*

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 ニキビ対策, 肌荒れ, 肌の赤み

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。

水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に触れません。
まったくこすらない方式です。
角栓を取るときは、湯船で温もりふやかして落とします。
(手を使うときは手ぬぐいと流水ですすいで使っています)

その甲斐あって、肌荒れナッシング。
もちろん、ニキビや赤みもナッシング。
毛穴も目立ちません。


最近の私の肌。
顔を触らなければこんなになめらかです。

毛穴は、刺激を経ったら次の日にでも変化があるみたいなことが非接触皮膚科学で書かれていましたが、なるほど、気をつけていると違いますね。

やはり美肌の基礎って「刺激を断つこと」なんだと実感。

美肌になりたい!と思ったら・・・
まずは肌に刺激となるものを付着させない。
肌にダメージとなるものを触れさせない。

肌にダメージとなるものを避ける

シャンプー、リンス、石けん、トリートメント、化粧水、クリーム、乳液、洗剤、漂白剤、消臭剤、殺菌剤、スプレーなどなど。
見落としがちですが、塩やアロマオイルにも注意ですね。

さらに「肌を触らない」。
手はいろんなところを触っているので間接的な接触の原因の様子。

湯シャン、水洗顔、肌断食だけでも、毛穴やたるみは改善する(私個人の記録ですが)のだから、やはり基礎なんだな~と振り返ります。
→最初の6ヶ月間の変化はこちら

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践していて、あまり肌の調子がよくないなと感じたら、うっかり肌を触ったり、擦ったりしなかったか振り返ってみるとよいでしょう。
枕のタオルや洗顔のタオルにも気をつけたいですね。

ニキビや毛穴は、ちょっと気をつけるだけでも改善しやすいです。
小さな点だけど効果は大です。
(それだけに、うっかりも多いのですが^^;)

また、夏場は、皮脂でベタついていると思いがちですが、実際は汗が原因のことがよくありますので、こまめに水洗顔するとよいでしょう。

どうしても痒みやピリピリ感で触らずにいられない、掻きむしってしまう、強くこすってしまうという場合は、その都度水洗顔をしてみてください。
乾燥でかゆくなっている場合は、角質がめくれてかゆくなっていることもありますので、ワセリンをうすくつけて角質をつなぎ止めておくとよいでしょう。

その都度水洗顔は、角栓が気になる方にもおすすめですが、水洗顔前には手をしっかり洗って下さいね(石けんは不要です)。



関連記事

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

口元のニキビは胃腸に注意!

胃腸の弱い方、ストレスで胃腸に響きやすい方は口元にニキビができやすい傾向にあります。 また、現

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

生理中のお尻かぶれ

先日、地球洗い隊さんに注文した布ナプキンが届きました。 今までの布ナプキンは2つを2年以上敵の

記事を読む

寒さ・冷えで多発する顎ニキビ

また、一段と寒くなった今日この頃。 顎ニキビについての相談も増えてきました。 そうです。

記事を読む

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は同じです。 洗顔のやりす

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

no image

水道水やプールの塩素は肌に影響する?

あ~暑い!暑い! 毎日暑い日が続きますが、皆さま体調いかがでしょうか。 こういう時期は日傘や帽子

記事を読む

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつく

記事を読む

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。 「冷えのぼせ」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑