*

冬の肌荒れ対策

公開日: : 肌荒れ

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。
かさつき、ブツ、赤みなど。
中でも肌の乾燥は、空気の乾燥と思われていますが、実は他にも理由があるのです。

冬に肌荒れが増える理由

・冬グッズ(マフラーや防寒着、毛布等)の登場
・寒さによるストレス(大きい)
・忘年会等で胃腸の不調(結構デカイ)
・年末のせわしさで心身共に余裕がなくなる
・学生であれば受験が近い

冬の肌荒れ対策

肌荒れ対策としては、こんな感じ。
というか冬だけでなく、いつも気をつけるものも含んでいます。

・適度に体を休める。
・夜更かしをしない。
・暴飲暴食を避ける。
・マフラー等は洗ってから身につける
・クリーニングに出した防寒着等は直接肌に触れないようにする
・マスクは使い捨てのものでなく、ガーゼのものを洗って使用。
※どうしてもない時は、中にガーゼを忍ばせるという方法をとる人もいるようです。
・毛布は柔軟剤等使わない
・ビタミンCをたっぷり取る(粉末や青果など)
・寒さを我慢せず、体を温める。

当たり前のことと言ってしまえば、それなのですが、意外にも実践は難しい様子。
特に年末で忙しい人など、荒れやすい傾向にあります。

私も、年末で忙しく、睡眠不足になりがちなので気をつけたいところ。
ピルを使っている場合も、肌のバリア機能は変わらない、いや、この時期特に落ちがちなので気をつけたいところです。
肌の調子がいいと言って調子に乗り、目の下にブツとクマができてしまいましたが、休息を取ることでひいてきました。

なお、かかとのひび割れなど乾燥の原因は、洗剤等だけでなく、冷えもありますので、冷やさないよう気をつけて下さいね!
肌荒れの原因は、まずは接触ですが、生活習慣、行動、体の中にも原因があります。

皆さまもくれぐれも無理をされないようにお過ごし下さい。
よいクリスマス、よい年末を迎えられますように・・・
ってちょっと早いかしら。

boukan
このように防寒具が肌に触れないように・・・
また、顔は手で触らないように・・・



関連記事

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです。 肌がいたんでいるというこ

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

空気の乾燥で肌は乾燥する?

寒い時期になると、よくこんな質問が来ます。 「これから寒くなり、空気が乾燥していきますが肌の乾

記事を読む

肌荒れの部位別原因と対処法

肌荒れというものは、よく同じ箇所に同じような症状ができることがあります。 例えばニキビ。 こ

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

何もつけない美肌術

10月10日、非接触皮膚科学で有名な牛田先生が、「何もつけない美肌術」という本を出されました。

記事を読む

no image

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

男性はいいな~。 化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。 いつでもどこでも水洗顔できて、さ

記事を読む

水洗顔で毛穴の黒ずみをケア

洗顔料やクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取ってしまいます。 必要以上に皮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑