*

水洗顔は老化の元?

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

ある化粧品の広告に「水洗顔は老化の元」などと書かれていました。
水洗顔で残った皮脂が酸化するという言い分の様子。

しかし非接触を実践されている方はご存じかと思いますが、皮脂そのものが肌に影響することはありません。

問題は、肌の常在菌環境。

肌の常在菌のバランスが崩れている場合、ある常在菌Aが皮脂を分解した後に生じるもの(脂肪酸)が、別の常在菌Bによって分解されず酸化してしまいます。

そうです。この場合、常在菌Bがいない、もしくは減少しているために、皮脂の酸化(正確に言えば、皮脂が分解された後に生じる脂肪酸の酸化)が起こってしまいます。

では、なぜ常在菌環境が崩れてしまうのでしょうか。

常在菌環境が乱れる原因

肌の常在菌環境が乱れる原因は、界面活性剤の使いすぎ。
化粧品に頼りすぎ。

シャンプーをモコモコ使っていたり、クレンジングや泡洗顔のしすぎ等によって、本来顔にいる常在菌が殺されてしまいます。
強い種類の常在菌は生き残りますが、弱い種類の常在菌はすぐに全滅。

この常在菌環境が狂った状態で、いきなり湯シャンや水洗顔に入ると、臭い、ベタつくなどの現象が起こります。
皮脂の酸化、いえ、常在菌によって分解しきれなかった脂肪酸が酸化したものであります。

かといってしっかりシャンプーしなさい、しっかり洗顔料を使って洗顔しなさいと言うわけではありません。

本来、自分の皮膚にいる常在菌をもう一度育て、その常在菌によって肌を守ってもらいましょうということです。

常在菌を育てるには

常在菌を育てるには、常在菌を殺すもの、つまり界面活性剤(シャンプー、トリートメント、洗顔料など)を控える必要があります。
余分な皮脂はぬるま湯で十分落とすことができます。

しかし、いきなり湯シャン、水洗顔に入ると角栓やベタつきで挫折してしまうケースも多い。
なので無理をするよりは、段階的に湯シャンや水洗顔に入る方が挫折率が低くなります。

シャンプーの量を少なくする、1日おきにしてみる、洗顔料を純石けんにして泡立てて使うなど、小さな事からでもいいので始めてみるとよいでしょう。
※詳しい方法はシンプルケアのページをご覧下さい。

そして慣れてきたかな、という頃に、湯シャン、水洗顔に移行します。



関連記事

無洗顔、水洗顔のメリット、デメリット

最近、ちょっと驚いたことがあります。 それは水洗顔も何もしない「無洗顔」を行っている人がいると

記事を読む

no image

水洗顔でくすみ改善

湯シャン・水洗顔による母親の変化は加齢臭だけではありませんでした。 以前は醤油で煮染めたように

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

no image

水洗顔するときの温度

最近、水洗顔をするときの水の温度について質問をいただきました。 私も湯シャン・水洗顔を始めたころは

記事を読む

no image

水洗顔初期の角栓対策

水洗顔を始めたばかりの頃は肌のゴワゴワ・ザラザラに悩まされることがよくあります。 また、過剰なスト

記事を読む

no image

宇津木式の水洗顔で失敗?!

このブログのアクセス解析を調べてみると、「宇津木式で肌がボロボロ」の記事が最もアクセスされていること

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

no image

いちご鼻、毛穴の黒ずみにも水洗顔?

先日、皮脂が酸化して黒ずむからしっかり皮脂を取った方がよいのか、それとも水洗顔(正確にはぬるま湯洗顔

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑