*

冬の肌荒れ対策

公開日: : 肌荒れ

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。
かさつき、ブツ、赤みなど。
中でも肌の乾燥は、空気の乾燥と思われていますが、実は他にも理由があるのです。

冬に肌荒れが増える理由

・冬グッズ(マフラーや防寒着、毛布等)の登場
・寒さによるストレス(大きい)
・忘年会等で胃腸の不調(結構デカイ)
・年末のせわしさで心身共に余裕がなくなる
・学生であれば受験が近い

冬の肌荒れ対策

肌荒れ対策としては、こんな感じ。
というか冬だけでなく、いつも気をつけるものも含んでいます。

・適度に体を休める。
・夜更かしをしない。
・暴飲暴食を避ける。
・マフラー等は洗ってから身につける
・クリーニングに出した防寒着等は直接肌に触れないようにする
・マスクは使い捨てのものでなく、ガーゼのものを洗って使用。
※どうしてもない時は、中にガーゼを忍ばせるという方法をとる人もいるようです。
・毛布は柔軟剤等使わない
・ビタミンCをたっぷり取る(粉末や青果など)
・寒さを我慢せず、体を温める。

当たり前のことと言ってしまえば、それなのですが、意外にも実践は難しい様子。
特に年末で忙しい人など、荒れやすい傾向にあります。

私も、年末で忙しく、睡眠不足になりがちなので気をつけたいところ。
ピルを使っている場合も、肌のバリア機能は変わらない、いや、この時期特に落ちがちなので気をつけたいところです。
肌の調子がいいと言って調子に乗り、目の下にブツとクマができてしまいましたが、休息を取ることでひいてきました。

なお、かかとのひび割れなど乾燥の原因は、洗剤等だけでなく、冷えもありますので、冷やさないよう気をつけて下さいね!
肌荒れの原因は、まずは接触ですが、生活習慣、行動、体の中にも原因があります。

皆さまもくれぐれも無理をされないようにお過ごし下さい。
よいクリスマス、よい年末を迎えられますように・・・
ってちょっと早いかしら。

boukan
このように防寒具が肌に触れないように・・・
また、顔は手で触らないように・・・



関連記事

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメージを与えるものがあります。

記事を読む

肌荒れの部位別原因と対処法

肌荒れというものは、よく同じ箇所に同じような症状ができることがあります。 例えばニキビ。 こ

記事を読む

肌荒れしないお風呂の洗剤

非接触皮膚科学や当サイトをお読みの方はご存知だと思いますが、お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌)

記事を読む

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

寒さ・冷えで多発する顎ニキビ

また、一段と寒くなった今日この頃。 顎ニキビについての相談も増えてきました。 そうです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケア

湯シャンで頭皮が臭い意外な原因

湯シャンを始めたものの頭皮が臭い。 湯シャンをしている友人の頭皮が臭

毛穴の黒ずみの原因と経過はマイクロスコープでチェック

肌断食を長く続けていて、頬や鼻の毛穴の改善が止まったという方が結構いら

肌断食で肌の改善が止まったら

肌断食で肌の改善が止まった。 毛穴、これ以上はムリなのかな。 とい

白髪は改善することがある?

最近、毛根から根元が黒い白髪を何本か抜いてしまいました。 ああ!抜か

→もっと見る

  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯洗髪、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑