*

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

公開日: : 肌の赤み

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。
蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々ですが、顔を触って赤くなり膨れても数時間でひく場合がよくあるので焦らず肌をそっとしておきましょう。

私も蕁麻疹の体質を持っていますが、私の場合の蕁麻疹は、しつこく触ると赤みを発症します。
しかしそのまま数時間たつと治まります。

自分の体質についてよく知らない間は、ニキビだ!と騒いだものですが、大人になってからは自分の体質というかクセが分かってきたので「ああ、またか」で終わります^^;。
また、何に触れると発症するかも分かってきました。(大体人の手です)

数時間経てばおさまるので、何かに触れたり顔を触ったりしなければいいのです。
(逆に言えば蕁麻疹は触っているうちはいつまでたっても治まりません
ちなみに顔だけでなく全身で起こります。

20140611_sesshoku
触ると上記のように赤みがほんのりと出て膨れます。

20140611_sesshoku2
触らずにそっとしておくと、数時間後には上記のように治まります。

母親も暑い時期に蕁麻疹が発症し病院に通ったことがあります。
しかしなかなかよくなりませんでした。
これは、好きな食べ物を我慢できなかったり暑さでどうしても発症してしまったものと思われます。

こういった蕁麻疹のような症状が強く出やすい時は大体、暑い時や油物の取り過ぎ、ストレスなど。
ちょっとした体調の狂いでも発症することがあるようです。

触って赤くなっても数時間で赤みがひくと「蕁麻疹」の可能性があります。
蕁麻疹も種類によっては、接触性皮膚炎同様、化粧品や刺激となる物質を避ける必要性があるようです。
触らないという点でも同様。
症状が非常に似ているので皮膚科によって診断が異なるのも頷けます。



関連記事

冷却美容を実践していると

最近は冷却美容にハマり状態。 夜は暇さえあれば保冷剤で冷却。 それが冷却美容を始めてから、ど

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

ASVCに頼りすぎない

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。 ※後ろの数字は濃度を表していま

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

口周りの肌荒れ(赤み)には

2014年10月末口周りがまた荒れてしまいました。 振り返れば冷却美容に甘えすぎていた様子。

記事を読む

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

顔にシミができやすい原因

皆さまは不思議に思いませんか? 体にはあまりシミがないのに、顔はよくシミができる。 こんな人

記事を読む

no image

冷却美容の注意点

冷却美容は毛穴を引き締める、炎症を抑えるなどの効果があります。 →冷却美容に関して詳しいことはこの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑