触れません。
まったくこすらない方式です。
角栓を取るときは、湯船で温もりふやかして落とします。
(手を使うときは手ぬぐいと流水ですすいで使っています)

その甲斐あって、肌荒れナッシング。
もちろん、ニキビや赤みもナッシング。
毛穴も目立ちません。


最近の私の肌。
顔を触らなければこんなになめらかです。

毛穴は、刺激を経ったら次の日にでも変化があるみたいなことが非接触皮膚科学で書かれていましたが、なるほど、気をつけていると違いますね。

やはり美肌の基礎って「刺激を断つこと」なんだと実感。

美肌になりたい!と思ったら・・・
まずは肌に刺激となるものを付着させない。
肌にダメージとなるものを触れさせない。

肌にダメージとなるものを避ける

シャンプー、リンス、石けん、トリートメント、化粧水、クリーム、乳液、洗剤、漂白剤、消臭剤、殺菌剤、スプレーなどなど。
見落としがちですが、塩やアロマオイルにも注意ですね。

さらに「肌を触らない」。
手はいろんなところを触っているので間接的な接触の原因の様子。

湯シャン、水洗顔、肌断食だけでも、毛穴やたるみは改善する(私個人の記録ですが)のだから、やはり基礎なんだな~と振り返ります。
→最初の6ヶ月間の変化はこちら

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践していて、あまり肌の調子がよくないなと感じたら、うっかり肌を触ったり、擦ったりしなかったか振り返ってみるとよいでしょう。
枕のタオルや洗顔のタオルにも気をつけたいですね。

ニキビや毛穴は、ちょっと気をつけるだけでも改善しやすいです。
小さな点だけど効果は大です。
(それだけに、うっかりも多いのですが^^;)

また、夏場は、皮脂でベタついていると思いがちですが、実際は汗が原因のことがよくありますので、こまめに水洗顔するとよいでしょう。

どうしても痒みやピリピリ感で触らずにいられない、掻きむしってしまう、強くこすってしまうという場合は、その都度水洗顔をしてみてください。
乾燥でかゆくなっている場合は、角質がめくれてかゆくなっていることもありますので、ワセリンをうすくつけて角質をつなぎ止めておくとよいでしょう。

その都度水洗顔は、角栓が気になる方にもおすすめですが、水洗顔前には手をしっかり洗って下さいね(石けんは不要です)。



関連記事

肌荒れを改善するには便秘対策も

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。 特に、宿便がたま

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

no image

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角

記事を読む

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出すると顔に汗をかくことが多いか

記事を読む

肌断食愛好家、メイクをして出かける

昨日は面接試験に行ってきました。 企業の面接でなく、秘書検定準1級の面接です。 →実はこの記事の

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメージを与えるものがあります。

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔のくすみは姿勢にも注意!

顔の色と首の色に差がありませんか? また、手の甲の色と顔の色とを比べ

肌断食と湯シャン7年経過の報告

2019年10月、肌断食と湯シャンを始めて7年経過しました。 現在の

毛穴の黒ずみ、もしかして埋没毛?

肌の悩みで多くを占めるのが毛穴の黒ずみです。 毛穴の黒ずみは肌へのダ

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑