*

顔のピーリング:効果と注意点

公開日: : 最終更新日:2018/06/10 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔), ニキビ対策

グリコール酸などのケミカルピーリングがニキビによいと言われています。

筆者もグリコール酸のピーリングを行ったことがあります。
ピーリングを使った感想としては、以下の通りでした。

・肌がピリピリする。
・角質がボロボロ落ちるのでつい気になって触ってしまう
肌が敏感になっている時に手で触ると肌荒れの原因になります。
・角栓ができにくい
・肌にハリが出る(肌のターンオーバーを促すため)
・顔に赤みが出る

グリコール酸などのピーリングは確かに効果が期待できるのですが、濃度が高いものを使うと逆に肌荒れの可能性が高くなるというデメリットを持っています。

美容皮膚科では、ピーリング液を使う際は、低い濃度から慣らしていくようですが、それでも慣れない人もいるようです。

また、肌の弱い人にとっては、ピーリング液が肌へのダメージとなり、返って肌荒れの要因となります。

ピーリングに限らず、有効成分というものは効果がある反面、人体には強すぎて刺激となります。
お薬が効くものである反面、副作用のリスクがあります。

有効成分が濃ければ濃いほどいい、効けばいいという考えで使うと思わぬ肌荒れに遭う可能性もあるのです。

ピーリングの効果

とはいえ、肌の強い人がピーリングを正しく使うと以下のような効果が期待できます。

・角栓ができにくくなる
・肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)を促す
・手触りをよくする
・肌にハリを出す(コラーゲンやエラスチンの生成を促すため)

いいですね。角栓のできにくい肌。
いいですね。ハリのある肌。
エイジングケアにもいいじゃない。

水洗顔実践者は、角栓で悩んだことがあるかと思います。
その角栓ができにくくなるのだから、つい手を出したくなるのも分かります。

ちなみにピーリングの効果としてよく言われている毛穴ですが、筆者は特に実感はなく、逆に毛穴に関しては目立ってきたような感じがしました。

ピーリングのデメリットと注意点

ピーリング液は多かれ少なかれ、肌にダメージを与えます

ピーリングは、濃度や使用頻度、使い方を誤ると、肌荒れの原因となるのです。
また、アトピーやかぶれの出やすい人、顔に赤みが出やすい人は使えません

さらにピーリング液を使っていると、肌表面が薄くなり、ちょっとした刺激にも反応しやすくなります
紫外線にも気をつけなくてはなりません。

そう、肌のバリア機能が低下してしまうのです。
ピーリング液を使用される場合は、特に顔を手で触らないことを徹底しなくてはなりません。

また、濃度が高いほど肌に負担をかけてしまうので、グリコール酸などのピーリング液を使われる場合はできるだけ低い濃度から始めるとよいでしょう。
(ピーリングは使わないのが一番なのですが)

濃度を高くする場合は、慎重に行ってください。
5%までを推奨しますが、肌の強い人であれば10%までならアリかと思います。
それ以上の濃度のものもネットで簡単に手に入りますが、美容皮膚科の指導の元で使われることを推奨します。

最後にピーリング液を使っていた頃の私の肌(2年位前)。
20150121_center
濃度を低めに使うと肌荒れは起こらず、肌のハリを実感できました。
しかし濃度を高くすると顔に赤みが出ました。

ちなみに筆者は、肌荒れのリスクを冒してピーリングするくらいなら、米ぬか粉末のとれるNo.1をドロドロに溶いてパックを行います。
米や麦のヌカなら、肌にダメージを与えることなく角栓を一掃できるので助かります。


粒子が細かく肌をいためにくいのが特長です。



関連記事

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

no image

洗い流さないトリートメントに注意!

このところ、「洗い流さないトリートメント ニキビ」で検索をかけてこられる方がいらっしゃいます。

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

ニキビの位置から分かる対処法

同じ所に繰り返しニキビができる。 そんな経験ありませんか? 実は同じ所にニキビができるのは、

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

no image

手作り踏み台で踏み台昇降

これまで分厚い本を積み重ねてから踏み台昇降をしていたのですが、本がずれてきて再々直しながら踏み台昇降

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑