*

水洗顔角栓対策にオーガニックオイルならいい?

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔), 角質培養

水洗顔で角栓できた、オーガニックオイルで溶かしていいですか?
ピーリングはいいですか?
純石けんならいいでしょ?

こんな質問を再々頂きます。

一番いいのは何も使わない

私は迷わず答えます。

角栓ができたら、お風呂で温まってふやけたところ、指でなでて落とします。
強くこすらなければ手ぬぐい等使って構いません。

ところが。

ねえ!ねえ!どうして?!
よそでは、角栓は取っちゃいけないって書いてあるよ?!

宇津木式の影響ですかね。
こすらないが異常なところまで発展した結果ですね。

まあ、角栓は放っておいても自然と落ちるから放っておくのもいいんです。

でも、ストレスになるくらい我慢すると、ホント辛いですよ。
中には異常な外観になっても我慢して「角質培養」と言いはる人もいらっしゃいます。

だから、炎症になるくらいに強くこすらなければ、指でそっとなでる程度なら大丈夫なんです。
非接触のページに書いてありましたね。

肌の機能等を考えるとオイルは・・・

でも、オーガニックオイルならやさしいって他のサイトに書いてあったよ~。

やさしいから、天然だからいいと思って使われる方もいらっしゃいますよね。

ご自分に合っているなら問題はないのですが、下記の事実があることを心の隅にでも置いておいて下さいね。

1.どのオイルも洗浄力が高く肌の必要なものも取り去る。
2.肌によってはオイルが残留。→時間が経つと細胞を傷つける。
3.肌の機能(皮脂の正常な分泌を阻害)を妨げる。等が挙げられます。

やさしいから、天然だからと、肌を改善することとは直結しないのでご注意下さいね!

角栓対策は快適さと肌の機能との兼ね合い

水洗顔初期は角栓、ストレスですよね。
夏は暑さも伴い、なおさら。

我慢をするとストレスになりますし、無理矢理剥がすと肌をいためます。

ちょっとこすって取れないなら肌にまだ必要なので、放っておいて下さいね。

どうしても苦しい!耐えられない!
と言うときだけ、補助を使いましょう。
(なるべく頻度を控えめに)

接触性皮膚炎、酒さ等の強度敏感肌→補助が使えません。
入浴や手ぬぐいでカバーしましょう。
クレイ、ガスール、とれるNo.1→軽度の敏感肌~普通肌。
ピーリング→安定した肌、強い肌。
ピーリングは、安定している肌でもトラブルが出る場合アリ。

→肌タイプで異なる角栓対策



関連記事

水洗顔とスプレー洗顔使い分け

水洗顔とは、水、もしくはぬるま湯だけで洗顔する方法。 石けんや洗顔フォームによるダメージがない

記事を読む

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

肌荒れしにくい肌に育て上げる

湯シャン、水洗顔、肌断食をセットで行い、日頃から顔を触らないように心がけていると大体の肌荒れは改善し

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

水洗顔の方法

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。 しかし、水洗顔の具体的方法につい

記事を読む

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分にはピリピリ。 後で赤みもぐれ

記事を読む

現在の肌の状態(ASVC使用の非接触生活)

皆さん、こんにちは! また更新が久しぶりになっちゃいました。 非接触フェロー合格から、ほぼ毎

記事を読む

角質培養で挫折する理由

このサイトを運営して3年以上。 角質培養についてのお問い合わせもよく来ます。 角質培養は角栓

記事を読む

no image

水洗顔は宇津木式洗顔法を守る?!

水洗顔の時はこすらない。 こすらないように、手の中に水をくんでその中で顔をフルフルというのが宇津木

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑