*

角質培養と水洗顔の角栓対策

公開日: : 最終更新日:2020/09/27 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔), 角質培養

角質培養も水洗顔も基本的にはぬるま湯だけで洗顔します。
顔をこすらないように洗顔し、健康な角質を育てるのが目的です。

しかし肌が傷んでいたり、肌にダメージが続くと顔がザラザラになります。
この顔のザラザラは角栓といい、モサとも言われています。

角栓の原因

角栓ができる原因は過剰な皮脂ですが、その原因は肌へのダメージ

肌がダメージを受けると、肌が肌自身を守るために角質を厚くしたり、皮脂の分泌を増やします
その結果、角栓が増えてしまい、顔がザラザラになるわけです。

肌へのダメージの元となるのは以下の通り。

・顔を触ること
・スキンケアのやりすぎ
・柔軟剤を使ったタオルやマフラー、マスク、枕カバー
・日焼け止め
・シャンプー等のヘアケア剤が残留した髪
・シャンプーやトリートメントのすすぎ湯 などなど

上記のことは角栓が増える原因になるのです。
これらの原因をできるだけ解消して角栓ができにくい肌にしましょう。
そうすることで肌へのダメージがなくなり、肌荒れしにくくなります。

角栓の対策とケア

上記の通り角栓の対策は原因となるものを断つことが美肌への近道です。
しかしすでに増えてしまった角栓を放置するのは化粧ノリも悪く、心地よくありません。

かといって角栓を無理矢理落とすと、さらに肌のバリア機能が低下して新たな肌荒れの原因となります。

そこで米のとぎ汁洗顔もしくは米粉洗顔を行なってみましょう。
細かい粒子がやさしく余分な皮脂や角栓を落としてくれます。
当然肌へのダメージはありません。

また、米のとぎ汁や米粉にはグルコシルセラミドが含まれており、肌表面の水分が蒸発するのを防ぎ保湿ケアもできます。
角栓対策と保湿ケアの両方を行えるのです。
水分と油分が十分にあり、バランスの取れた肌は肌のバリア機能も高い傾向にあります。

このように角栓ができる原因を防ぎながら、米のとぎ汁洗顔もしくは米粉洗顔を取り入れることでスムーズに角質培養や水洗顔を進めることができます。

※非接触生活では食べ物を肌につけるのは不安定とされています。

実践の際は目や鼻に入らないようにし、使用後はよく洗い流しましょう
保存は、常温では1日、冷蔵庫なら3日くらいで使い切った方が無難です。
少しでも肌に異常が出たら実践を中止して下さいね。

角質培養と水洗顔をやってみた結果

上記の角栓対策を行いながら角質培養と水洗顔をやってみた結果、ワントーン明るい肌になりました。
ハリとうるおいが以前よりもあり、たるみ毛穴の面積も減ってきました。


角質培養1ヶ月・肌断食8年近く




関連記事

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

鼻の毛穴のケアどうする?

化粧品売り場には、様々な種類の鼻の毛穴用ケア製品が並んでいます。 鼻に貼ってパリッと剥がす鼻パック

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

水洗顔の温度と方法

肌断食に慣れてきたら水洗顔にも挑戦してみましょう。 皮脂が多い人は朝だけ水洗顔にしてみましょう。

記事を読む

角質培養と肌断食で毛穴が小さくなった経過写真

先日、42歳の誕生日を迎えました。 ありがたいことに42歳でもシミやシワがなく、プリプリの肌を保っ

記事を読む

no image

水洗顔でくすみ改善

湯シャン・水洗顔による母親の変化は加齢臭だけではありませんでした。 以前は醤油で煮染めたように

記事を読む

水洗顔と石けん洗顔どちら

非接触や宇津木式では水洗顔が推奨されています。 宇津木式では純石けん洗顔もOKですが、非接触ではN

記事を読む

水洗顔で顔がザラザラ角栓だらけ

宇津木式の影響で、水洗顔を行う方が徐々に増えてきました。 かくいう私も毎朝水洗顔を行っている者の1

記事を読む

肌断食は老化の原因?!

肌断食は水洗顔後に何もつけないのが特徴です。 メイクを使う人など純石けんを使う人もおられますが、た

記事を読む

肌質で選ぶ角栓対策

肌断食をしていると角栓に悩まされることがあります。 特に洗面器の中でプルプルの宇津木式洗顔で角栓で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

湯シャン愛好家におすすめの美容室

最近、湯シャンをしていても気軽に立ち寄れる美容室を見つけました。 そ

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑