*

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌荒れ ,

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。

しかしこれらのアイテムで角質をボロボロ擦って落としすぎると肌を守ってくれる角質(バリア)がなくなります
また、ゲルが残留すると2重の刺激になってしまいます。

エコ肌生活記で身の回りの洗剤として紹介している「とれるNo.1」も使う頻度が多かったり量を多く使うと、アッサリと角質が取れてツルツルになりすぎてしまうことがあります。

表面の角栓(モサ)だけならいいのですが、肌を守るのに必要な角質まで取ってしまっては返って肌荒れの元。

普段メイクをしない方、すっぴんの方であれば、落とすものも少ないので、なるべく水洗顔の方がよいでしょう。
ニキビや湿疹、赤みなどの肌荒れを起こしやすい方、もしくは肌荒れを起こしている最中の方は特に水だけの洗顔がよいかと思います。

とれるNo.1は肌にダメージとなるものこそないので、湯洗髪補助(ベタつき対策)や身の回りの洗剤には打ってつけですが、顔に使う場合は量と回数は加減する必要があるようです。
なるべく少量を、回数は少なめに。
肌のザラつきが気になった時だけ少量を使うとよいでしょう。

ツルツルスベスベの感触は肌触りこそいいものの、刺激に対する防御力はありません
見た目はきれいでも防御力がないのです。

必要な角質は無理やり剥がさずに残しておきましょう。



肌荒れしやすい人に向いている身の回り(お風呂、トイレ、キッチンなど)の洗剤。
顔に使う場合、適量使うと便利ですが、普段すっぴんの方が毎日たっぷり使うと角質を取りすぎてしまう可能性もあります。



関連記事

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

手作り化粧水は効果あり?!

時々、手作り化粧水について質問がきます。 「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですが

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

冬は乾燥の季節?

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。 しかし非接触によると、冬の空

記事を読む

角質培養・肌断食で肌のキメが整ってきました

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

水洗顔で毛穴の黒ずみをケア

洗顔料やクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取ってしまいます。 必要以上に皮

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頬の毛穴、たるんでいませんか?

年齢を重ねると頬の毛穴で悩む方が増えてきます。 大抵は40代くらいか

赤ら顔・頬の赤みの原因と対策

寒暖の激しい季節になると、頬が赤くなったり、赤ら顔になる方が増えてきま

飲む日焼け止めは効果ある?

最近、飲む日焼け止めが流行っているようです。 巷では、飲む日焼け

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑